04_ その他、食べもん

激うまベーコン

 
「めるかーど」という販売元の「おたる桜いぶしベーコン」が

めっちゃくちゃ美味しくて好みです。

披露宴の引き出物のカタログギフトから取り寄せたことが出会い。

以後、我が家には欠かせないベーコンとなっています。


燻香が高く、塩気に尖りなく、肉のうまみと主張は強く、
あぶらの部分はむっちりときめ細やか。

しかも! リーズナブルなのです。


北海道+ベーコンで検索して最上位に出てくる某有名お取り寄せの
ベーコンも美味しいですけど、

私としては、「めるかーど」の方が、15倍くらい好みの味。


ブロックだから、好きに切って使えるし。

1.5センチ厚くらいにぜいたくに切って、ベーコンステーキにすると、
いくらでもワインがいけちゃうんだな。(マスタードとピクルスを忘れずに!)


しかしまあ、サイトが笑えるほどそっけない → http://www31.ocn.ne.jp/~mercado/


商売っけないなーという感じです(笑)。


工場で大量生産ってわけじゃないみたいなので、
あんまり大人気になったら困るんだけど、

ほんとにおいしいから、私なんかのブログを読んでくれている
奇特な方にこそっと耳打ちしてみました。



正月の準備

正月の準備
 

今年も旗の台の沖田精米さんで、のし餅を予約購入。

ここのお餅はね、お米らしい風味が濃くて、
完全なペーストじゃなく少しざらっと粒の感じが残ってて、
本当に美味しいの。


明日は1日かけておせちの仕込み。1年の無事を祈る大切な作業!

Steka & Mjol

高円寺にオープンした小さな焼き菓子屋さん「Steka & Mjol」

ものすっごく美味しいです。

高円寺に住んでいるアロマセラピスタのいなこちゃんが、
先日ウチに トリアゾ を見に来たときにお土産としてもってきてくれたの。

スコーン、ブラウニー、フルーツケーキ、ビスコッティ、
どれもがジャスト私好みのどどどまんなか!
ほろっとほどけて、しっとりしてて!


夢中でむしゃむしゃ食べちゃった☆
だから写真がありません(笑)。


素材を生かした風味だけれど、決して素朴すぎない丁寧なプロの味。
なのにまったくクドさがない(おフランスなケーキ屋の焼き菓子みたいに
やたらバターバターしてない)という、最高のバランス!


お菓子が大好きな人が、いっしょけんめ作ったんだろうなあ……という、
あたたかい味がします。

うちからはちと遠いけれど、通い詰めてしまう予感。



うなぎパイ

 
仕事がそこそこヒマになったんで、
トリアゾの世話と巨人戦観戦を楽しんでいる日々です。幸せだぁ。

結婚してると、このへんが気楽さ。
忙しいときは思いっきり仕事してー、ま、ないならないで
のんびりすりゃいいという。
還付金のおかげでヒマのわりにけっこう遊べるし。


今日は1週間ぶりに打ち合わせに出かけ、
制作進行さんに「夜のお菓子 うなぎパイ」と
「昼のお菓子 しらすパイ(辛口)」をいただきました。わーい。


うなぎパイは、もらって嬉しいと思う、数少ない「乾燥系みやげ菓子」。
( 余談。「しっとり系みやげ菓子」には、もらって嬉しいモノ、けっこうあります。
愛媛のポエムとか、仙台の萩の月とか、北海道のバターサンドとか )


うなぎパイ。
バターの主張の強さと重量級の甘さとのコンビネーションが
「なつかしの洋菓子」って感じなんだけど、
「おかきの系譜」を思わせる醤油風味がピリっと効いていて。

だから、コーヒーにも日本茶にも合うんだよねー(紅茶には合わん)。
和洋折衷がうまくいってるケースだと思うの。


しらすパイのほうは、はじめて食べました。
口当たりが軽くて、パリパリのサクサク。
わさびが鼻にツンと抜けていくのがおもしろく、
うなぎパイみたいなリッチな食感ではありませんが、
ワサビクラッカーのイトコという感じで、これはこれでおいしかったです。

ごちそうさまでした。


どっちかというと、しらすパイ(辛口)のほうが酒のつまみになるんで、
夜のお菓子って感じがしないでもないなー。



ナポリタン

 
物心ついたときには、すでに世間的に、スパゲッティとは
「アルデンテに茹でたイタリアン系のもの」を差していました。
小さな頃から、ペペロンチーノだのボンゴレだのを、気取ったものではなく、
身近なものとして食べてきています。


「スパゲッティといえばナポリタン」な世代じゃないんで、
せいぜい市販の洋食系弁当のすみっこにうずくまってるヤツを、
気が向けば食べたり、つついたり、無視してみたりという程度の
薄い付きあいしかないはずなのですよ。


なのに、なぜか「なつかしい」と思ってしまう食べもの。 ナポリタン。


多分、あのなつかしさは、ナポリタンそのものへの郷愁ではないんでしょうね。
オムライスやチキンライス、甘いケチャップ味のミートボールなど、
幼少時に供されてきた「ケチャップもの」総体への郷愁、に由来するのでしょう。


で、ナポリタン。
ちゃんと作るとこれが、ミョーにうまいのです。
これぞB級!のうまさ。


コツはみっつ。

ひとつ。
料理家のケンタロウが言ってるように、パスタの袋に記載されている茹で時間より
長めに茹でてさらに放置するという
「アルデンテがなんぼのもんだコノヤロウ作戦」の遂行を忘れずに。
つまり、麺をのばすわけ。ナポリタンっぽい軟弱な美味度がアップします。

ふたつ。
何を入れてもいいけど、ピーマンとタマネギは絶対に入れること。
タマネギは火を通しすぎず、しゃりっとした辛みが少々残る加減にすると、
またスパゲッティらしくなさというか、B級度がアップしてうまい。

みっつ。
ケチャップはケチらない。


あと、私見ですが、ナポリタンに使うケチャップは、カゴメから出ている
「大人のケチャップ」がいい!
確実に味がレベルアップします。
サラっとみずみずしく、甘みをかなり控えてあるケチャップなの。
弁当の脇に添えられるナポリタンとは違う、ちゃーんと美味しい料理に
仕上がりますよん。


フライパンで炒めたてアツアツの、甘酸っぱい湯気を盛大に立てている
真っ赤なナポリタンに、粉チーズを山ほどふりかける。

フォークをぐわっと突き立てたら、巻き取るなんて面倒なことはしない。
そのまま掬うようにつり上げて、行儀無用でわっしわっし頬張るのが
うんまいのよね。


書いててまた無性に食べたくなってきたっ。



ゲロル

 
酒類の次に ヴァッサー・ミット・ガスが好きでして、
スーパーや成城石井やカルディで見かけるたびに購入しています。


いまんとこ、マイナンバーワンは「ゲロルシュタイナー」。


がっつり味があるところがたまんない!
ジュースやコーヒーなどの「味のついたもん」が飲みたいときにも
満足させてくれます。(王子いわく「しょっぱい」「飲みにくい」)

ちょっと前までは同じく味が濃い系のエンジンガーのファンだったんだけど、
ゲロルシュタイナーは泡立ちがパワフルで、さらに爽快です。
「水」という分類でいいのかなと思うくらい。


しっかりしたミネラル感と、強めにブチブチとはじける炭酸。
これが、ちょっと昨日は飲み過ぎたな~って朝の胃腸に沁みるんですよ。
起き抜けにぐびぐび流し込むと、宿酔いからの回復が早い気もする。

まあ、そんなときって、あっというまに2~3リットルいっちゃうんだけどね…
1リットル250円だから…安くはないなぁ。
けど、おすすめです。


後口のよさと飲み飽きなさでは、やっぱりペリエとサンペレグリノが双璧
なんだけど、私の中でこいつらは「正妻」というか「白米」なお水たち。

今はゲロルシュタイナーに夢中さ。


パンチの効いた「恋人」を、今後も探し続けたいと思います(´∀`)

おすすめガスウォーターをご存知でしたら、知りたいなあ。



男子ごはん

 
料理研究家のケンタロウと国分太一の番組「男子ごはん」が
いろんな意味で大好きです。夫婦そろって毎週見ております。


まず、料理が毎回、ホントにおいしそう。


ふつう料理番組を見ていても、5割以上がそそられないメニューなのですが、
ケンタロウのレシピはいつもジャスト私好み!
けっこう味が濃いめというか、酒が飲める+ごはんに合うガツン系で、
まさに「男子」の好きそうなレシピばかり。
これが、こじゃれた「女子メシ」や、ヘルシーな「ばばメシ」が苦手な
私のストライクゾーンにがっつり食い込みます。

簡単に作れるところもヨシ。
ミートローフ、グラタン、メンチカツ、ごぼうと豆乳のカレーなど、
ケンタロウレシピをけっこうな確率で利用してるんだけど、
食べ飽きない家庭の味で、とってもよく考えられてます。


あとね。番組自体がたのしい。


短パンはいた30代の男子ふたりが、たまに悪ふざけしながら
毎回ふたりだけで料理をつくってる姿、見ててほほえましいもん。
料理とトークと、どちらがメインとも言えないから、
「あとからレシピだけ確認すればいいや」と思わせない。うまい構成だと思う。

セットがまたおしゃれなんですよね。あのテーブルすごくほしいなあ。
できあがったものを、海の見えるデッキ風のベランダで、ビール片手に食べてさ。
(ケンタロウの風貌がゲイっぽいというのを加味してもなお) 男ふたりってのが
ウェットじゃなくていいし。

ある意味、「30代にとって、理想の休日の過ごし方」 を見せられてる感じなの。


加えて、国分太一の「フリーダムっぷり」から目が離せません。


突然歌ったり踊ったり、しょーもないとこに突っ込んだりというやんちゃぶりは
「番組を盛り上げるためなのね」と理解できるんだけど、
そういうアレを超えた仰天発言も多いのです。

例をあげると、おとといの放送では、横でブリ大根をいっしょけんめ作ってる
ケンタロウに 「俺、これ、小料理屋で食いてー!」 って言ってました。
なんじゃそりゃ! いま作ってるっつーのに! (゚Д゚ )

けっこうあるんですよ、太一くんのこの種の発言。
ケンタロウがアジフライに合わせた2種類のソースつくってるときに
「普通のソースで食いてー」とかね・・・。
そのたびにちょっとこわばるケンタロウを見るのが楽しいです。
どんどん暴走してスリルを味わわせてくれ、太一くん!




いえ陛下、革命です

 
Ca00n6v6


…と言いたいくらいおいしい、レトルトカレー界の革命児(言いすぎ)、


エム・シーシー食品の、MCC「神戸テイストカレー」シリーズ!


とくに、「豆のキーマカレー」がお気に入り(≧∀≦)

写真の、「なすとじゃがいものカレー」も、野菜の甘味が出てて、
油脂分がひかえめで、やさしい味なの。日本的な、出汁の味がするです。
ぜんぜんもたれないレトルトカレーはめずらしいよ。


しかし残念なことに、ビーフカレーはどれも、いまいち!!
(まあ、だいたい、レトルトカレー全般、ビーフ系よりチキン系がうまい)


忙しいときの、手軽なランチに重宝してます♪


おなじくMCCの「100時間かけたカレー」もおいしい。
んでもMCCのカレーは特徴のある味なんで、苦手な人も多いとは思う。


※追記:
この日記書いた直後にエスビー食品の「スリランカ風キーマカレー」食べました。
コスパ考えたらこっちのほうがイチオシだなあ、
250円だけどスパイスの味がしっかりしてて。
MCCはおいしいけど、ハンパに高価なところがちょっと。



欲望日記

 
はぁ~、うなぎ食べたい・・・。


身がフックラしてて。

皮目がカリっと香ばしくて。

あぶらがトロリととろけるようで。

しょうゆがふわっと鼻をくすぐって。

タレがあんまり甘くなくて。

ごはんがつやつやピカピカしてて。


そういううなぎに私はなりたい・・・じゃない、食べたい・・・。


大好きなお店に予約でフラレっぱなしてるうちに、こっちが〆切地獄で
うなぎどころじゃなくなった昨今。


妄想加速中。



スごいス

 
世界の常識かもしれませんが、最近になってやっと自覚したこと。


 「酢は…… 身体にいい!」


なに言ってんだ今さらとか言わないでー。


もうね、苦手だったの! すっぱいもの全般。 ホントに。

だから、自分ではぜったいに酢の物なんてつくらなかった。
しめ鯖をつくるときも、「なるべくマイルドに、これでもかとマイルドに」を
家訓にしてたし、梅干は1個を3日くらいかかってちびちび食べてた。

料理に添えられるレモンも極力ナシの方向で努力してました(まあこれは
素材の風味を壊すからってのもある。いらんだろ、焼き鳥にレモンは…)。

ケチャップとかウスターソースも実は苦手だ。すっぱいから。


そんな「すっぱさナーバス」な私の料理は、どんなに栄養に気をつかっても、
知らず知らずのうちに偏っていたらしく。
友人にしつこく勧められて飲み始めたハチミツりんご酢で、
短期間にあれよあれよと健康になってきてしまった。 ウソみたいです。


まず、痩せました。体重にして2キロ。
毎日20~30mlくらいをおやつがわりに薄めて飲んでるだけです。
どんなにがんばってもダメだった二の腕も細くなった。
(けっこうハチミツりんご酢自体もカロリーは高いのですが……)

あと、肌がすべすべになりました。 なぜだか意味がわかりません。

そして、疲れない!!
薄めたハチミツりんご酢を飲みながらだと、何時間デスクに向かっても
集中力が切れなくて、その効果はドラッグ並です。
クエン酸効果らしいんだけど、たぶん私の身体に極度に不足してた何かを
補っているからだと思う。


どこのを飲んでるか紹介しようと思ったんだけど、今んとこ褒めまくる紹介しか
できない状態なので、押し売りというか、宣伝というか、宗教というか、
そういう感じに取られそうなんだよな。

なので、メーカーは書かないことにします。 ちなみに、ミツ●ンじゃありません。


ひとつだけ言うと、
原材料に 「りんご」 とだけ書いてあるヤツがいいですよ。

もしくは 「りんご」「はちみつ」 のふたつだけ、とか。


ミ●カンとかの、「りんご果汁」と「アルコール」を混ぜてあるのは、
あんまりおすすめできない味です。

原料に 「りんご」 って書いてあるのを探してみてくださいな。
濃厚でおいしいですよー。



プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ