07_ 友人のはなし

花見ワイン

花見ワイン

親友Mくんと、新富町で花見ワインバー。


雨があがって、よかったよかった(^-^)


ワインバーなのに、味噌煮込みのモツとかあって、気取らないお店。
テラス席の前の道路に、おおきな桜が1本だけ植わっていて、
都会のお花見という感じです。


実家の抱える事情がお互いに似ていて、
裁判だの弁護士だのという単語の飛び交う会話に終始してしまう。


お花の季節だというのに、世知辛いねえーと言いながら、
しみじみカポカポ、何本もワインを開けまくってしまいました。



ツメが甘いのよ

 
土曜日、友人とナイロン100℃の『世田谷カフカ』を観劇。

そのまま友人宅に遊びにいって、家飲みしてるときに、
かわいくネイルしてもらった♪


Dscf5542Dscf5549


キラキラきれい。なんだかキャンディみたい。赤とピンクで甘そう~。


私は普段、ネイルしません。ツメすっぴんです。
だって、なんだか、ネイルばっちりの指先でサーブされる肉じゃがや
味噌汁っておいしくなさそうじゃない?

王子に、なるべくおいしく夕飯を食べてほしいから、
結婚式などのお呼ばれのとき以外は、ネイルはしないことにしてるんです。


でも、ひさびさにキレイにしてもらうと、かなり心華やぎますね!
キーボード打ってても、指先がキラキラしてるだけで、なんとなく
ウキウキしちゃう。


ツメなんて、こんな狭い面積に色を塗りたくって、なにが楽しいんだろ・・・
と、今までネイルサロンに通う女性をちょっとバカにしてたけど、
やっと納得できました。

ドレスアップする機会なんかなかなかないし、
アクセサリーだって、そうそう買えない。

だけど、ネイルなら、非日常な華やぎ、心浮き立つキラキラを、
身体の一部に手軽に装おうことができるんですよ。
個性も季節感も演出できるし、はまる人がいるのもわかるわかる!


やっぱり食い意地のほうが大事だから、普段からやることはない
だろうけど、ちょっと世界が広がった気がする。
おでかけのときには、私もネイルちゃんとやってみようかな。

ありがとー、ミイちゃん!


難点は、ツメをすぐ切っちゃう癖があるとこだなあ。
もうちょっと長く伸ばしたほうが、ネイルはきれいに決まります。

写真、そこそこ伸びてるように見えるかもしれないけど、私のツメは
白くないとこ(ツメと肉がくっついてる部分)が長いのです。

書いてて思いだしてきましたが、小学3年生のとき、裏から見てツメが
飛び出してると「切り直してこい」って怒られる「ツメ検査」ってのが
毎週月曜にあったんですよ。

でも、私のツメは、どんなに短く切っても裏から見えちゃうツメなんです。
指の先端から薄皮が伸びてて、その薄皮とツメがつながってるから、
白いところを全部切って深爪しても、指先よりツメが上に出るの。

Dscf5550

(↑ 赤いツメの真ん中あたりに、うっすら白い線が見えるでしょ。
これが薄皮で、ここでツメと指が繋がってるのです。
だから、実際にはツメは1ミリくらいしか伸びてない状態。
こういう指の人は、ギターのコードが押さえられません・・・)

この薄皮を切ると、指とツメが離れて血がにじんでくるし激痛が走るのに、
先生が「また裏から見えてる!」「色気づくんじゃないわよ!」などと
ヒステリックに怒鳴り飛ばして無理に短く切るもんだから、生傷が
絶えなかったんですよ。ホントに痛かった。

とうとう、「こういうツメなんだって、何度言ったらわかるんだああああ!」
と、教師に掴みかかる“はじめての反抗”をしたことがありました。
はじめての“マジギレ”というヤツだったかもしれません。


友人にネイルしてもらって嬉しかった話が、とんだ思い出に
着地しちゃいましたが、あのときからハッキリと自己主張するタイプの
人間になったので、なにが成長のきっかけになるかなんて
わかりゃしませんね。ストレスって大事なのかもなあ。



連休日記

 
本日予定のお仕事が延期になってヒマなので、
連休を思い出しつつ日記をつけてみました。

5連休、いいですね。
リーマンの友人もお休みなんで、みんなたっぷり遊んでくれた。



◆19日(土)

金曜夜、友人のミイと、ヒゲのリーマンJJと3人で飲んだくれていて、
ふと気がつけば朝。
3次会になだれ込む途中、ミイと私とで道路標識に絡みついて即席ポールダンスを
踊っていたら標識がやや傾いでしまったような、そしてJJが「警察ダー!」と
ふざけて叫んだら、慌てて逃げようとしたミイ(美人)が高いヒールを側溝に
つっかけてジャパンアクションクラブ(←旧)のような華麗さで転んだような、
そんな記憶がかすかに残っている、相変わらずダメな30代3人。

朝日を浴びつつ帰ると、王子も酔いつぶれて寝てた。こっそり隣にもぐりこむ。
午前中はそのまま王子とごろごろ過ごし、おなかがすいたので
車に乗って高円寺へ。高円寺には東京最高にうまいラーメン屋があるのだ。
そこはもう、ほんっとに、すごく美味しいの!
これ以上並ばれたら困るので、店名はナイショさ。

環七は大渋滞。
なんか今日、尋常でなく混んでない? ほんとだねぇ、なんでだろ。
お互い寝不足の頭でぼんやりそんな会話を交わしていて気がついた。
・・・今日って5連休の初日だよ! そら混むわ!
うちらボケボケじゃーんと笑ってるうちに高円寺。
ラーメンは相変わらず最高でした。渋滞にめげずに来てよかった。

帰宅後はまた、とろとろ眠ったり、いっしょに雑誌を読んだり。
前日まで私も王子も忙しかったから、ホントにひさびさのお休みなの。

夕飯は、ひさびさ一緒に台所に立ちました。王子、いつも帰宅が遅いからね。
肉じゃがメインで、枝豆や、酢のものなど。
撮りだめてた録画番組を観ながら、まったりと夜を過ごす。

「いい一日だった」と、寝る前に王子が、息を吐くようにつぶやいた。
私もそう思ってたから、なんだかうれしかったな。



◆20日(日)

王子、千葉まで草野球へ。2試合あるらしい。1日仕事だね。

ってことで、私は友人のあゆみーなと恵比寿でピザランチ。
あゆみーな、山手線を逆走したとかで、30分以上遅刻しやがった。
何度叱っても、遅刻癖だけは治りゃしねえ(怒)。
待ち時間、店でもくもくとスパークリングワインを飲み干してました。
遅れた時間のワイン代はあゆみーな持ち。暗黙のルールです。
ただ酒だと思えば腹も立たないからな。

ピザはもちもちあつあつで美味しかった。
恵比寿には、釜焼きピザのお店が何店かあって、どこもそこそこイケる。
ナポリ風ピザは、具がのってない端っこまで美味しいところが偉い!

話題は、新しくできたあゆみーなの彼氏の話が中心。
あゆみーなは、フワっとした、ふっくらした、とても女らしい若い女の子。
他愛ない「女子な会話」が心にしみます。た、たのしい……。
おっさん(心がおっさんの同年代女も含む)の飲み友達ばっかだからなぁ、最近。
食後はアトレできゃぴきゃぴとお買いもの。秋っぽいマニキュアを購入。
女子成分をたっぷり補給しました。

新宿に移動して、ビックカメラで炊飯器やネットブックをチェック。
そのまま、あゆみーなん家へ。
冷蔵庫の残り物でちゃっちゃと夕飯をこしらえてくれた。遠慮なくご馳走になる。
はー。たまには人の作ったゴハンもいいですなあ。
20時に帰宅。
王子は家で枝豆をつまみに上機嫌。ラーメンを作って食べたらしい。
一日中白球を追いかけていたせいか、てらてらに日焼けしてる。
クールダウンするクリームを塗ってあげたら、猫のように目を細めてた。



◆21日(月)

7時に起床し、ウエスティンホテルの朝食ブッフェへ。
10組待ちでした。さすが連休。でも、そこまで待たずに着席。

テラス際の席だったので、ガラス越しに爽やかな緑が見える。
いい席に通されてよかったなぁ。
パンケーキのソースにチョコソースがあったことが個人的には大ヒット。
パン類にかけまくって食べた。しあわせっ。
朝は甘いもの食べても「太るかも…」っていう罪悪感が少ないわ♪
ソーセージや玉子類も、それなりに美味しかったです。
びっくりするほど美味しいものはなかったけど、ま、朝食だしね。
王子は和食中心に、おかゆを何回かおかわりしてた。

帰宅後、かねてより懸案の、本の整理に取りかかる。昼食は抜き。
要らない本を2年振りに処分!! 段ボールに詰めまくる。
ついでに、家中をふたりでピカピカに磨き上げました。
「どこ掃除すればいいんだ?」なんて間抜けなことを聞いてこないところが
王子は素晴らしい。率先してテキパキ動いてくれる。結婚するならぜったいに
「掃除好きで、かつ神経質じゃない男」がいいと昔から決めてたんだよね。
私が無精もんだから。なんてことを思い出す。
17時に大掃除終了。ほどよく汗をかいて、いい気持ち。

さっぱり汗を流したあと、夕飯の支度。
サンマの刺身、オクラとミョウガのたたき和え、小松菜とコリアンダーの
白和え、肉じゃがの残り。ビールで乾杯。



◆22日(火)

王子は休日出勤。
私は、阿佐ヶ谷の友人アキラと、野宮真貴さんのリサイタル
「Beautiful People」へ。恵比寿のガーデンホール。

ブリジット・バルドーやグレース・ケリーなど、20世紀の女神たちに
野宮さんが扮しながら、あのセクシーハスキーボイスで歌ってくれるという、
ファンにとっては夢のような時間。
いろいろと歌っておられましたが、やっぱりピチカート・ファイヴ時代の曲が
野宮さんには合っていると思った。
小西さんは最高のボーカルと出会っていたんだなあ。

野宮さんのリサイタルといえば、見どころはやっぱり衣装。
今回も10回以上のお着替えがありました。
野宮さんは、何を着てもエレガントで、とにかく洋服が似合う。
洋服を着るために生まれてきたようなスタイルをなさってます。
今回は肌の露出も多く、付け根までほっそりした美しいおみ足や、
贅肉のないシャープなお背中を拝む。なんて無駄のない体型。
これで48歳だってんだから! 一種の妖怪だと思いましたわよ。
さすがオシャレの化身。年を取らないオシャレ妖怪です。
野宮さんについて、参考サイトをひとつ。

夕飯は新宿に移動して東京麺通団。
天ぷら類で一杯飲んでから、うどんを掻き込む。
思えば、ピチカート・ファイヴが大好きだった高校時代に、
目の前でうどんをすすっているアキラとも知り合ったんだよなあ。
お互いに子どもから大人になって、ちゃんと30代という中年らしい外見に
なっているのに、野宮真貴だけが変わらないという、この不思議さよ。

帰宅してしばらく待っていると、王子が会社から帰ってきました。
かわいいボックスに入った、ハロウィン限定のお菓子を持って!


090922_1 090922_2


「休日出勤して、さびしい思いをさせたお詫びだよ」だって!
わざわざケーキ屋さんに寄って買ったらしい。
私がアキラとライブに行ってたことくらい知ってるのに、この気遣い。
ホントにやさしい人だなあ!!

こういうときは、「いや、こっちはこっちで楽しくやってたし」なんて
本当のことはわざわざ言わずに、
「ありがとう、ちょっぴり淋しかったから、うれしいわ」と喜んでおきます。

こういうのは嘘とは言わないと思う。たぶん。



◆23日(水)

ああ、連休も今日で終わりなり。さびしいのう。。。

コンラッド東京で朝食の予定だったのだけど、起きたらすっかり
日が昇ってました。お寝坊しちゃった。

昼は王子とラーメン屋さん。「らーめん 陸」っていう二郎インスパイア系。
二郎系の中では一番好きかも。麺がごわごわしてないし、
にんにく入れ放題だし、店がキレイだし。上品な二郎風味です。

二郎系ラーメンが好きっていうと、「女に二郎の良さがわかるかよ」
みたいなガテン発言をたまーに男性にカマされますが、こちとら学生時代に
二郎の聖地・本店で、怖いおばちゃんに睨まれながら300回以上は
「ましまし」で食べてるんだっ! 文句は言わせないぞー!
ま、単に校門の近くに二郎があったからなんだけどね……。

満腹状態で自由が丘に移動して、ベビーグッズを購入。
3か月前に赤ちゃんが生まれた友人が、実家から東京に戻ってきたため。
カラフルでかわいいスタイを3枚買った。
しかし高いなああああ自由が丘のベビー用品セレクトショップ!!
私だってこんな高価なTシャツ持ってないっつー値段のオーガニックコットン
のちっさいTシャツが並んでます。
1枚7,000円とかするんだよ、すぐ大きくなっちゃうのに……。
スタイだって1枚うんぜんえんでしたわよ。王子も目を丸くしてました。

帰宅後、梱包しておいた本を車に積んで、ブックオフに持っていく。
査定中、1時間ほど買いものなどで時間をつぶして、お金をもらいにもどる。
1万3千円なり。買い取り対象になった本だけで、350冊あったそうです。
それでも本棚まったく空いてない・・・どうしようかな~。



◆24日(木)

王子は会社へ。

私は、昨日購入したスタイなどを持って、三鷹のききちゃん家に赤ちゃんを
見に行く。
幼児や児童をかわいいと思うだけの心のゆとりを未だに獲得していない
私ですが、赤ちゃんは文句なくかわいいです。
まだ言葉が出ないから生意気なこと言わないし、動けないから邪魔に
ならないし、人格も固まってないので、相対したときに「人間的に好き・きらい」
を感じません。(2歳児以上の子には感じます)

ただひたすらかわいいだけの生きもの。うごうご手足をばたつかせている姿を
見ているだけで顔がゆるんじゃうわ。いいねえ、赤ちゃん。かわいいなぁ…。

ききちゃんに断って、抱っこさせてもらう。ぐったり湿っぽくて、熱くて、
すべすべで、巨大な餅を抱えてるみたい。
あやすと、にこっと笑いかけてくれた。
ああ、なんかすごく純粋に「しあわせ」っていう気持ち。

赤ちゃんは白目がキレイだなと思いました。
ぜんぜん充血してないし、黄色くもない。血管のない、つるりとした白。

うっすら青みがかっている透き通った白目は、無垢の証なんだと思う。



◆25日(金)

王子は会社。私も夕方までしっかりお仕事。

今日は王子が学生時代の友人連中と麻雀なので、夜は赤羽在住の
アッコちゃんと恵比寿に飲みにいく。恵比寿づいてるな最近。

2人でワイン4本開けて、記憶がどうにも、、、どうにも、、、。

ふと気がつくと車に乗ってて、王子が運転してた。Why?
後部座席にはアッコが乗ってる。必死に思い出そうとする。

適当に話を合わせたりするうちに、赤羽着。
あ、アッコが終電逃したから、王子が送ってくれたのか!
(王子は麻雀のときはお酒を飲みません。ツキが落ちるそうです)

帰り道、飲み過ぎピークを通り越してなんとなくお腹のすいた私と、
麻雀後にいきなり運転手させられて夜食を食いっぱぐれた王子と、
フラフラと国道沿いのラーメン屋に吸い寄せられる。
つけ麺を食べるうちに、やっと意識がハッキリしてきた。
と同時に、襲い来る罪悪感。
こういう飲み方やめよう、いいかげん。申し訳なさすぎる。

「王子、あの、ホント、ごめんね。。。」
「なんで? いいよべつに。つけ麺おいしいね」

ニコニコしながらおいしそうに麺をすする王子。
あーなんかもー、いい人すぎる!! …と、あらためて感動したのでした。


***


飲んだくれに始まって飲んだくれに終わった、そんな連休だったなあ。
8月9月とクソ忙しかったぶんを取り戻しました。
遊んだ遊んだ。満腹なり。

10月中盤からのお仕事ラッシュも、また頑張れそうな気がします。



近況など

 
めっちゃくちゃ忙しい状態は終了しまして、
普通にクジゴジで働けばこなせる仕事量に落ち着きました。

忙しい中、8月は「ひとり春闘」(夏だけど)もがんばりましたよ。
飛躍的に収入が向上してホクホク。
交渉するとこんなに上がるもんなのかっ、と、この仕事4年目にして
初めて知りました。今まで何だったのさ……と思わんでもないけど、
素直に「ありがとうございます」です。


* * *


尾道~広島旅行から帰ってきて、まだ1週間しか経ってないんだなあ。

いろいろと盛りだくさんな週で、
祖母の悲しい知らせもありましたが、
中学時代の友人4人と赤坂見附でランチ会やったり、
プログラマ時代の友人3人と朝まで(そして吐くまで)飲み明かしたり。

プログラマ時代の友人たちは、年に2~3回ほど集まるメンバー。
知り合った9年前に比べて、皆さまどんどんオヤジ化進行してます。
「中年太りの仕方」という見本を見ている感じ。
みんなシャープでそこそこかっこよかったのになあ…。
まあ、お互い様なんだろうけどさっ。

中学時代の友人は、それぞれダンサー、銀行員、レストラン経営者、
家庭裁判所の調査官。そして私がライターなんで、見事にバラバラ。
あと、福岡にいる小学校の先生やってる子を入れて、仲良し6人組だったの。
普段もスカイプやメールは頻繁にやりとりしてるけど、
集まっておしゃべりするとやっぱり楽しさのレベルが全然違う。
ちょっとしたSATC状態でした(笑)。

地元を離れても、職を変わっても、友人たちと「ながーく続く」ところは、
私の数少ない取り柄のひとつだと思ってます。充実した1週間だった!


090901_203301


↑これは、大阪の海遊館で、王子が買ってくれたネコザメのぬいぐるみ。

水族館のおみやげコーナー好きなんですよ。
なんでも買っていいよと言われたのでこの子を選んだら、
「俺ね、しおりちゃんのこういうところが好き!」と、ナゼか感動されてしまいました。

来週で結婚5周年、いまだに王子のツボがわからない……。



いってらっしゃい KAZOさん会

 
先日、某イタリアンで、いよいよ上海に移住しちゃうKAZOさんのお別れ会を
開催しました。

アニメーターKAZOさん、ヒゲのリーマンJJ、デザートモンスターあゆみーな、
んで、私。


出会ってまだ2年たたないんだけど、なんだか学生時代からの
友人のような気がする。

きっかけは、某技術系シンポジウムの打ち上げ。
主催者側のKAZOさん、社用で来てたJJとあゆみーな、
当時IT系Webマガジンで記事を書いてたご縁で出席した私、
ほかに80人くらい参加者がいた中で意気投合したのはなんでなんだっけ?


Dscf4653_02

(このイタリアン居酒屋は、すべて黒板メニュー。のぞき込む3人を後ろから
撮影。ただでさえ満席なので店名はナイショです♪ やすうまーなお店。)


いつのまにか 「いつもの4人」 になったこのメンバーで集まることも、
もう滅多になくなっちゃうんだなあ。。。
個人的には会い続けるだろうけど、4人じゃないと出せない空気ってあるもの、
やっぱり寂しいよ。


みんなキャラが濃くて、年齢もばらばら、考え方が合わないところもあったし、
ちょっとした小競り合いになる言い合いも何度かあったけど、
声を荒げる人はひとりもいなかったし、空気の読み方とか、人との距離の
取り方が上品で、ウマの合う人たちなんです。

2~3か月に1回は朝まで飲んでダーツして、そういう「ゆるやかなリンク」が
心地よかったなあ。具体的に助けてもらったことも何度もある。


2年弱の間に、KAZOさんが経営していた会社は解散。
あゆみーなはフリーになり、JJは次長に出世。 私は病気したりなんだり。

変わらないものなんかないって、わかってる。


「カニの季節になったら、みんなで上海においで」と、おおきなおなかを
ゆらしながら、KAZOさんが最後に手を振った。


お酒が1滴も飲めないKAZOさん。よくもまあ今まで、大酒飲みのうちらを
リードして付き合ってきてくれたもんだ。
静岡までイチゴ狩りにいったときは、文句ひとついわずに運転手やって
くれたっけ。あんときあゆみーなが50個以上イチゴ食べたんだよなあ。


どうか、上海でも元気で。 事業がうまくいきますように。


帰りの電車の中で、男とか女とか、社会的な地位とか利害とか、そういうの
なしで付き合える純粋な友人が、これから何人できるんだろうって、
ちょっと思った。


Dscf4672_02
(顔が出るとイヤがる人がいるかもしんないから、極小サイズでw
左から2番目がオイラです。)



RHODIAと蒸しパン

 
土曜。
アロマセラピスタ☆なおちゃんと待ち合わせして新宿でお食事。


なんと、こんな可愛いものをプレゼントしてくれました!
限定販売のRHODIA!

Dscf4611


タバコとマウスと並べていま撮ってみた。ちっちぇ~!

小さいというだけで、ただのRHODIAがこんなに愛らしい。
「小さいってだけで何故モノはこんなに可愛いんだろ」談義に花が咲く。
女のこも小さい方が可愛いしね。生まれ変わったら小さくなりたいぜ。


そのままコーエンジのなおちゃんちに遊びにいって
手作りのいい香りのお化粧品や、香ばしいお茶などいただく。
さすがアロマセラピスタ☆ いろいろごちそうさまでした。


帰り、コーエンジ駅まで送ってもらう。
ルック商店街をぶらぶらしていて、蒸しパン専門店を発見しました。
その名も「ミスタームシパン」って、そのまんま(笑)。

いろいろな味の蒸しパンがあって、3種類ほど購入。

これがおいしい! 私の好みのど真ん中!

なおちゃんとわけわけしながら、蒸したてアツアツの抹茶味を歩き食い。
ハフハフと1個の蒸しパンをむしりあって食べていると、
なおちゃんと出会ったころの貧乏学生時代に戻ったような気持ちになります。

090613_133801


残りはほうじ茶といっしょに家で王子と食べた。
(写真はオレンジチョコ味)。

とってもしっとり、むっちむち。でも、玉子と牛乳は不使用で、重くない。
甘いものが得意じゃない王子が残さなかったから、甘すぎないんだと思う。

わざわざ遠出して買うような派手な味じゃないけど、多店舗展開している
そうなので、近所で見かけたら買ってみるといいと思います。

素朴にうまーですよ。
なんか蒸しパンって懐かしいよね。うちの母もよく蒸しパン作ってくれたなー。



結婚式


今日は親友のアキの結婚式でした。

いつも元気にハッチャケてる秋も、
ドレスに包まれるとおしとやかなお姫さま。
きれーだった(^^)


式場は汐留のコンラッドで、料理がすごく美味しかったです。

ひとりも知り合いがいなくて心細かったんだけど、
飲みはじめたらワイワイ一気に仲良し(笑)。
みんな感じがよかった。さすが秋の友人だね。


秋、心からおめでとう、お幸せに!

結婚はいいものです。いいものですよ。



 

目黒川の橋から


目黒川の橋から
 

橋から見渡すと、まさに花の霞。


今年は桜の当たり年ですね。

みごとなものです。


これから友人のあゆみんとお花見ランチ。

イタリアンです。わくわく。



 

目黒川

 
目黒川

目黒川沿いのレストランで友人あゆみんとランチ中。
オープンカフェで気持ちよいですよ。


今年は花見ざんまい。ウフ。


しかし目黒川はすごい!
さすが東京有数の名所だわ。


たわわにワフワフと、そら恐ろしいくらい咲き誇ってます。


 

花見

 
昨日今日と、お花見でした。

昨日は、杉並の善福寺川ぞい。

090404_02


川沿いにひたすら続くみごとなみごとな桜と、
それに比して多くはない穏やかな人出。

友人代表で(毎年の持ち回り)場所取りにいったのだけど、
そんな必要もなかったです。ほどよくファミリーが敷物を広げている程度で。
いい年にあたったな。
(去年の開催場所は上野公園だったんで、すごく苦労したらしい。)

そりゃもう快適なお花見でした。

090404_

(↑幹から咲いてる子もいたりして、なんだかけなげね。)


テンションの似た友人たちだったので、みんな飲み食いよりも、
ぼーっと花をながめて、雪のように降りかかる花びらを集めて楽しんで、
ホントに「花見」。

あとね、「犬見」って感じでしたね。
近所のひとたちが次々に犬をつれて目の前を通っていくので、
ねずみみたいに小さいのから熊みたいなのまで、いろんな種類の犬を
見物できましたよ。
あれ、一概に「犬」って言っていいのかな。大きさもなにも個性豊かすぎるぞ。




今日は王子と、近所の洗足池公園。

090405_01

これは大田区のほこる名所だけあって、ものすごい人手です。
池でボート乗りたかったけど、待ち行列がすごくてやめちゃった。

屋台がたーくさん出ててね、焼きそばとかタコ焼きとか焼餅とかの
定番に加えて、こういう「居酒屋出張」みたいな飲み系の屋台がまた
多いんだな。

090405_02

けっして美味しいとかなんとかじゃない、
いいかげんな酒と、いいかげんな食べ物で、いいかげんに酔っぱらう。

それがまたこういうときの楽しみでもありますね。
おとなになってよかったなー! なんて思っちゃうよ。

今年はまた、桜がひじょうにたわわに、豪華に咲いていて、
むせかえるような花の雲でした。

洗足池のあたりには、道路まで覆ってしまうような立派な桜を庭に
もっているおうちも多いのです。 ちょっと理想だなぁ、「さくらもち」。


洗足池のすみっこの泥地に子どもがたかってて、コップやら
焼きそばのあとのタッパーやらを使って夢中でなにやら掬っていたので
のぞきこんだら、おたまじゃくしがいっぱいいた。

090405_03

(↑携帯画像なんでわかりにくいかなー)


いっぱいとってた男の子にたのんでわけてもらって、
王子に「プレゼントだよ!」ってあげたら、ソッコーで池に捨てられました。
「これぜんぶカエルにして、うちで飼えると思ってるの!?」って
怒られちゃった。
すごく小さくてかわいかったのになあっ。


プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ