« 2046 | トップページ | 鍋を囲む家族 »

ホルモンがっつり!

友人を2人誘って、仙川の「じゅうじゅうぼうぼう」に
ホルモンを食べに行きました。

ホルモン……魅惑的な響きです。
たまに、どーしようもなく、我慢ならなく、食べたくなります。
焼肉じゃなくて、ホルモン焼きじゃないとダメなときがあるのです。
「これ以外のものは食えん!!人を殺しても今すぐ食いたい!!」
という力を発揮する食べ物っていくつかありますよね。
ラーメン。カツ丼。天丼。牛丼。カップやきそば。焼肉。
あと、たまにうなぎ。お好み焼き。出前のピザ。とかね。

そこにホルモンが加わるのが、
王子には、わかってもらえないんですけどね。
ホルモン、嫌いなんですよ、この人は。ったく。理解不能。

ということで、愛すべき飲み仲間、のみーズ(男)の出番です。
「じゅうじゅうぼうぼう」は、内臓系の得意な焼肉屋で、
モツ串焼き「い志井」の系列なので「い志井ビール」があります。

ビールをあおりながらホルモンの盛り合わせを
どーんと網において、焼けた端からがっつきます。
心臓だろーがオッパイだろーがコリコリ食べちゃうぞ。
こぷちゃんをプミプミしてノドブエをクリクリ噛んで、
ビールをウグウグプハーだ!まいったか!
このときばかりは、ホップの利いた帝国IPAなんかじゃなくて
純にっぽんのドライまたはラガービールがあいますね。

白センマイ刺、お気に入りです。くせがなくて。
レバ刺しは、もっと他に好きなとこもあるんだけど、
ここはおおぶりなので、口の中いっぱいの血液味が味わえます。

以前、レバ刺しを胡麻油と塩で食べるのって発見だよなあ、
むっちゃ美味しくなるもんなあ、と感動したので、
家でいろんなものを「胡麻油+塩」で
食べてみたことがあるのですが、クリーンヒットは
タコでした。蒸しダコをあぶって「胡麻油+塩」にて
食べると、想像の味をはみ出す滋味となりました。おすすめ。

散々食べて、一皿単価が600円前後の店だっちゅーのに
2万5千円もいきました。食いすぎ。
女の子と食べにくれば安く済むかもしれないけど、
ヘイ彼女、煙にまみれながらホルモン食いにいかないかい?
と誘っても、乗ってくるのはヤロウばっかです。
まあ、遠慮がなくていいんだけどさ。
会話にも気を使わなくてすむし、貴重なのみーズです。
また行こうなー!

« 2046 | トップページ | 鍋を囲む家族 »

02_ レストラン(外食)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/7543560

この記事へのトラックバック一覧です: ホルモンがっつり!:

« 2046 | トップページ | 鍋を囲む家族 »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ