トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

ホルモンがっつり!

友人を2人誘って、仙川の「じゅうじゅうぼうぼう」に
ホルモンを食べに行きました。

ホルモン……魅惑的な響きです。
たまに、どーしようもなく、我慢ならなく、食べたくなります。
焼肉じゃなくて、ホルモン焼きじゃないとダメなときがあるのです。
「これ以外のものは食えん!!人を殺しても今すぐ食いたい!!」
という力を発揮する食べ物っていくつかありますよね。
ラーメン。カツ丼。天丼。牛丼。カップやきそば。焼肉。
あと、たまにうなぎ。お好み焼き。出前のピザ。とかね。

そこにホルモンが加わるのが、
王子には、わかってもらえないんですけどね。
ホルモン、嫌いなんですよ、この人は。ったく。理解不能。

ということで、愛すべき飲み仲間、のみーズ(男)の出番です。
「じゅうじゅうぼうぼう」は、内臓系の得意な焼肉屋で、
モツ串焼き「い志井」の系列なので「い志井ビール」があります。

ビールをあおりながらホルモンの盛り合わせを
どーんと網において、焼けた端からがっつきます。
心臓だろーがオッパイだろーがコリコリ食べちゃうぞ。
こぷちゃんをプミプミしてノドブエをクリクリ噛んで、
ビールをウグウグプハーだ!まいったか!
このときばかりは、ホップの利いた帝国IPAなんかじゃなくて
純にっぽんのドライまたはラガービールがあいますね。

白センマイ刺、お気に入りです。くせがなくて。
レバ刺しは、もっと他に好きなとこもあるんだけど、
ここはおおぶりなので、口の中いっぱいの血液味が味わえます。

以前、レバ刺しを胡麻油と塩で食べるのって発見だよなあ、
むっちゃ美味しくなるもんなあ、と感動したので、
家でいろんなものを「胡麻油+塩」で
食べてみたことがあるのですが、クリーンヒットは
タコでした。蒸しダコをあぶって「胡麻油+塩」にて
食べると、想像の味をはみ出す滋味となりました。おすすめ。

散々食べて、一皿単価が600円前後の店だっちゅーのに
2万5千円もいきました。食いすぎ。
女の子と食べにくれば安く済むかもしれないけど、
ヘイ彼女、煙にまみれながらホルモン食いにいかないかい?
と誘っても、乗ってくるのはヤロウばっかです。
まあ、遠慮がなくていいんだけどさ。
会話にも気を使わなくてすむし、貴重なのみーズです。
また行こうなー!

2046

渋谷のディーン&デルーカでドーナツゲットし、
小麦房でうどんを食べ、
その足で、2046を見に行ってまいりました。

るてえるびるもれとりりがいく!若崎です。

映画の話をするまえに、ちょっと一言。
よろしいですかぁ?(子供の一生by中島らも)

まず、ディーン&デルーカのドーナツについて。
これね、期待ぱんぱんで買いに行ったのです。
映画がもうすぐ始まるというのに、東横のれん街の人ごみを
さささとカニ走りですり抜け、わざわざゲット。
映画を見ながら頬張る予定で。あ、並んでなかったですよ。
開店当初のウワサのようにマッハで売り切れたりはしてません。
1個280円という思い切った値段といい、
ドーナツとしては思い切ったサイズといい、
全体に思いっきりかかったアメといい、なんともアメリカン。
甘いもの好きで、三度のメシよりスナイダースのカラメル味を
偏愛する私の「あまもの中枢」を刺激する佇まいです。
で、待ちきれずに、席に座るやいなや開封し、予告編が終わる前に
食べきってしまいました。
感想。でっかいんだけど、ギッシリした生地じゃなくて、フンワリ系。
ぱくぱくとあっという間に食べられてしまいますよ。
手に持った大きさはインパクトあるけど、食べ始めると一気です。
(どうでもいいけど一気を変換したとき「一揆」が一番最初に
出てくるのはいかがなものか)
まわりが砂糖でコーティングされてるから、ものすごい甘み攻撃を
予想してたんだけど、そんなことないです。
発酵した生地の香りがフンワカと漂う、甘くないパンを、
周りの砂糖が必死にお菓子っぽくしてくれてます。
おやつにも食事にもなるので、小腹が好いたときの食事として
気軽にパクパク食べたい味でした。
んー、でもね、並んでまで食べたい味じゃないよ。
特別な美味しさじゃなくて、日常にパクリと食べたい味。
デセールじゃなくて、おやつ。
ドーナツだからね。それが正しいよね。

昼食をすませた「小麦房」のうどんは、
新宿の「東京麺通団」に比べると、下の下。
固いんだよ。固いのはコシとは違うんだよ。
太いんだよ。ちょうどいいサイズってのがあるんだよ。
塩辛すぎなんだよ。最後まで食べられないんだよ。
麺通団は偉大だ。しみじみ。

さ、やっと表題の話題です。
2046、評判、悪いですね…。
カーウァイどうした、調子に乗りすぎだ、面白くない、意味不明、など。
平日とはいえ、渋谷なのに、ガラッガラでしたよ。劇場。

感想。
そんなにつまんないかなー?
私はありです。オッケーです。

クソミソに言われる理由をあれこれ考えてたんだけどさ、
多分、日本版の公式ホームページがよろしくないんじゃないかしら。

「その不思議な未来ではミステリーとレインが動き出し
アンドロイドが恋に落ちる」

わははは、私も、このコピーに釣られて見に行ってたら激怒したよ!
未来も2046年も、主人公の書く小説の設定として、
ちょこっと出てくるだけだもん。
ま、全体の筋のスパイス的な役割といいますか、
主人公の思いを語るための手段といいますか…。
だから、「カーウァイがSF!?」とか思って見に行くと
がっかりでしょうね。うんざりでしょうね。

キ○×クもあんまり出番がないしね。

まだ魔都と言われていたころの上海を舞台に、とある小説家の
愛と欲望の日々が綴られてゆく、美しい映画でしたよ。
そう思って見に行けば、楽しめます。たぶん。

トニーレオン、相変わらずの、鼻血が吹くほどのいい男ぶりですよ。
「花様年華」のときから、性格が変わってますけど……。
あの「花様年華」の恋のせいで、こんなプレイボーイになっちゃったの?
などと思いながら見るのもよしです。
私は、今回のトニー・レオンの、常に微笑を湛えたドンファンぶり、
かーなーり、ツボでした。
捨てられてもいい、いっそ遊んで!と叫びたくなっちゃう。
…チャン・ツィイークラスの美女じゃないと、ダメでしょうがね。

根底に流れる二人の思いは違いますが、「欲望の翼」のレスリー・チャン
にも通ずるところがありませんか?
狩のように女を口説き、激しく愛するところ。
けれど心の底が決して熱くならないところ。
覗き込めない深遠をもっているところ。
その、そばにいても痒いところを掻けない部分が、
ますます女を熱狂させてゆくところ。
向こうがこちらを完全に振り向いたら、ゲームセット、
だけど決して決定的に冷たいセリフや暴言は吐かないところ。
並みの女には癒せない傷と孤独を抱えているところ、
そしてなにより、幸福を求めていないところ…。

いい男だなあ〜。
と、思いますよ。
男には、女の描く円周を常にはみ出していてほしい。
女の手の届く範囲で、ニヤニヤとマイホームパパなんてやってる
男には興味を持てないです。
可愛いわがままに余裕でつきあうくらいの度量は必要、
だけど女に魂を飼い殺されている男は、もう男に見えない。
女がどんなに必死で目を見つめて話しかけてきても、
決して目を見て話さずに、横顔で穏やかに笑いながら、
こちらの考えもつかないことを考えていてほしい。

女は生まれついて、幸福を求めるように出来ている。
幸福になること以外に、人生の目的があると考えたことがない。

即物的な幸福も望まず、未来の展望も持たない、
この映画のトニー・レオンや、欲望の翼のレスリーが、
私はとにかく大好きなのです。
現代にはもうあんまり残ってないタイプの、美しい無頼漢。
胸に悲しみを抱えたまま静かに生きている、優しくてヤクザな男。

しかし、ねえ。
トニーったら。

オールバックにヒゲ、そしてスリーピース。

…日常にいたら、避けます。避けるよね?
ビシーッとポマードで固めた、櫛のあとも瑞々しい
ツヤツヤと光るオールバッグ、手入れの行き届いたハナヒゲ、
いい男すぎる、しかしニヤケた顔立ち、こんな、全身から、
「僕は女たらしでええ〜す!」
という情報を発散してるよーな男、どう?どう思う?
舞台が現代じゃないからいいようなものの、
トニー・レオンとジョン・ローン以外がしたら即殺じゃないですか?

トニー・レオン以外では、フェイ・ウォンが可愛らしかったです。
もう、可愛い可愛い可愛い。
他の語彙が麻痺してしまいますね。本当に、愛らしい。
この人は本当に30歳オーバーなんですか?
「恋戦」のときとはぜんぜん違いますね(あの映画はひどかった)。
猫背でスープをズルズルすするシーンには、グググッときました。
かわいい〜〜〜。もう、骨抜き。
トニーがサンタさんしたくなる気持ちもわかります。
あ、もちろん、チャン・ツィイーは最高でしたよ!

えー、こんなこと書くと、ぶっとばされるとは思いつつ、き○×くが
まったくカッコヨク見え(ry
ほかの俳優さんたちが美しすぎるからだとは思うんですけど。

結局、カーウァイは私のツボなんでしょうねー。
映画を見たァ、って感じで、心から満足☆でした。

オールドボーイとゲームボーイアドバンス

復活〜〜〜☆おめでとうわたし!!
昼まで寝転がって、熱を計って、大丈夫!!と確信し、
王子と新宿へおでかけ。王子は心配性なのでぬくぬく装備です。

つーわけで、本日も、るてえるびるもれとりりがいく!
若崎です。
健康、イェイ!飲ま飲まイェイ!

(タイトルの映画「オールドボーイ」評は後半に出てきます…)


東京麺通団でお昼。かまたま、おいしいおいしい。
喉越しがよくて、やわらかくて、でも歯ごたえのあるうどん。
東京で、さぬきうどんを看板にしてる店って、やたら硬いの。
コシの意味を間違ってるだけ、っていう店ばかり。
でも、ここは本当に美味しい。味付けも薄めで最高。

その後、ニューズデリでコーヒー飲んで
(どうでもいいけどここのインテリアかなり嫌い)、
小田急ハルクのビックカメラへ。

誕生日のプレゼントを買ってもらいました。
結婚後、初めてのプレゼントなので、おねだりして…
ゲームボーイアドバンス(ピンク)とソフト(マザー)!
きゃ〜、マザー懐かしい〜と思って買ったのです。
正確には「MOTHER1+2」ね。2はやったことないです。

ビックカメラのゲームコーナーでは80年代後半生まれらしき
少年少女カップルがでかい画面でスーパーマリオをやってました。
ふっ、お姉さんはね、小学生のときやってたんだよ、と、
自慢にならない自慢をしたい気持ち。懐かしいなあ。

ここで王子と別れ、友人と映画へ(王子は美容院へ)。
「2046」を見る予定だったのだけど、携帯の情報とは違って、
16時20分からの回、ハウルの動く城に劇場を取られてるー!!
歌舞伎町のコマ劇近くのシアターなんですけどね…ショック。
ハウルってばふたつの劇場を占領してやがるってことー!?

余談ですが、この友人とは香港映画とウォン・カーウァイを
愛する同士で、たまに香港映画をいっしょに見に行くのです。
美しきレスリーが死んだときは、一緒に会社を忌引きし(図々しい)、
彼女の家でレスリーのCDをしみじみと聞きながらレスリー話に
花をさかせ、酒を飲み、それにしてもレスリーはちょっと
歌が下手すぎるのではないか、ブックレットはすばらしいけど
この音感はあんまりなのではないか、と慰めあった(?)仲です。

ハウルは立ち見状態だったので、飛び込みで、隣の映画館へ。
内容も知らず、「時間がちょうどよい」「座れる」の2点だけを
重視して買ったチケットは「オールドボーイ」でした。

「きっとほのぼの親子ものだよ」
「…それにしてはポスターが…」
「……うん…」

開演と同時に、「韓国映画なのかあッ!!」と気づきました。

で、感想。いやあ〜、面白かったあ〜。
ネタバレはいかんとか、いろいろと理由はあるけど、一番は、
細かいこと言う「素人映画評論家」ってのがダイッキライなので、
ザックリと言えば、面白かった〜(ざっくりすぎ)。

いや、文句つけよーと思えば、つけられますけどもさ。
そういうの、いいじゃん。ね。楽しもうよ。映画。ね。
買った時間は、「なんとか楽しもう、いいとこ探そう」として
過ごしたい。簡単に感動するほうがお得じゃない?

ま、そういうひねくれたこと言わなくても、オールドボーイ、
「途中で寝た」とか「途中で出た」とかする人があんまりいない
映画じゃないのかしら?おもっしろいですよ!!グッド!

ただし、「途中でわかっちゃった」はけっこういると思われる。
私もわかっちゃった。どう収拾つけるのか?ってとこも見所。
あと、生理に訴えてくる流血シーンがウゲエーな場面も見所。

終わってから、その友人の家で、焼き鳥など食べつつ
映画の話とバカ話をし、終電で帰宅しました。
適当に入ったけど、実は大変に有名な映画なんですね、これ。
カンヌ取ってたんだ。無知ですみません。

ボロットとボジョレ

ボロット・バイルシェフのコンサートに行ってきました。
toppan.JPG
アルタイの、カイという叙事詩を歌う方です。ホーメイみたいな。

歌唱法は、喉歌というもので、重低音から澄んだ高音まで、様々。
倍音のヴィワーンという響きが身体にとっても心地いいです。
アルタイって、きっと、湿度の日本よりも低い、
空の広い、時間のゆっくりとした、砂まじりの風の吹くところ。
歌から感じる風景を堪能しました。ああ、綺麗だなあ…。

口琴を買いました。まだまだ音がビンビンとしか出せませぬ。
これ、わたしのような出っ歯な人間には向かないかもな。

こんな楽器です↓口にくわえてビュンビュンします。
koukin.JPG

その後、府中に行って、王子とその同僚と合流。

ボジョレーヌーボをガブガブ飲みまして、すでに酔ってる
彼らとともに1時間で2本ワインをあけ、記憶と終電を無くし、
ヘイタクシィ!!で笹塚まで帰りましたとさ。

(↓ボジョレです。後ろに王子の同僚が写っちゃったけど
本筋と関係ないので無視してください。Kさんごめん…。
このKさんの隣にうちの王子がいます。)
vino.JPG

笹塚の店

かー風邪が治らぬ。
ま、引き始めたのは昨日からなんだけど。
明日はコンサートなので。ボロット。飯田橋のトッパンホール。
マスクして行きます。人のためと自分のため。

さて、本日も、るてえるびるもれとりりがいく!
若崎です。

お昼は、なか卯でうどん。なか卯、好きなの♪
その後、UCCカフェでコーヒーと巨大ワッフル。頼まなきゃよかった〜。
ワッフルの域を超えた巨大っぷり。分厚すぎ!!
ちっともカリカリしてないんだよお…ホットケーキだ、これじゃ。

唐突ですが、笹塚に住んで1年強が過ぎました。
笹塚にはうまい店がないといろんなサイトで言われております。
けど、私はそんなことないと思うの。
今まで住んでた浅草橋や府中に比べてだけど。普通よ、笹塚。

「紅」のキッシュ。スコーン。紅茶。普通に美味しい。

「コスタ・ブラバ」のランチ。パエリアやサンドイッチはお得で好き。

焼肉は「東海苑」「藤」「太樹苑」どこもそこそこうまい。

「salsazucca」のイタリアン大好き、季節モノ多いし。お得。

「キャンティ」は行きません。まずいから。ファミレス味じゃん。

「炭豚豚」たまに行きます。まったり話しつつ、豚しゃぶつまむの。

680円で普通に天丼が食べられ、味噌汁も旨い「天善」、エライ!

あと、名前が思い出せないけど、ぜんべえの並びのお好み焼き屋。
肉玉うどん入り、800円で美味、ボリュームあるし、ヒイキ。

「かわりとんかつ 深大」はかわりとんかつは食べたことないけど
普通の上ロースとんかつが好きでよく行きます。

「江戸家」のとんかつも、もちろんうまい!エビフライも。

忘れちゃいかんのが「相州屋」の今川焼き80円!ラブ!

「トゥルナージュ」のランチもパスタがアタリの日は美味しいですし。

中野のほうに食い込むけど、「プクムク」のパンはすばらしいです。
ハードパン業界を東とすれば西の横綱。ブレッドじゃなくてパン。

「らーめん屋 豪快」好きです。「藤平」も嫌いじゃないです。
豚骨ラーメンだなあ、とは思わないけど、別物として好き。

久留米育ちで天神で遊んでいたという出身を強みに言うけどさ、
笹塚の「長○屋」、あれは悪い豚骨の例だわよ。
癖があって、動物臭がして。それが豚骨ってのは誤解だ!!
せめて名前を「久留米屋」にしてほしい…長浜ラーメンじゃない…。
(久留米ラーメンは油っぽくて臭いです。大砲が久留米味と思うなよ)

あと笹塚には「長○庵」というホラーのようにまずい蕎麦屋があるの。
(代田橋のほーの店舗ではありません)
ここの盛りそば、食ってみぃ。私は一口でぶほぉっ!と吹きました。
しかも、カツ丼はセブンイレブンのほうが50倍くらい美味しい。
そんな蕎麦屋。金かえせ。

形式を変えました

ブログぽくしてみました。つか、ブログ化してみました。
今までの、ぷちぷちアップロード形式でもよかったんですけどね…
書いたものを、HTMLにするのがめんどくさくて、
結局PCに眠らせたまま…クラッシュしちゃったんですよ。ええ。
で、ブログ形式。
面倒くさくはないんだけど、長々と書いてもいいのかしらね?
なんか、短くまとめなきゃいけない感じするのよね、この形式だと。

さて、本日も、るてえるびるもれとりりがいく!
若崎です。

で、ぜんぜん関係ないけど、今日は誕生日です。
風邪を引きまして、家から一歩も出てません。

13〜14日に、一足お先に誕生日を祝っておいてよかったです。
単に土日だからってだけの理由だったのですが。

台場のメリディアンに一泊しました。夜景がきれいな21階の角部屋。
↓ホテル内部。自分撮。
ox.JPG

観覧車がバスルームから見えました。ワオ!
王子のチョイスとは思えない、「いわゆる」気の利いたロケーション。
たまには「いかにも」もいいよね。
わかりやすい形で表現される愛、みたいなもの、拒む気力、ないよ。
幸せ。単純な幸せ、ウェルカム!
ディナー、ワイン、花束、プレゼント、夜景の見えるホテル。
陳腐?素敵じゃないですか。
ストレートな努力に照れない人で、よかった。

ひねった技もいいけどね、天然か天才じゃないと大抵は痛い。寒い。
金、けちってるだけじゃん、って思われて終わり〜、みたいな…。
チョットカワッタオレ、の、プレゼンに勝つのは容易ではない。
陳腐技×10くらいの金を投資すれば、可能よ、もちろん。

b.JPG
しかし。メリディアン。ロケーションは台場、いいでしょう、それは。
許す。許すさ。ああ。観覧車、きれいよ。ええ。はい。
しかし。ホテルのレストラン。イタリアンの、ア×××××ノ。

くわーーーーっ!まずいッ!!

ホテルにしては信じがたい安さ、そりゃもう安さ爆発!!
料理がくるのも早いッ!早い安い!が欲しけりゃあ……
吉野家に行くわッ、ボケ!!

部屋に帰ったとたん吐いたのは初めてでございました。

全部、味がいやあ〜〜な甘さで統一されてます。
胃もたれするバター風味と甘み。メインの肉、一口でギブ。
恥ずかしぅないのかねえ…安いから、いいの?そうなの?
安くて、形だけコースの体裁を保ってて、でも味は三流。
悲しい店です、そういうのは。ね。

1時間前までの私の空腹、返してください。
スタバでサンドイッチ買うから。あーもう…。

トップページ | 2004年12月 »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ