« ボロットとボジョレ | トップページ | 2046 »

オールドボーイとゲームボーイアドバンス

復活〜〜〜☆おめでとうわたし!!
昼まで寝転がって、熱を計って、大丈夫!!と確信し、
王子と新宿へおでかけ。王子は心配性なのでぬくぬく装備です。

つーわけで、本日も、るてえるびるもれとりりがいく!
若崎です。
健康、イェイ!飲ま飲まイェイ!

(タイトルの映画「オールドボーイ」評は後半に出てきます…)


東京麺通団でお昼。かまたま、おいしいおいしい。
喉越しがよくて、やわらかくて、でも歯ごたえのあるうどん。
東京で、さぬきうどんを看板にしてる店って、やたら硬いの。
コシの意味を間違ってるだけ、っていう店ばかり。
でも、ここは本当に美味しい。味付けも薄めで最高。

その後、ニューズデリでコーヒー飲んで
(どうでもいいけどここのインテリアかなり嫌い)、
小田急ハルクのビックカメラへ。

誕生日のプレゼントを買ってもらいました。
結婚後、初めてのプレゼントなので、おねだりして…
ゲームボーイアドバンス(ピンク)とソフト(マザー)!
きゃ〜、マザー懐かしい〜と思って買ったのです。
正確には「MOTHER1+2」ね。2はやったことないです。

ビックカメラのゲームコーナーでは80年代後半生まれらしき
少年少女カップルがでかい画面でスーパーマリオをやってました。
ふっ、お姉さんはね、小学生のときやってたんだよ、と、
自慢にならない自慢をしたい気持ち。懐かしいなあ。

ここで王子と別れ、友人と映画へ(王子は美容院へ)。
「2046」を見る予定だったのだけど、携帯の情報とは違って、
16時20分からの回、ハウルの動く城に劇場を取られてるー!!
歌舞伎町のコマ劇近くのシアターなんですけどね…ショック。
ハウルってばふたつの劇場を占領してやがるってことー!?

余談ですが、この友人とは香港映画とウォン・カーウァイを
愛する同士で、たまに香港映画をいっしょに見に行くのです。
美しきレスリーが死んだときは、一緒に会社を忌引きし(図々しい)、
彼女の家でレスリーのCDをしみじみと聞きながらレスリー話に
花をさかせ、酒を飲み、それにしてもレスリーはちょっと
歌が下手すぎるのではないか、ブックレットはすばらしいけど
この音感はあんまりなのではないか、と慰めあった(?)仲です。

ハウルは立ち見状態だったので、飛び込みで、隣の映画館へ。
内容も知らず、「時間がちょうどよい」「座れる」の2点だけを
重視して買ったチケットは「オールドボーイ」でした。

「きっとほのぼの親子ものだよ」
「…それにしてはポスターが…」
「……うん…」

開演と同時に、「韓国映画なのかあッ!!」と気づきました。

で、感想。いやあ〜、面白かったあ〜。
ネタバレはいかんとか、いろいろと理由はあるけど、一番は、
細かいこと言う「素人映画評論家」ってのがダイッキライなので、
ザックリと言えば、面白かった〜(ざっくりすぎ)。

いや、文句つけよーと思えば、つけられますけどもさ。
そういうの、いいじゃん。ね。楽しもうよ。映画。ね。
買った時間は、「なんとか楽しもう、いいとこ探そう」として
過ごしたい。簡単に感動するほうがお得じゃない?

ま、そういうひねくれたこと言わなくても、オールドボーイ、
「途中で寝た」とか「途中で出た」とかする人があんまりいない
映画じゃないのかしら?おもっしろいですよ!!グッド!

ただし、「途中でわかっちゃった」はけっこういると思われる。
私もわかっちゃった。どう収拾つけるのか?ってとこも見所。
あと、生理に訴えてくる流血シーンがウゲエーな場面も見所。

終わってから、その友人の家で、焼き鳥など食べつつ
映画の話とバカ話をし、終電で帰宅しました。
適当に入ったけど、実は大変に有名な映画なんですね、これ。
カンヌ取ってたんだ。無知ですみません。

« ボロットとボジョレ | トップページ | 2046 »

05_ 映画・演劇・書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/2051282

この記事へのトラックバック一覧です: オールドボーイとゲームボーイアドバンス:

« ボロットとボジョレ | トップページ | 2046 »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ