« 石垣りん | トップページ | チャイナハウス龍口酒家 »

サイエンス・サイトーク

サイエンス・サイトークに行ってきました!
TBSのラジオ番組です。
現代のサイエンスの先端を行く知識人をゲストにトークする科学番組。
尊敬するジャーナリスト日垣隆さんの有料メルマガにて案内があり、
3年ほど前から、スタジオ収録に参加し、聴講しております。
野球が始まったら終わっちゃうから、冬季のみです。


今日のゲストは小泉武夫教授。
http://www.zenkenkyo.com/koizumi.html
http://homepage2.nifty.com/shokuiku/subnougyou0304.htm
http://ch-k.kyodo.co.jp/17kyodo/backnumber/backnumber2001/job/job38.html

発酵学者です。この方の著書が大好きです。ファンなのです。
机上の空論をこねくるだけじゃない、行動する学者先生。
専門はメコンらしいですが、地球上のあらゆるところに出没して、
なんでも食べてしまいます。
ほんっとに面白いので、ぜひ小泉先生の本を読んでみてくだされ。

アザラシの皮に海鳥をつめて腐らせたものだろーが、
エイをツボに入れたアンモニア臭バリバリのホンオフェだろーが、
小泉さんにかかったらりっぱな「旨い食いもん」です。

表情もキュートで、中華料理顔というか、この人が「おいしい!」
というなら信じましょう、と思えるような、いいお顔をされています。

お勧め本↓
人間はこんなものを食べてきた 小泉武夫の食文化ワンダーランド
中国怪食紀行―我が輩は「冒険する舌」である
冒険する舌―怪食紀行秘蔵写真集
くさいはうまい
納豆の快楽 黄金の濡れ落葉講座

さて、実際にお話が始まってみて、驚きました。
とにかくパワフルな方です!流麗な講談調でしゃべるしゃべる!
実に楽しそうに、体を全部使って、早口でしゃべりまくります。
どんなゲストに対しても絶妙なカットインを見せる日垣さんですが、
本日は口を挟むスキがなかなか見つからない模様で、
小泉さんオンステージ!!という感じでありました。
なんだか全身がピカーッと光ってます。顔なんかテラテラしてるし。

ますます好きになっちゃいました、小泉教授☆
全身で人生を楽しんで生きてる人、という印象でした。
一所懸命に食べて飲んで、精力的に仕事をして、
そうやってずっと、自分の「命の力」に誠実に、手を抜かずに
生きてこられた人、なのだと思います。
御歳60いくつですが、そのへんにいるダラーッとした若者よりも、
よっぽどオーラが明るくて若々しくて力強い。
エネルギーの燃焼する音が聞こえてくるようです。
パワーをもらいましたよ、ホントに。

そんな教授が心底憂えていることは、日本の未来です。
食料自給率が低いうえに、貧乏で借金だらけの日本。
世界的に異常気象が襲った場合、食べ物が輸入できなくなる危険性、
輸入食物に頼ることに常に纏わりつく、残留農薬などの不安、
このまま何十年も1億超の人間を食わせていくことは無理に
決まってるのに、農業対策をしない国の未来です。

食料を国内できちんと作っていく、という、
昔はちゃんとできていたことを回復していくということ。
国の対応を待たずに県レベルで取り組んでいくしかない、
地産地消が大切、と、熱弁されていました。

« 石垣りん | トップページ | チャイナハウス龍口酒家 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/2609569

この記事へのトラックバック一覧です: サイエンス・サイトーク:

« 石垣りん | トップページ | チャイナハウス龍口酒家 »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ