« さとう珠緒 | トップページ | 鮭のムニエルなど »

ル・ヴェルデュリエ

鵜の木にあるフレンチレストラン「ル・ヴェルデュリエ」に
ランチしにいってきました。

ここに来るのは3ヶ月ぶりです。
日経新聞の夕刊に紹介されていたのを王子が気にとめて
教えてくれたのが訪問のきっかけ。
「ゆーきちゃんフレンチ好きだから、チェックしといた。
京野菜が使ってあるそうだよ、美味しそうだよ」 と、
わざわざ新聞を切り抜いて予約してくれたのです。
素直に嬉しかったですよ。
覚えててくれたんだなあ、と思って。

私の実家は、週に2〜3回、そこそこ高価な金を払って
夕飯をレストランで食べるという、外食が大好きな家。
フランス料理やスペイン料理などの本格的な西洋料理店に
足を運ぶこともしばしばありました。
幼いころから舌が慣れているせいか、無性に食べたくなる
ときがけっこうあって、一人暮らしをしてからも、
仕送りやバイト代をやりくりして、よく分不相応なフレンチを
食べ歩いていたという話を、王子にしたことがあったのです。

「自分が美味しいと思った店に連れて行く」っていう
行動をする男性は多いけど、自分が好きでもないのに
(というかフレンチ食べたこともないのに)、小さな囲み記事に
目を止め、殻を破って行動してくれたことがやたら嬉しくて、
あっさり惚れ直しました。 単純な女です。

前回は演劇の開演時間が迫っていたのでゆっくり
できませんでしたが、今日はなんの予定もないので、
落ち着いていただけます。

ヴェルデュリエは、立地も私好み。
閑静な、緑の多い住宅街の中に、ひっそりと佇む
小体にして瀟洒なレストランです。
予約をしたおかげか、窓際の明るい席でした。
04_mado(窓からの風景)
いい天気。
本当に、いい天気です。
冬が終わったのだな、と実感できる、照度の高い、
明るく、熱を持った日差しです。

3500円(税込4042円)のランチコースをいただきました。
前菜の盛り合わせ、スープ、魚または肉料理、デザート、
コーヒーまたはエスプレッソまたは紅茶、パン。
大変に安いと思います。(ランチコースは2000円からあります)

今日は、魚がアイナメのポアレと牡蠣のソテー(たぶん)、
肉が豚のビール煮か牛頬肉の赤ワイン煮。

牛頬は前回、王子が食べたので、二人とも、豚にしました。
この時点で、なーんかいやな予感がチラリと。
フレンチで豚を頼んで美味しかったことって、いままで
ないんですよ。
でも、ここは美味しいお店だし、期待してもいっかなー、
それにほら、今日は魚の気分じゃないし。
と、自分を説得。

前菜の盛り合わせ
・サラダ
・蒸した茄子の上に、軽く締めた青魚(アジかな)が載ったもの
・ベーコンのキッシュ
・鹿肉を詰めたプチシュー
・アボガドまぐろ
・フォアグラや鴨肉を使ったジビエのテリーヌ
以上が、ちょっとずつ、一皿に盛られています。

01_amuse

えへへへ、おーいしそーう☆
「ちょっとずつ、たくさん」っていうのに弱いんですよねー。
しかも、鹿肉といい、フォアグラといい、私のハートを
わしづかみにする大好物ばかり。今日はアタリだあ。

どれもとっても美味しくて涙が出そうでしたが、
テリーヌが一番好みの味でした。
レバーの風味が濃厚で、こっくりしてて、ワインがすすみます。
あと、アボガドのピュレの上に中トロが載ってるやつ。
アボガドにも中トロにも、きちんと味が付いてるのですが、
醤油なんかつかわなくてもこんなに美味しくできるのかあ、
さすがプロじゃ!と感激でした。
なんか頭の悪い文章でゴメンナサイ。

本日のスープはマッシュルームのポタージュ。
さらっとしてますが、むせるように濃厚なキノコ風味で、
大変にわたくし好みです。
パンでぬぐって食べ尽くしました。お代わりしたい…。

さて。さてさてさて。メインディッシュです!
前回は、ホロホロ鳥のローストだかコンフィだかを
いただきました。とっても美味でした。
王子の頼んだ牛頬の赤ワイン煮もとろけるように
プルプルで恍惚の味でした。
先ほどのイヤな予感と、期待感が混じり合う、緊張の一瞬。


勝敗はいかに!!


負けた………。


やっぱねー、ダメ。 ダメダメダメ。 フレンチで豚を頼んじゃダメ!
こんなに美味しいお店でも失敗するなんて、ダメだあ!
なんか…うまく言えないけど、手をかけるほどダメ!
せめてグリルかソテー…でもそんなの、イタリアンとか
スパニッシュで豪快に食えばいい話だもんなあ。

フレンチで豚料理はもうたのみません。
前菜で豚のスモークとか、フランス家庭料理で
豚足のパネとか臓物とか血のソーセージとか、
そういうのだったら食べるけど、
こじゃれた店で仰々しい名前が付いたメイン料理だったら、
豚肉、却下! 決心した。

お店の名誉のために言いますと、普通に美味しかったです。
でも、感動するほどの美味じゃなかったの。
好みじゃなかったの(王子もちょっと眉をひそめてた)。
なんというか……中華料理の東坡肉みたいだった…。
東坡肉としては、大変おいしいと思います(フォローか?)。
02_main(メインの豚)

言っても始まらないけど、魚にしときゃーよかった。
前回のホロホロ鳥、牛頬の煮込み、美味しかったなぁぁ…。

まっ、デザートで機嫌も治りましたけど。コロリと。
抹茶のシフォン、カスタードプディング、
ラムレーズンのアイスクリーム、美味しかったです。
前回のチーズケーキのほうが好みではありましたが、
今回は王子のぶんまで食べられたので、ご機嫌です。
03_takaaki(王子様。無断掲載)
チーズケーキだと、王子が自分の分を食べちゃうんだもん。

また来ると思います。今度こそディナーだ!
05_haru(鵜の木あたり。春ですねー)

« さとう珠緒 | トップページ | 鮭のムニエルなど »

02_ レストラン(外食)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/2899753

この記事へのトラックバック一覧です: ル・ヴェルデュリエ:

« さとう珠緒 | トップページ | 鮭のムニエルなど »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ