« 夕飯レシピ | トップページ | うまうま居酒屋 「和市」 »

島耕作と幡ヶ谷「てっぺい」

大事件が起きました。

王子がでかい買い物をしてきたのです。

それは・・・・・・







課長島耕作 全巻大人買いー!(・∀・)人(・∀・)







この週末を、私は火曜と水曜と木曜に
連続して控えているお仕事(3社とも別々)の
下調べ&予習に使おうと思っていたのですよ。


それなのに、島さんが我が家においでになりました。

バブル期のおじさんの夢を一身に背負った島課長が
容赦なく私の時間を割いてゆきます。





仕事が・・・・





仕事が・・・・





仕事が・・・・・





島さん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





・・・・・・。


ほぼ徹夜で読みました。
今日こそ仕事します。





るてえるびるもれとりりがいく☆若崎です。
さて、アホな話は置いといて、昨日の夕飯日記です。

幡ヶ谷の「てっぺい」にステーキを食べに行きました。
スープ、サラダ、ごはん、ステーキで構成されております。
ステーキは、お店側で一口大に切って饗されるので、
こちらはお箸でわしわし食べればよいのです。

店はカウンター中心です。
カウンターの中は、超オープンキッチン。
店内の装飾なども限りなくラーメン屋に近い雰囲気で、
「ステーキハウス」って感じじゃありません。

まず、キャベツのサラダが来ます。
ドレッシングがにんにく風味たっぷり。
マヨと醤油とにんにくを混ぜたような味で、
美味しいのですが、平日には食べにくい。

次の日ににおいが残らない対策があればなあ。

体質にもよりますが、芯を取って火を通したにんにくなら、
次の日までにおいが残らない気がします。
でも、生のにんにくを大量摂取すると、なかなか
消えないんですよね。
翌日の朝、うっかりエレベーターに乗ろうものなら
軽い公害と化します。


明日は外出の予定がないので、もりもり食べました。うまい。

メニューにはサーロインなどもあるのですが、
「てっぺいステーキ」というハラミのステーキを頼みました。
グラム単位になっていて、200gで1750円くらいだったような。
サーロインはもうちょっと高いです。

メニューにあるのは600gまでですが、
それ以上の量にも対応してくれるようです。

って誰が一食で600g以上の肉を食うんだよぉ。

ソースも、ごま、おろしポン酢、バター醤油、にんにく醤油など
から選べますし、ごはんの大盛り小盛りも対応可能です。

ただし、
うっかり大盛りにすると、ご飯が3合きますから。
しかも、残したら罰金ですから。
その上、ごはんのシェア厳禁ですから。


もののふだけが挑戦してください。


さてさて、ステーキですが、おいしかったですよ。
歯ごたえがあって。 ハラミ肉自体も好きだし。
にんにくバターで炒めて、黒こしょうを思いっきり振ってある、
香りのいい一口ステーキです。
これに、自分の選んだソースをからめて食べます。

霜降り肉が食べられない私にはちょうどいい、
あっさりした赤身のお肉。こういう肉が好きなんです。


200gで3000円くらいの霜降りサーロインもあるので、
霜降り好きはそちらをどうぞ。


ソースは、にんにく醤油にしました。
にんにくバターで炒めてある肉+生にんにくが入った醤油。
むせかえるようなかほりです。

・・・・・・。

食後の私はちょっとした兵器でしたね。
でもおいしかったの。

« 夕飯レシピ | トップページ | うまうま居酒屋 「和市」 »

02_ レストラン(外食)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
いつも楽しく拝見させていただいております。
私も以前、島さんをよく読んでいました。

島さんは、かなり出世されて、今現在は取締役になっていると思いました。
あと、「フレッシュ島耕作」なんてのも、連載しているはずです。

こんばんは☆いらっしゃいませ~(^^)
なんと!部長島耕作から、取締役島耕作になったのは知ってましたが、
フレッシュ島耕作だなんて!!
なんか、すごい響きですね・・・島のオジサンが、フレッシュ・・・。

余談ですが、島さんはちょっとヤリすぎじゃないでしょうか。
どうして銀座の女や京都の料亭の女が薄給の課長である島さんに
軽々しく(しかも向こうから!)なびくのでしょうか…疑問です。
さらに、ハタチの美少女まで!ありえなーい!!無理無理!
ロマンチストな男性の夢を体現してるってことでしょうか?
でも、そんな無理矢理な設定が、たまらなくツボで、楽しいです♪
次は部長島耕作の大人買いです!!!もっと島さんがみたーい!

こんばんは。
今日コンビにで島耕作の新作を、売っていました。
それを見て、もう一度見て、しばし硬直。
タイトルが「ヤング島耕作」!(◎_◎;)

失礼しました。
フレッシュ島耕作、こんな素敵なコメントまで付けていただいたのに、響きもなんか良かったのに、私の思い違いででした。m(__)m

試しに、フレッシュ島耕作で、ググって見たら、
ここがヒットしてしまい。(^┰^;)ゞ

「フレッシュ島耕作」も素敵ですが、「ヤング島耕作」も素敵ですね。
うん。なんか古き良き時代の香りがしますね。「ヤング」って単語。

きっと「ヤング」の次に「フレッシュ」が出ますよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/3095472

この記事へのトラックバック一覧です: 島耕作と幡ヶ谷「てっぺい」:

« 夕飯レシピ | トップページ | うまうま居酒屋 「和市」 »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ