« カニの会 | トップページ | お好み焼き「ぼちぼち」 »

佐藤愛子「血脈」

プロフィールページの写真を更新しました。
恋愛サイトのライター紹介で使った写真に替えたの。
統一しときます。

お仕事の名前は「若崎しおり」じゃないんだけどね。


日記。
佐藤愛子著の「血脈」が面白すぎて仕事になりゃしない。
80歳を過ぎて、こんなにも面白く、しかも長大な小説が書ける、
その気力と才気には舌を巻くばかりです。

佐藤愛子の小説・エッセイは8割以上読んでるんだけど、
現役で活躍している日本の女性作家で、ペーソスの漂う、
本格「ユーモア小説」が書けるのは佐藤愛子だけ。
ちょっと他に思いつかない。

どうして女性なのに、ここまでナルシシズムが入らないんだろう。
自分の作品世界におぼれていない、硬質なユーモア。

卑下でも自慢でもない、上質の諧謔。
湿度の低い、乾いた哀愁。憂国の士のような憤怒と暴論。
皮肉のない、腹の底が温かくなる笑い。

観察眼の鋭さと、突き放したような態度に、余裕があります。
美人特有の余裕と冷たさ、みたいなものをちょっと感じたり。
(若い頃、そりゃーキレイでしたからね)


中巻、もう読み終わっちゃう…
早く下巻を用意したいよー。

誰か知らんけど、早く図書館に返却してくださいな。
気になって、もだえ死にしてしまいます。

買うお金と部屋のスペースが欲しいっ。
家を建てるなら、絶対に書庫を造るぞー。

(あー、書いてたら、前に「SPA!」で佐藤愛子を批判した
鴻上尚史の文章が、論理から何から、実にくだらなくて
屁のようだったことを、ふと思い出しました)

« カニの会 | トップページ | お好み焼き「ぼちぼち」 »

05_ 映画・演劇・書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/3616036

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤愛子「血脈」:

« カニの会 | トップページ | お好み焼き「ぼちぼち」 »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ