« 佐藤愛子「血脈」 | トップページ | Hちゃんのこと »

お好み焼き「ぼちぼち」

笹塚のお好み焼き屋、「ぼちぼち」に行ってきました。

伊原剛志の店らしいです。チェーンだけど。
サイトには、「のれん分け」と書いてあります。

笹塚には、駅の改札口を出て右に行った並びの二階に
お好み焼きの店があって、そこがなかなか旨いのです。
おばちゃんが数人で焼いてて。
酔っぱらいのおじちゃんが多いので、多少うるさいのだけど。

店の作りも古いし、おせじにもお洒落じゃない。
中年がメインの客層で、私はすぐになじむのだけど、
王子はあまり行きたがりません。
隣の人が話しかけてきたりするのが耐えられないみたい。
でも、おいしいです。うどん入りが特に。ボリュームもある。
というわけで、この店を超える味でなきゃリピートはしません。

余談ですが府中市にある「鉄板屋」の
「豚玉うどん入り、ネギ・玉子・豚ダブル」が、今のとこ私の
理想のお好み焼きです。最高。鉄板メニューも最高。
「麻物語」を置いてるとこも最高。「鉄板屋」ラブ!


で、「ぼちぼち」です。
店は、昭和中期の感じを再現してあって、いい雰囲気。
若い子に受けがよさそうです。

昭和40年の女性雑誌が置いてあります。
ぱらぱらめくると…内容がすごい。
ちょっと前まで、女性の扱いってこうだったんだ…と、衝撃です。
女は結婚して家庭でしとやかにつつましく子供を愛し育むもの。
という通念が確固たるものすぎてコワイ内容となっております。
25歳のオールドミスなんていう単語があるし。
25歳って……いま、結婚してる人の方が少ないよね?

余談ですが、男女雇用機会均等法って、
1985年の制定なんですよ。ほんの最近なんですよ。

うちの両親が、すっかり大人になって子供を抱えた後に
制定されたってことか…と思うと、
うーん、こりゃ親と話が通じなくても仕方ないよなあ、と、納得。
育ってきた背景が違いすぎです。
大学を卒業したとき、当然のように実家に帰ってくると
親のほうは思ってたり、いろいろギャップがあったのですが。


えー、話がぶっとび過ぎたので、「ぼちぼち」に戻ります。

注文したビールはすぐに来ましたし、
働いている人は、みんな若くてきびきびしてて、
最初の印象は上々でした。
お好み焼きには時間がかかるとメニューに書いてあったので、
アテに頼んだ「すじ塩」は、「おっ、うまい」というほどではなく、
まずくもなく、といったところ。特筆すべき味じゃなかったです。

で。ゆっくりつまんだすじ塩を食べ終わって、ビールの杯を重ねて、
待っても、待っても、待っても、待っても、待っても、

来ないんですよ。お好み焼きと焼きそばが。

仕方なく、つまみをもう一品追加。

お店に焼いてもらうお好み焼きは、どこに言っても時間は
それなりに取られます。
だから、すぐ持ってこい!なんて言うつもりはないんだけど。
いくらなんでも待たせすぎだ。

席数とのバランスが取れてないのではないでしょうか。
こんなに時間がかかるなら、もっと小さな店でいいのに…。
待たせてる間に酒とつまみで稼ぐつもりなのかしら、と
邪推してしまいます。

もう一点、気になったところ。
奥の座敷席だったのですが、店員がまったく見回りに来ません。
うちらだけじゃなく、5組くらい座ってるんですよ、座敷に。
ビールのお代わりがしたくても、こっちを見ないし来ないから
注文のしようがない。
カウンターとテーブル席にほうに店員が集中してます。

しかたなく、座敷の誰かのところに店員が何かを運んでくるのを
見計らって声をかけますが、先述の通り、料理の出るテンポが
スローなので、店員を捕まえるのが至難です。
普通、用がなくても、たまに見回りに来たりしますよね。
店員を捕まえるために労力が要るなんて、ものすごくストレスです。
バイトがそこまで気を回せないというなら、ベルをつけてほしい。

さて。
待って待って、王子のタバコが半箱分減ったあたりでやっと
お好み焼きの登場です。
「ぼちぼち焼き、たまごダブル」
じゃじゃーん!
もう空腹と期待で、ぐわっとがっつきましたよ!

……ふつうだ…。

決してまずくはないのだけれど、ここまで待って食べたいほどの
印象深い味ではないです。

普通の時間で出てきたならば、
「けっこう美味しい!」と判断したかも。難のない味だから。
だけど、ここまで待たされた機嫌を快復できるような
極上のうまさでは決してありませんでした。

まずかったら、まずいなりに悪口がはずむんですけど、
さんざん待って出てきたのが、「ふつう」って、
めっちゃ盛り上がりに欠ける状況です。
黙々と食べました。

そして、店員に勧められた、山芋納豆焼きそば。
不味くはなかったけど
「塩焼きそばに山芋と納豆を入れた味だなあ」っていう
感想の域を出るものではなく、これも「ふつう」でした。
麺はぷりぷりしてて美味しかったけど、
あそこまで待つ価値があるとは思えないな…。

ということで、なんともしまりのない話ですが、
ふつうでなく待たされる「ぼちぼち(笹塚)」は、
たいへん「ふつう」の味でした。
あと20分早く出てきたら、美味しく頂けただろうけど、
料理の評価って、味によってのみ決まるものじゃないです。

心が満たされなかったので、帰宅してからお菓子たべちゃったよ。

« 佐藤愛子「血脈」 | トップページ | Hちゃんのこと »

02_ レストラン(外食)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/3654407

この記事へのトラックバック一覧です: お好み焼き「ぼちぼち」:

« 佐藤愛子「血脈」 | トップページ | Hちゃんのこと »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ