« からしレンコン賛歌 | トップページ | 神津島の「盛若」 »

「東京麺通団」の夜

結論。やっぱり東京麺通団は旨い。


何度もこの日記に登場している麺通団ですが、
昨日もまた親友のナオコとともに行ってきたので再登場です。

出身がうどんの旨い県なので、東京のうどんのまずさには
閉口していました。でも、今は麺通団がある!

「安くて早くて、さっと食べてパッと店を出られるのに、おいしい」
という条件を満たしたうどん屋、「生活圏」に欲しかったんです。
家からあまり遠くにあっても仕方ないし。うどん屋なんて。

たまに蕎麦屋にうまいうどんがあったりするけど、
高いのよね。うどんは400円台まで。うん。


麺通団、100円のてんぷらたちも大きくて食べでがあるし、
おでんもおでんにかける麦味噌も素朴でヒイキですが、
やっぱうどん。麺。つゆ。醤油。


基本の素材が美味しい讃岐うどん。
はな●るうどんを喜んで食べている人がアワレに見えるほど。


うどんのコシが、本物のコシなんですよ。
ただ「固いだけ」のうどんを「コシがある」と勘違いしている人、
今すぐ行って食べてみてください!

「あ、これがうどんのコシかあ!」ってわかります。
コシってのは、固さではなく、柔らかさの中にあるんです。


歯にからみつくような、ネッチリした柔らかさ。
かみ切る一歩手前の、はかない弾力。


麺通団のうどんを「思ったよりコシがない」と評しているサイトを
見るたびに「わかってねーなー」と思います。

この「わかってねーなー」は、
味のバランスのいいインドカレーのお店に、「辛さが物足りない」
などとケチつけてるヤツを見たときの感情と同じです。


固けりゃコシがあるわけじゃない。
辛けりゃ本場のカレーらしいわけじゃない。

実際に香川県に行って食べれば、
実際にインドに行って食べれば、すぐにわかることなのに。


麺通団のうどん、ホント、普通に美味しいですよ。
うどんみたいな「褻(ケ)」の食べ物は、
普通に美味しいのが一番。


「あつかけ」のおつゆは、鰹節をつかった上品関西風ではなく、
にぼしを使った、濃厚で味わいの深い四国風。

生醤油だけで食べる「しょうゆ」も、麺のシコシコが際だって佳し。
茹でたてに玉子をからめて半熟にした「かまたま」も最高です。


気の置けない人と食べたい讃岐うどん。
がつがつずるずるはふはふと。

お酒も、いいの揃ってます。
てんぷらとおでんをつまみに、どうぞ。



ただねー、ちょっと「どうかなー」と思うサービスの人もいます。


セルフだし、あんまり文句いっちゃいかんのだけど、
お酒はそれなりの値段なのよ。安くないんですよ。

それなのに、ショットグラスから焼酎をグラスに移すときに
半分も外にこぼして、平気で「はい」って出したりするからな。
少ないってば。

忙しいのはわかるけど、自分がこぼしたら、継ぎ足しなさい!

わたしの吟香露、300円分を返せー!!


« からしレンコン賛歌 | トップページ | 神津島の「盛若」 »

02_ レストラン(外食)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/4180823

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京麺通団」の夜:

» 讃岐うどん大使 東京麺通団 ( うどん / 新宿 ) [レストランのくちコミサイト 食べログ.com]
「讃岐うどんブームの火付け役」といわれる麺通団が東京に出店したセルフうどんの店。 一般的なセルフうどん店の価格よりも若干高いが、その分うどんにはコシがあり、ダシ、天ぷらの質も良い。 お店の雰囲気はシックな感じで、営業時間も深夜に及ぶので居酒屋感覚で使うのも悪く... [続きを読む]

« からしレンコン賛歌 | トップページ | 神津島の「盛若」 »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ