« 漢方薬の名前って | トップページ | 神津島 所感など »

神津島に行きました

神津島に行って来ました。
友人のチエコちゃんのところに、王子と二人でご厄介になったのです。

1泊2日、東京から開放される時間が、この上ない息抜き。
ふうー。空気がうまいっ。

00

早めに着いたので、港をぷらぷら。

釣りをしている女の子を見かけました。学校ジャージを着てます。
高校生かな?かわいいなあ。
見ると、小さなフグを2尾、釣り上げたところでした。

「ねー、かわいいフグ釣ったね」
「でもこれ、リリースしなきゃいけないんですよ。よかったら、持ってみますか?」

女の子がフグを持たせてくれました。
ぷーっと膨らむおなか。
練り消しみたいな、ぺたぺたした柔らかい触感です。ひゃー。

海に離しました。
のぞき込むと、驚くほどの透明度。魚影が見えます。
なんて美しい海。

09 (クリックで拡大)

特に多幸湾は、白く険しい絶壁が背後にそびえているせいか、
なめらかなミントブルーの海が際だちます。

雄々しく切り立ったものと、おだやかに広がるもの。
白と、澄み切ったブルー。
この世のものではないような、神々しい対比です。
こんな風景を日常的に眺めてるって、どんな感じなんだろう…。


しばらくして、チエちゃんと旦那様のSさんが、愛犬友蔵とともに
迎えに来てくれました。ひさしぶり&よろしくのご挨拶。
おおっ、友蔵、でかくなったな!大人の顔になった!

(Sさんとはチエちゃんのサイトで言うところの「のりくん」です。
おそれおおくて私はそんな風に書けないので、Sさんってことで)

01(2004/11の友蔵)
01__01(2005/05の友蔵)

チエちゃんのおうちで、おそばをご馳走になりました。
とろろそば。美味しかったー♪
料理上手なSさんが擂鉢で丁寧にあたってくれたとろろが最高。

02

昼から飲むビールもまた、最高。


***


お昼のあとは、Sさんの運転で、観光スタート。
熱海のビーチラインどころじゃなく海と接している際を走ったか
と思えば、草深い山道を上って…と、起伏に富んでます。

山道では、ヘビも数匹、見かけました。
うーん、やっぱ独特のぞぞっと来る感じがあるなあ、ヘビって。

トカゲは可愛いと思うんですけど…
足の数は多くても少なくてもダメですね。


赤崎遊歩道は、文句なくキレイでした。
整備されている木組みの橋をポンポンと渡っていきます。

03

岩場に降りました。
やどかりがいる、カニがいる、気持ち悪い虫がいる、
すごいすごい!足もとばかり見てしまいます。


途中で、うさぎを連れた女の子を見ました。
04

おとなしかったので、なでなでさせてもらいました。
とても柔らかで、ふーふーと静かに呼吸していました。


他には、おたあジュリアの十字架から見る海が印象的でした。

前回、天上山から海を見たときにもそうだったのですが、

さびしさを感じます。

感傷的な寂しさではなくて、具体的に迫ってくるさびしさ。

だって、本当に…どっちを見ても海ばかりだから。

05_

広い広い果てのない海の中に、波にひと飲みにされてしまいそうな
小さな島がポンと置いてある風景を見てしまうと、

その上にチョコンと乗っかっているのが、
なんともたよりないような、よりどころがないような、
孤独感とさびしさがヒリヒリと湧き上がってきます。


海の先にいる人たちがやたら遠く感じる、というか…。


もし、私がここに移住して、たくさん友達もできて、
子供も生まれ、本土の知り合いのほうが少なくなったとしても、

ずっとずっと島にいる限り、張りついて離れないさびしさが
あるんじゃないか、そんな気がしたのでした。



***

夕食はBBQ。
「ドンタクハウス」という施設で行なわれました。貸し切り状態。

07 (こんな設備が10以上。クリック拡大)

用意はすべてSさんにやってもらっちゃいました…。

私は、めったに浴びない直射日光でダウン。
2階をお借りして、グッタリ伸びてました。やがて熟睡。
チエちゃんと王子はテレビゲームしていた模様。

その間、黙々と肉や野菜を切って準備していたSさん…。
昼の観光案内もほとんど仕切ってくれたのに…。

百万本のバラの花をあげたいくらい感謝です。

BBQをやったことのない私と王子は勝手がわからず、
その後もすべてSさんが行なってました。反省。

08 (炭の火力ってけっこうスゴイ)

で、もちろん美味しかったです、BBQ。
最後の焼きそばまで、残さずがんがん食べちゃいました。

途中から参加した、チエちゃんの島友達minaさん+Kさん夫妻も
気持ちのよい人たちで、思ったよりずっと盛り上がりました。

minaさんの鋭い「島観察」、めちゃくちゃ面白かったです。
都会的な考え方をするminaさんみたいな人が島暮らしをするのは、
戸惑うことも不満も多いんじゃないかと思うのですが、
ご夫婦ともにパワフルで前向きで、元気をもらいました。

とてもお似合いで、こっちまで幸せになっちゃうようなカップル。
「運命の出会い(by Kさん)」と言い切るだけある(^^)

09 (私は写ってません。クリック拡大)

10月に遊びにいったときは何だかしょんぼりしていた
チエちゃんが、今回は元気そうにしてる理由がわかりましたよ。
こんな素敵なご近所さんができたなんて。

チエちゃん、ホントによかったねっ!!


***

神津島の星空は、言葉にならない美しさでした。

星の数も、空の透明度も、未知のもので、
ただ、息を飲むしかなかったです。

***


翌朝、ジェット船の出航が早まったという村内放送が。
14:20のはずが、11:50発に…って、早まりすぎ!

温泉と釣りの予定を変更し、釣りだけにしました。

朝ごはんは、Sさんの手作り。
タコめし、さんまの塩焼き、明日葉の和えもの、おみそ汁。

おいしい。おいしすぎる。
最初はちょっと香りが気になった明日葉も、食べているうちに
止まらなくなって、うまいうまいともりもり食べてしまいました。

「ちゃんとした朝ごはん」をここ数年食べていないので、感動。
実家みたいだなあ…じーん。


多幸での釣りの結果。
私はイスズミの小さいものを、王子は小フグやら熱帯魚やら3匹。
すべてリリース対象です…。

12_isuzumi (ちびイスズミだ。クリック拡大)

つまりまあ、収穫なし。ボウズ。でもいいの。
神津の海を堪能できて楽しかったから。


このときもまた、準備から片づけまでSさんに甘えてしまいました。

私にも王子にも何の義理もないというのに、チエちゃんの旦那様だ
というだけで、神津島観光親善大使+ツアーコンダクターを
務めることになってしまったSさん…。

どう表現していいのかわからないほど、感謝感激。
王子と私は、帰ってからもその話ばかりしています。

おかげさまで、神津島が大好きになって帰ってきました。

今日は、「盛若」に合うおかずを作ります。

yuugurenoumi


***


チエコちゃん&Sさんへ。
性懲りもなくまた遊びにいくときはよろしく。
次は民宿を取るかもしれませんが、遊んでやってください♪
minaさん夫婦ともまた会えるといいなあ!



« 漢方薬の名前って | トップページ | 神津島 所感など »

08_ 旅行の日記」カテゴリの記事

コメント

いつの間に、こんなに素晴らしい写真を撮っていたのだ?w
ブログの構成を考えて撮影していたと思えるほどです。
さすが、プロのライターだ。(妙に感心)

いやはや、とにかく神津島を気に入ってもらえたようで、
嬉しい限りです。

Sさんも、自分が住みたくて住みついたこの島を気に入って
もらえて、会社まで休んでお二人(+私と友蔵)を
おもてなしした甲斐があったものと思います。(^^)

Sさんに関しては、私もいつも、感心します。
仲間内でキャンプとかに行っても、一番動いているのは
Sさんです。尊敬できます、あの手際のいい奉仕ぶり。
ほんと、できた旦那様なのです。愛して止みません。
(おっと、またノロケちった)

海水浴したり、温泉入ったり、山の上を探索したり、
イカ釣りに行ったり、夜光虫を見たり、
まだまだ、やり残していることもあるので、
絶対絶対また遊びに来てね!

では!


追伸:友蔵、写真を並べると成長してるのが分かるね。
   わが子の成長を、このブログで感じるとは。(T-T)じーん。

以前群発頭痛の件でコメントさせて頂いた052です。
群発保有の方を見つけるとついついコンタクト取りたくなってしまう癖で突然のコメント失礼しまいした。
がしかし再びお邪魔させて頂きます。。

神津に渡られていたようですね~自分にとっては神津は全く未知の島なのですが、以前自分が大変にお世話になった方が現在神津に居ると噂を聞いていたので、リンクされてるプログ様を拝見させて頂きました…

・・・驚きました!
BBQを囲む画像の中に自分の師匠K氏が居るでは有りませんか!!本当にビックリです!!画像を見る限り当事と変わらないテンションに彼のパワフルさがよみがえりました!!彼が長野でバリバリ活動してる時は本当にお世話になっておりました。。。

群発保有の方とWEB上で出会うなんて奇跡ですが(自分のサイト外で)まして自分の師匠とも繋がりが有るなんて更にミラクルです。。

っと今回もたわいも無いコメントをつけてしまいました。お許し下さい。

楽しすぎる時間を本当にありがとう。
王子もしおりちゃんもまっすぐな人たちで、心地よい時間がすごせました。
ひとつ付け加えると、先に「運命の出会い→運命の人」と思い込みアクションを起こしたのは私のほうです(笑)。
そんな話もおいおいしましょ。
また島に来るときには、海のコーディネーターをKにさせてやってください。

>052さん
はじめまして。
Kのことを知っている方とこんなところで出会えるなんてうれしすぎます。
師匠ということは…同業者?お客様?
何はともあれ、早速Kに話しちゃいます。
連絡いただければうれしいです。

>チエコ様
S氏には、本当にお世話になりました。
チエちゃんたち、前に行ったときより夫婦っぽかったよー。
東京にいたときよりずっと濃密に二人で暮らしているから、
仲がよくなるのかもね。(仲悪かったらやっていけないか)
まさかチエちゃんから愚痴ではなくノロケを聞く日が来ようとは、
東京時代には思いもしなかったよん(^▽^)

友蔵は成長してました。前はホントにパピーって感じだったもの。
足が短くて、頭が大きくて、ちょこちょこしてたよ。

今年の夏は無理だけど、神津にはまた行きます!

>mina様
minaさんのほうがアクションを起こしたんですか?
うーん、うちと一緒だ(笑)

私も、「この人だー!」と思ってストレートに行きました。
チエちゃんがそのへんの事情には詳しいです。
王子を落とせるかどうか「賭け」をしたこともあります。

でもminaさんが惚れるのもわかりますよ!
Kさんがいるだけで、場の雰囲気が変わりますからね~。
ホント、すごい人だと思います。

次はダイビングでお世話になりますよ♪

>052さん
いらっしゃいませ!
私はまだ寛解期なので、普通に生活し、お酒も飲んでますよー。
来年が怖いですが…。

しかし、この偶然にはビックリです!

Kさんとは会ったばかり、群発を発症したのもたまたま、
052さんがこちらを見つけてくださったのも偶然だし…
嬉しいサプライズでした。

いやー、しかし、世間って意外に狭いですねえ。
気を付けなきゃ…(なにを?)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/4069679

この記事へのトラックバック一覧です: 神津島に行きました:

« 漢方薬の名前って | トップページ | 神津島 所感など »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ