« トビウオ | トップページ | 漢方薬の名前って »

レシピ:ラムチョップ焼き

仕事がライトな修羅場を迎えまして、
朝の5時までデスクに向かってました。眠いっす。

でもそれも終わったのよう!いやっほーぃ!

あとGW中に終わらせなきゃいけないのは、
文字数少なめの原稿が2つだけ。うっほうっほ♪

今日・明日中に片づけます。なせばなる!書けば終わる!


で、昨日は修羅場の中でささっとごはんを済ませました。

夕飯の献立。

ラムチョップのパン粉焼き。
付け合わせはホワイトアスパラのオランデーズソース。

lamb01  lamb02

素早く食べられてスタミナがついて美味でローカロリー、
っていったら、やっぱ羊かなーなんて。

レシピです。

ラムに塩、こしょう、クミンを振って15分ほど置いたあと、
すり下ろしたにんにくと粗みじんにしたパセリを塗って15分。

パン粉に少々の粉チーズとオリーブオイルを揉み込んで
しとらせたものを、ラムの上にたっぷり載せて、
180℃のガスオーブンで25分焼く。

にんにくやパセリはパン粉に混ぜず、肉にダイレクト・オン!
クミンは羊にすごく合います。ホントに。

もう、めちゃくちゃ美味しかったことといったら!!
肉厚でジューシーなラムからしたたる血液の旨味。
やわらかくて、でも弾力のある歯ごたえもこたえられません。

トップノートは、にんにくとクミンの香り。パン粉の香ばしさ。
ついで、パセリの芳香。
舌を包むのは、豚や牛よりさらりとした水溶性の肉汁の甘さ。
そして最後に、かすかに鼻につく、ケモノらしい羊のにおい。

あー肉を食った!って感じです。しかも、羊さんはもたれない。

白アスパラはスーパーに売ってました。季節ものだしね。
塩ゆでしただけです。

オランデーズソースは、卵黄・溶かしバター・レモン汁・
白ワインビネガー・塩で作るマヨネーズソースのようなもの。

卵黄とワインビネガーを60℃くらいで湯煎しながら混ぜ、
少しずつ溶かしバターを入れ、もったりするくらいまでホイップ。
仕上げにレモン汁で香りと酸味を添えます。

分量は適当。今回は卵黄2個使いました。

アスパラはもちろん、ブロッコリなど、温野菜全般に合います。

あまったオランデーズソースを、今朝は
パンケーキに載せた半熟ポーチドエッグにかけて食べました。

エッグスベネディクトのばったもん。
でも美味しかったですよ☆



« トビウオ | トップページ | 漢方薬の名前って »

03_ うちゴハン(レシピ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/3993863

この記事へのトラックバック一覧です: レシピ:ラムチョップ焼き:

« トビウオ | トップページ | 漢方薬の名前って »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ