« ただいま!です | トップページ | 映画「運命じゃない人」 »

宮古島 1日目

12:30頃に宮古空港に到着。レンタカーをもらってスタート♪

昼食に丸吉食堂を目指すも、休業中。
ここの「宮古すば」が大好きなんだけどなあ。
どうしてもすばの気分だったので、古謝本店へ。

宮古すばは沖縄すば群の中ではあっさり目なんだけど、
古謝本店は中でもかなりのあっさり派(丸吉はにんにくこってり派)。

澄んだ鰹出汁のさっぱりした味わいが、王子は物足りない様子。

ふふふ。それは古謝本店の真の力を知らないからよ。

ここのすば(めんどいから以降「そば」)はねー、
泡盛をしこたま飲んだあとに食べるとすんごくウマイのだ!

滞在中、泡盛後にまた古謝本店を再訪すると心に誓いました。


一端ホテルに行き、チェックイン。
シュノーケルセットを持ってビーチへ車で繰り出せGOGO!

01_miyako_heya
(部屋から眺める海。超オーシャンビューでおなか一杯)

宮古島はフラットな島なので、あちこちにビーチがあります。
有名ではないところも入れると、数えられません。
なんせ、勝手に道路から海へと分け入っていくと、
そこが天然の素晴らしいビーチ!みたいな島なんですよ。

初日ビーチ: 吉野海岸

データ: 東平安名崎よりやや北の沿岸部。遠浅。

コメント:
写真を1枚も撮ってないのが残念無念でならない、
ブルーのグラデーションが素晴らしい遠浅のビーチです。
ビーチからすぐのところには、珊瑚が巨大な群れをなしています。


観光客が多いビーチではありますが、宮古島の「多い」って
こういうことなのかしら…三浦海岸を見せてあげたい…という程度。
あっさり目で数えられる人数がぱらぱら泳いでおりました。


関東の砂浜は灰黒いので、輝くような白い砂浜に
王子は大感激の模様。砂の質もサラサラです。

参考1
参考2
参考3


なんだよ浅いなあ、引き潮の時間だったのか、
魚いるのかよこんなに浅くて…と思いきや、
深さ30センチのところにうじゃうじゃいるわいるわ、

おまけにみんなで餌付けしてるから魚が人間を舐めてて
どぅわーっと寄ってきます。うわわわわっ。

水族館の水槽にダイブしてもこんなにいない。

参考はこちら。
↑誇大じゃなくて、本当にこうなのだ!!

…食われるかと思いました。
もしこれが全部ピラニアだったら私は秒で白骨化してますね。


間近で色々な魚を見られたのは楽しかったし、
海の透明度も素晴らしく、それは美しかったのだけれど、
魚の無防備さが不自然で、ちょっとだけ気持ちが悪い。

やさぐれた夜店の金魚より簡単に掬えちゃうよ、こんなの。


でも、まあ、王子は 「沖縄ってすげえ!こんなの初めてだよ!」
と大興奮してくれたので、よし。

今回は王子にとって初の沖縄なのです。

好きな人を、好きな場所に連れて行くのは、少しだけ緊張します。

王子に沖縄を好きになってもらいたい。
それが、「1年1沖縄」が習慣である私の、この旅の目的なのです。

02_miyako_sunset
(夕日。山がないので、ぐるり360°の空と地平が、絶景)


***


美しい海と熱帯魚を満喫し、王子沖縄化計画の
滑り出しは快調!だったのですが…。

夕食。

ガイドブックに載っていた旨そうな宮古牛の写真と言葉に惹かれて
予約した店に入った瞬間、うーむむむ、イヤな予感がびびびっと。

酒徒さんの言葉を借りるなら、これは…
まさしく「きゃぴっと系」だ!


名前は、「炙●屋」(店名伏せ字。ワケはあとで分かる)。
足下でブラックライトが光る今風ダイニングで焼肉もやってます、
みたいなナンチャッテ感に、もうカラータイマーが点滅しっぱなし。

やばい…こういう店の炙りは絶対にやばい…。
ぴこーんぴこーん。


とりあえず、控えめに注文。

うみぶどうともずくの酢の物。
…にんにくが多すぎ。撃沈。
全くプチプチしない海ブドウは初めて食べた。不気味だ。

ゆし豆腐とアボガドのサラダ。
…ドレッシングがキツくて豆腐の味せず。
せっかくのゆし豆腐なのに…大好物なのに…。


宮古牛の刺身。
03_miyako_sasi

おっ、ピンクできれい、よかったよかった、と思い、
ぱくりとお口に入れたらば、ぐにゃぐにゃぐにゃ。

なんの味もせず、ただぐにゃぐにゃする、ガムのようなお肉に
顔を見合わせる王子様とわたし。
盛大にサシが入っているのに、なぜトロケないのだコイツは?


気を取り直して、和牛の上カルビ1000円以上のお値段。
04_miyako_gyuu

これは数枚食べたあと、あわてて写真を撮ったもの。

見事なサシ!…なのに硬い。
ぐちゃぐちゃ噛んでもいかんともしがたく残るスジばった何か。
しかも無味。
しかも炭がよろしくないのか、イヤな感じに煙くさい。
というか、煙の味しかしない。


宮古豚のバラ。
05_miyakobuta

サシとかいう問題じゃなく、9割が脂身という思い切った肉に
なんだか感動。
こういう肉は、焼肉以外の使い方をしたほうがいいんじゃないかな。

勇気をだして1枚焼いて食べた王子は、
「…これ、ゆーきちゃんは食べちゃダメ。見たまんまだから。
しかも脂が煙を吸って酷いニオイになってる」 と、箸を置きました。


いつも、どんなにおなかいっぱいでも、ご飯を残さない王子。
くいしんぼうの王子。

「腹が減ってて、目の前に肉があるのに、こんなに残したのは
初めての経験だ。とてもつらいが、これ以上は食べられない」

と悔しそうにしていました。
結局、焼肉はほぼ手つかずのまま…。

心は痛みますが、ガス臭い煙を吸った無味の肉って、
想像以上に舌にも鼻にも不愉快なものなのですよ。
咀嚼できません。


王子の沖縄の評価、急降下。
なんてことしてくれるんだ、「炙り●」!!
うまかったのは泡盛だけかよ!!


食の不満を抱えて凶悪な目になっている王子と街をそぞろ歩き、
2件目に入りました。

お店の名前は、「わん」。若い人で賑わっています。

ハンパにおなかがいっぱいなので、
ゆし豆腐と、スーチキを注文しました。

ここで、やっとこさのヒット!
06_miyako_yusidofu


できたてアツアツのゆし豆腐は、醤油なんてかけなくても、
ほんのりした塩気があっていくらでもしゃくって
食べてしまえます。あああああ、美味しい美味しい。

高価な肉でも満たされなかったものを、
シンプルな豆腐がじんわり癒してくれます。
食材に貴賤なし。あるのはウマイかマズイかだけ!
どんぶり1杯を争うように完食しました。


スーチキは私の大大大好物!!!
宮古に来たら滞在中何度も食べます。
07_miyako_suchiki


塩を揉み込んで貯蔵した皮付きの三枚肉のカタマリを茹で、
スライスしたもの。酢醤油などで食べます。

沖縄本島だと、茹でたあと焼いたりするみたいだけれど、
私は宮古流の、茹でただけのスーチキが大好き!

これでゴーヤスライスを巻いて食べると、
滋養が身体中に染み渡っていく気がします。

宮古島の豚は美味しいなあ…この皮のプミプミも最高だ。

皮付きの沖縄豚と沖縄の塩で作らないと美味しくないんですよ、
スーチキは。 シンプルなのになかなか手作りできません。

だからこそ、またすぐに来たくなるのかもしれませんけどね。


やっと満足して宿に帰りました。
しかし短い滞在中、食で失敗するのはもうイヤだなあ。

ということで、明日はお気に入りのお店に行くことにします。
何度も来ている、宮古島といえばここ!という居酒屋。うふふ。


星を見ながらホテルに帰りました。
久々に太陽光の下で泳いだ疲れもあって、
二人とも、ろくに話もせずに爆睡。


ちゃんと体力を回復しなきゃ。
明日は船に乗って、世界最大級の珊瑚礁である
八重干潮(やびじ)シュノーケルツアーですから!


たのむ、天候よ崩れないでくれっ。
エロイムエッサイムー (←間違ってます)。


« ただいま!です | トップページ | 映画「運命じゃない人」 »

08_ 旅行の日記」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさい。きゃぴっと系@宮古島、笑わせてもらいました。旅先での一食は貴重。ほんとどうしてくれるんだって怒りたくなる気持ちには全く同感です。

「牛肉はトロより脂の融点が高く、生で食べるのに向かない」と、海原雄山が言ってた気がします。

二日目の居酒屋も、楽しみにしてますねー。僕自身は海水浴に別れを告げて早十年以上、宮古島に行くことなんてあるのかって感じではあるのですが。

仙川にお引越しですかー・・・節約は無理でしょうな(笑)

>酒徒さん
そうなんです旅先の1食は貴重なのです。ふんとにもう。
値段的には約半分の、笹塚にある焼肉店の牛刺のほうがうまかったですよ。
肉そのものが無味、っていう経験は、韓国料理屋で
ポシンタンを食べたとき以来!!…あの煮込まれた犬肉も無味だったなあ…。

宮古島はおすすめですよ。海や空のブルーが『絵はがき』すぎて笑えます。すんごい絶景です。
いや、酒徒さんにはこう言ったがいいか。
「島で飲む、島の泡盛は格別ですよー!」

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/5011719

この記事へのトラックバック一覧です: 宮古島 1日目:

« ただいま!です | トップページ | 映画「運命じゃない人」 »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ