« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

猫、落ちてないですか

猫を拾いたいのです。


猫、落ちてないかなあ。

いままで、一人暮らしにペットは足手まといな気がして、
飼う気がしませんでした。
動物は好きなんですけどね。


中学のころから実家で犬を飼っていまして、
これがジャニーズ系の顔した、かーわいいビーグルなの。
ちょっとお爺さんだけど、まだ元気にしてます。

愛しくってかわいくって、
長いおみみをハムハムと噛んだりしてました。
かわいいかわいい。犬はかわいい。


実家だったから、旅行のときなどは
ウチの従業員さんに面倒をみてもらえてよかったのですが、
一人暮らしだと留守にするときがかわいそうでしょう。
特に私はすぐにどっか旅行にいっちゃうタイプだし。


でも、ライターを始めまして、週の半分は家で原稿を書いているし、
せこい仕事で忙しいので、旅行なんて年に2回くらいしか
行けなくなっちゃったんですよ。

年に2回のことならホテルに預けてもたいした金額じゃない。
旅行期間も、昔みたいに2〜3ヶ月に渡ることもないから、
そう寂しい思いをさせずとも済む。


で、猫です。


うち、たてまえ上はペット不可なので、毎日散歩させなきゃ
いけない犬だと、ちょっくら気まずいんですよ。

2世帯しか入れない超ミニサイズのアパートで、
大家さんがここに住んでいないので、
別に平気だろうことはわかってるんですけど、なんとなくね。


私の中では、猫とか犬って金を出して買うもんじゃないので、
どっかから拾ってきたいのですが。
落ちてないんですよね、このへんに。

昔のウチの地元なんて、毎年毎年捨て猫がしょっちゅう
ダンボールに入ってたけどな。


「里親募集中」サイトからもらうには「たてまえ上のペット禁止」が
ネックなので、自分で拾うしかないのです。
堂々と飼えるなら、とっくに里親サイトからもらってるよー!


落ちてないかなー、ちっちゃい子猫。
生後2〜3ヶ月くらいが希望なんだけどなー。

猫が赤ちゃんを産んじゃって困ってる、もうこの際若崎でもいい、
という方、チビ猫をゆずってください。

贅沢はさせませんし、猫中心では暮らしませんが、
猫相応に、そこそこ大事にします。

へっついに押し込んだりはしません(笑)


おいし…くなかった

予告通り、新宿御苑から徒歩2分のところにある
支店の東順永に行ってきました。


安いんだけど、うーんうーん、あんま美味しくなかったね。


ガツを紅油で和えたものや乾豆腐はそこそこおいしいんだけど、
お皿の途中で飽きちゃう感じ。
塩気がかなり強いし。


水餃子は本店と同じくモッチリした皮で食べ応えあるんだけど
ちょっと具がしょっぱすぎないかな?
塩の刺激が突出した味。
いくらタレを付けないで食べるとはいえ…。


最近、東順永本店に行ってないんですが、そっちも変わったのかしら。
羊のしゃぶしゃぶも水餃子も、おいしかったんだけどなー。
支店だからダメだったのかー??

(そーいやササヅカの某チャイナ支店、まったく行かなくなりました。
最初の2週間くらい通って終わってしまいましたな)

久しぶりの外食だってのに、ストレスためちゃったぃ。



節約に飽きたの!!

あーもー節約に飽きたあああああ!!!!


酒徒さんの日記なんて読んでると、
「うがーっ!」と爆発しそうになります。

そりゃ、ウチメシも美味しいよ。
昨日は王子様がクラムチャウダースープを作ってくれて、
それはセロリの香り高い逸品でしたよ。


でもねーでもねーでもねー、やっぱお外で飲みたいの。
美味しいお店でぼんやりしたい。


一人で飲むのって、退屈でもなんでもなくて、
なんか頭の中が満ちているような、α波が出ているような、
そんなリラックスタイムなんですよ。
気を取られる要素がないぶん、ものの味もクッキリわかるし。
お酒の味もしみじみわかるし。


今日は16時半から新宿で打ち合わせだし、
久しぶりに東順永に寄って帰ろうかな。
干し豆腐…セロリと湯葉…ガツ…何から食べよう〜♪


(でも一番行きたいのはオステリア・ナカムラ。
でっかいお肉をグワシっと食べながらワインを飲みたーい!)


結婚式でした。

王子の妹さんの結婚式に出席しました。

やっぱりいいなあ、結婚式…出席するの大好き。


今回みたいに、おしゃべりできる相手が王子しかいないような
メンツでも、やっぱりホンワリと幸せ。

私はなんというか…恥ずかしいことを言い切っちゃうと

「結婚のしあわせ」を信じているんですよ。
(バツイチのくせにーと言われそうですが、それでも)


王子ともねー、うまくいくことばかりじゃないし、
泣くほどケンカしたり心の中で激烈に罵倒したりとかさ、
別れる、もー別れるッ!!と決心したり家出したり、


でも、やっぱり、恋人どうしや、同棲カップルのころにはなかった
「幸せな面倒くささ」がありますよ。
コドモができたら、
きっともっと「面倒くさくて楽しい」んだろうと思います。


面倒くさいのはカンベンして、いまは自分のことで精一杯よ、
という人にすすめる気はありませんけど、

「面倒くさい」っていうのは、「楽しさ」とか「しあわせ」の
反対概念じゃないよ、というのは控えめに唱えておきたいの。


結婚なんてしたら「面倒くさいこと」が私の楽しい生活を
侵食するんだわ、なんて臆病にならなくってもいいんじゃん、と。
(もちろん、ムダに面倒なことは排除していきたいものですが!)


「面倒くさくて幸せ」「面倒くさくて楽しい」を経験してから、
少なくとも私の場合は、ですが、

ぺろんとした、自分の手の中にすっぽり入りきってしまう、
自分だけの力でコントロールできるサイズの平穏や平和は
味気ない気がしてきたし。


だからね、親の仇のように「だって面倒くさいじゃん!」って
かたっぱしから面倒くさいご縁を拒否しなくても
だいじょうぶだよ、って。

(あ、でもこの世には「成長したくない」って人もいるかもですね、
あんまりそういう人を視野にいれて書いてませんが)


まあホントにダメだったらやりなおせるわけだしさー、
ってことも含めて、
妹ちゃんに「結婚おめでとうございます」。

お互い、幸せになろうぜ!


ワカシが安いぞ!

夕飯のおかずに、京都でとれたワカシを買ってきました。

30センチくらいの大きさで、
ハムのようにゴロンと太っています。おいしそーぅ。

1尾200円は安いじゃないか(1尾で充分だし)。
旬の魚、バンザイです。


さっそく頭を落として3枚におろし、ヅケにしました。
タッパーに入らないくらい大振りの身です。
今日はこれに大葉と小ネギと胡麻をちらしてヅケ丼♪


のこった中骨と頭は、汁物に。
頭はエラぶたを手で取り除いて(血なまぐさいから)、
縦半分に裂きます。

んで、酒と生姜で軽く煮て、薄口醤油で味付け。
鯖ほど臭みもなく、美味しい汁ものができました。

あとは野菜で副菜を2品くらいつくればいいかな。

一人暮らしで料理したときは、水陸にかかわらず、
蛋白質で出来ている酒の肴ばかり作ってました。
もーいかに酒を美味しく飲むのか?っていう観点しかなくって。

自分以外の人に夕食として食べさせる場合は
栄養のバランスをめっちゃ考えるから、私も助かっています。


しかし、これで200円か……本当に旬の魚ってステキ。
ただいま家具を買うために熱烈節約中なので助かります。

(家具って妥協点が難しいですよねー…。
やすっぽい突板はイヤだけど、無垢板でもナチュラル過ぎるのは
ダセーと思うし、デザインコンシャスで無垢板で…とか考えてると
目玉が飛び出る価格になっちゃうし。
で、結局イデーとか見てる自分がいるんですよね…)


別にリブじゃないんだけどね。

うちの王子様は、飲みに行くと絶対に意地でも携帯電話に出ません。

「男が飲みの席で(妻からの)携帯電話に出るなんて格好悪い」
みたいな「無駄な見栄」のにおいがぷんぷんしちゃって、Yuck!
毎回毎回毎回いーかげんにしろ。
おしゃべりしたいんじゃなくて、用事があるからかけてるんだ。

(面と向かって言うと小理屈をこねるので、ここに書いてみました)

無駄な見栄といえば。


今週、40代なかばの知人と王子と3人でお酒を飲みました。

いい人なんですよ。親分肌で面倒見がよくて、話もうまい。
ライターの仕事を紹介してもらったこともあります。

(その面接の席で素直に回答してたら、あとで
「もっと嘘ついて巧いこと言えよ」という注意をされたので、
二度とお願いすることはないんですけどね)

の、ですが。

ちょっとびっくりしたのは、
「オレは自分のパンツの場所を知らないんだ。
女房が毎回、風呂上がりに下着と寝間着を用意してくれるから」

みたいな話を、そりゃあもう自慢げに、「うらやましがられること」
として話していたこと。

こ、こんな身近に、しかも普通につきあっている人のなかに、
まだこの手の人種がいたのかあッ!

「…大の大人が、自分のパンツの場所すら知らないって、
けっこう恥ずかしいことですよ?」
と、言っても無駄だろうから言わなかったけどさ。

いや、夫婦間のプライベートな約束ごとに
口を出す気はありませんよ。

それでお互いが満足しているならいいことじゃないですか、
風呂上がりに下着を用意しよーが、どんな体位でセックスしよーが、
お好きにすればよろしいわけで、ハッピーなのが一番よ、
と、思うんですけど。


ただ、「下着の場所を知らない」ってことを
「わざわざ人に自慢するよーなことだと思っているメンタリティ」
がイヤなだけさ。


まあ、でも、この人は40歳なかば過ぎで、
男女雇用機会均等法もなく、女は処女で結婚するのが
当たり前だった時代に社会に出たお方なわけだし、
もう、こういうことについては別にいいんだ、どうでも。
それ以外ではいい人だしさ。


問題は、それを聞いて
「いいですねえ。オレなんかいつも自分で用意してますよ」
と、うらやましそうに言っていた王子。キミだ、キミ。

あとで聞いたら、「そりゃやっぱそういうの理想だよ」とか
ほざいてたしな。
「ゆーきちゃんは仕事してるんだから、しょうがないよ」とか
ぜんぜん的はずれの慰めを言われてキレそうになったぜ。


ご飯の用意や掃除をしてほしい、というのはわかるんだけど、
下着を用意するのって、ちょっと…なんか…次元が違だろー。

私だったら「キモイ」と思う。そこまで誰かがしてくれたら。
むしろ積極的に「オレの下着にさわるな」と言いたい。


料理や掃除などの「大人でも労力のかかること」を
代ってくれるのは、とても助かるし、素直に嬉しいよ、私だって。


でも下着の用意って、3歳児でもできることだよね?
あかちゃん扱いを嬉しがるような「性癖」を持つ人、
という目でしか見られないっす…。

(そんな簡単なことで喜ぶチョロさが可愛い、とか思うべき?)

なんなら靴下もはかせてあげよーか?
ごはんもアーンしてほしい?
トイレの後にふきふきしてあげまちょーか?


そこまでのイヤミを飲み込んだのは、現時点では王子が
ゴミ出しとか夕飯の後かたづけとか、
いろいろやってくれているから。

「共働きだからね」と言ってくれる優しさには感謝しているけど、

(つーかなんで女は男が家事をしたら感謝しなきゃならんのだ、
逆だったらここまで感謝するかいな、という問題もあるんだけど)

もしあかんぼができて私が仕事を中断したら
育児プラス料理や掃除はいいとして、

どこまで要求されるんだろー…
こどもが二人に増えるのはカンベンだよホント、と、不安。



(((;-д- )=3ハァハァ

忙しいです。


雑誌の校正(編集をちょこっと手伝ってる)と、
他誌やウェブマガジンの〆切がどだだだだと重なってて、

なんつーかもう、


うおー!


と、吠えたい気分。


昼を食べるの忘れてたー。

つーか飲みに行きたいー。




秋刀魚の鮮やかなオレンジ

秋刀魚を食べました。塩焼きで。

生の刺身用だったのですが、いかにも塩で焼いて欲しそうな、
焼けばアブラがブチブチとつぶやきながら弾けそうな、
神々しいばかりのお姿でした。

もう、太くておっきくて、さわるとズッシリした充実感があって、
「いやん、こんなに入らない♡」
とゆーくらいご立派なものなのです。秋刀魚の話ですよ。


もうちょっと待つともっとアブラが乗るのかな?とも思いますが、
でもまあ普通に美味で、やっぱり1尾を食べきるのはキツかった…。
半分コでよかったなあ。

ところで、秋刀魚の内臓から
大量の 蛍光オレンジ物体 が溢れ出てきましたが、


あれってなに??
いつもあんなん出ないよ???

なんか、養殖もののエサ?????


ちょっと気持ち悪かったの… ( ̄ロ ̄lll)オレンヂヨー






余談:
つけあわせはキャベツとキュウリを塩で薄目に漬けて、
ギュッと絞ってからオリーブオイルと刻んだ大葉と生姜を混ぜ、
よーく冷したもの。
口中サッパリなので、和風のあぶらっぽいものに併せてどうぞ。
おすすめですよ。

あと、湯むきしたトマトを、
薄口醤油ひかえめ、酒と砂糖少々の鰹出汁で
グラグラ沸騰しない温度で煮てから出汁ごとキンと冷したものも、
端麗系の冷酒に合うし、和風の動物系おかずと相性いいです。
肉を食べた舌の上をキレイにリセットする味、というか。


私信:
Uちゃんへ。あなたが出汁トマトを美味しく作れなかったのは、
薄口醤油じゃなくて普通の醤油を使ったからです。
「持ってないもん。つーか何それ」って言ってたけど、
キミは吸いものや炊きものも真っ黒い醤油で作ってるのか?
「じゃー買ってよ」って言ってたけど、意味不明すぎます。


他愛ない日記です

恵比寿で、最初の会社の同期女子たちと
ランチしてきました。


昼からワイン飲んでピザ食べてデザート頼んで

2キロくらい太ったかもしれんが幸せ。


しかし椅子が硬すぎて、ただいま腰が痛くてなりませぬ。
(長時間居座りすぎたか…)

同期のひとり、150センチくらいしかないカヨちゃんという子が
すんごいでっかいバイクで来てました。

アメリカンタイプの無駄にでっかい姿が、
もーかっこよくって、一目惚れ。


めっちゃうらやましくなっちゃった…免許取ろうかなあ…。


王子の誕生日

今日は、王子の誕生日でした☆


これで我が王子様も、いよいよ30歳です。

年を重ねたことではなく…
この日を、健康に、息災に、たいした不幸もなく無事に
迎えられたことを心から祝福したいと思います。

あなたが生まれたことを、あなたの両親にも感謝したい。
(と、同時に許せないけどね。できれば私があなたを産みたかったよ。
↑愛情ってつきつめるとそこまで行っちゃう気がします。やっかいね)


しかしあれですね、
「あと一週間で三十路だねえ」と私が言ったときに、
「…そんなことはさせん!」と答えていた王子様ですが、

やはり時を止めることはできなかったですねー。


ま、30歳で悩んだら、次は40歳まで悩まなくていいんじゃない。
男はその点、うらやましいよ。
だんだんいい顔になっていけるしね。
(いや、人によるか…)

女なんか、20代の1年1年の意味(商品価値)が重いんだからぁ。
言ってもしょうがないことなんで、あんま気にしてないけど。



今日は、王子の希望により、家でごはん。
いつもの7倍の材料費をかけて、豪華ディナーを作成しました♪

合わせたワインも、ちょっとびっくりな上物ですよん。高価。
(私の大好きな銘柄。白。辛口なのに、香りは甘いの。
知りたい人はメールくだされ)


喜んでくれたかな。
とりあえず美味しかったですが。


また1年、よろしくお願いね、王子様。
王子の30代に光あれ! (byドラクエ)


不自由じゃないですか

初期の抑鬱と過労をこじらせているカナダさん

(紹介:
有楽町勤務のSE。
文京区P社にて共にローソン案件を戦った友人。
ちなみに私の結婚披露パーティでは私に先を越された
悔しさのあまり「若崎さんなんか不幸になればいいですね」
と放言した(当然殴った)。
4年前、男しかいないウルトラ激務の会社に転職したため、
結婚願望が強いのにずっと彼女ができない気の毒な人) に、

「久々に飲みましょうか、こないだ流れちゃったし…」と
メールを送ったところ、瀕死の返事が。

仕事が忙しすぎて、
休めない帰れない眠れないのないないづくしのようです。

かーわいそーに。
そーいえば私もSEのときは一時期そうだったなー…

(そしてやっぱりカナダさんと同じく、過労と抑鬱をこじらせました。
具体的には
・過労時は体調を崩し自律神経失調症になる
・ヒマな案件に行くと存在意義を見失って抑鬱になる

というどーしよーもない負のスパイラルにはまってしまった。
自分でなんとかするしかないんだけどさ)。

それにしても、つまんない。


男性の友人は、たいてい「仕事」で疎遠になる。
女性の友人は、たいてい「男」で疎遠になる。


今、よく会っている女友達の中には、たまたま彼氏がいないから
遊んでくれるのであって、彼氏がいるときは冷たいタイプがいます。


世話焼きだから毎日ごはん作りたい、
彼氏に「若崎と遊ぶな」と言われると守っちゃう、
土日はベッタリだから一人で外に出ようとしない、
たまに飲んでも「家で待ってるから…」と9時には帰る、


もーつきあって1年以内だったら大目にみるけど、ずーっとそれじゃ
友達なくすよ、すっごく大変よ結婚したら!
だいたい「若崎と遊ぶな」って、彼女の友人関係に口を出すなんて
そんな男は最低じゃ!
家で待ってるから、って、あんたの男は何歳だ、コドモなのか?

と、言いたいけど言えませんよね、恋人の悪口を言うとたいていの
友情はぶっちぎれますからね。

そういうときはもちろん、他の人と心ゆくまで陰口をたたきます。
(心の中で「本人に伝わりますよーに」と思いつつ←質が悪い)


私自身はそんな女にならないように気をつけてるんですけど。

そんなに自分の時間を相手とか仕事とかに預けちゃって、
苦しくならないのかなあ。不自由じゃないですか?


なくしものは何ですか

えー、 言い訳になりますが。


宮古島の記事をアップしてないのは、忘れてるからではなく、
写真がないからです。


CDに焼いてたのに、引っ越しのドサクサでクソミソに散らかった
部屋から、そのCDを救出できずにいるのさ。


引っ越しのときって、なにか一個だけなくすんです。いつも。

大切なもの、気をつけているものは、なくさないのですが。


慌ただしくてバタバタしている心の隙間に、ちょうど嵌るようなもの、

基本的にどうでもよくて、でも、ちょっとは必要なもの、

そういうものを、隙をついてフッとなくすんですよね。


今回は、それが宮古島フォトCDだったようです。
毎度のことながら、「なくしもの」として絶妙のセレクションだわ。

ドコを撮影するのかな?

ヨモギ蒸しの件です。


別に、そんなに熱くもならず、使用感はよかったですよ。
さらさらした汗をいっぱいかきます。
翌朝の寝覚めも悪くないですね。


フェイシャルに使うと、顔のべたつきを抑えられてなかなかでした。
強烈には勧めませんが、買ってソンはありません。


さて。

ヨモギ蒸しで、人体実験ぽい、などと言っていた私は
とっても甘ちゃんでした。


次回の美容レポ、なんと……なんと……


コーヒー浣腸。

どのシーンを撮影すればいいのかな。
誰か教えてクダサイ…。



ネット復活!

引っ越しました!


んで、やっとネット環境が復活しました!


この間、ずっとマンガ喫茶で仕事をしていた私です。
(ネットがないと出来ないお仕事だったので)

一日8時間くらいこもってて、なんだか既に 出勤 です。


お金を無駄にしないよう脇目もふらず仕事してましたので、
自分のサイトも5日ぶりに確認しました。


いやーでも6時間1500円は安いですよ。うん。マン喫ばんざい!


仙川よいとこですね。


レピシエの大型店舗が嬉しい。
カルディコーヒーファームのデリも超!うれしい。ランチ最高です。
マザーリーフもあるし♪


おいおい、美味しいお店などアップできたらと思います。


※MSN健康チャンネルで「噂のダイエット」記事を書いてます♪
 お暇だったらどーぞ。


手づかみで、食べたいの

ごはんの、いちばーん美味しい部分を味わっているのは、
いったい、どーこだ?


舌? ちがいます。
くちびる? ちがいます。
口蓋? ちがいます。
のど? …ちがいます。


それは、お箸。


…というような内容を、佐野洋子さんのエッセイで読んだとき、
目からウロコが落ちました。

表現は全然違うし、ごくさりげなくサラリと出てくるのですが。

(佐野洋子さんについての熱い思いは、文末の「余談」を参照)


でね、インドに行ったときに思ったんですよ、うわーホントだ!って。

カレーをごはんに混ぜて、3本の指で口にはこぶ。
指がもう味わってる、唇よりも舌よりも食感を感じ、温度を感じ、
お腹がグゥと切なく鳴く。 この、快感!


手づかみで食べる美味しさ、知ってる?

おにぎりや、サンドイッチ、ピザ、ハンバーガーなんかの
手で食べるためにある食べ物だけじゃなくて、


カレー、チャーハン、やきそば、スパゲッティ、
鶏のまるやき、焼き魚、ひじきのにつけ、ラーメン、

手で食べる文化からはみ出したものだって構わない、
手づかみで、食べてみる。

あぶらのまわった米の固さ、野菜の芯のみずみずしさ、
焼き魚のほっくりした熱さと繊維のやわらかさ、
ひじきの煮付けが意外に水分を多く含んでいること、

すべてがダイレクトに伝わってくると、日頃は眠ってしまっている、
味覚のどこかのスイッチが、カチンと入る。 おーいしい!

「オレの見てるまえでやらないで」

王子からは釘を刺されているから、王子の留守を見て、こっそり。


いちばん美味しい部分を、お箸になんか、
ほんとはいつも、あげたくないの。

※余談
私は本当に、心底、佐野洋子さんが大好きです。
「博士の愛した数式」の小川洋子さんじゃなく、
谷川俊太郎氏のもと奥様であった、絵本作家の佐野洋子さんです。


この人のエッセイ「ふつうがえらい」「がんばりません」
「ラブ・イズ・ザ・ベスト」「私はそうは思わない」 は、

すり切れるまで読んで、買い換えて、それも既にすり切れそう。
「嘘ばっか」も大好きです。


とっても贅沢な文章を書く人。
生きている作家の中では、最高の尊敬を捧げています。


幼い頃、私に「100万回生きたねこ」を読み聞かせていた母が、
思いもかけず、という風情で、ふいに流した涙を覚えています。
幼かった私は、ねこの運命を悲観しました。


そして、つい2年ほど前の話ですが、友人と飲み会のために
待ち合わせた時間、恵比寿の書店で同書をなにげなく立ち読みし、
私は、人目もはばからず号泣してしまいました。くらくらしました。


悲しいのではない涙、嬉しいのとも違う涙、
感傷からも憐憫からも離れた、ただひたすら熱い涙が止まらなくて。


どんな良質の大部なノンフィクションよりも、
短いこの物語に動かされる、「けだもの」の部分。


こんなにも「満たされる」ことを羨むのなら、きっと、愛も本能なんだ。


ねこが最後に失ったものと、得たもの大きさが、
私にもわかるときがくるのだろうか。


私にもいつか、「愛」という壮大な字句に叶うときが、くるのだろうか。

私はこの本を読んで何も思わない人が嫌いです。(キッパリ)


ヨモギで蒸されて

今日、引っ越し前の混雑を極める我が家に、
でっかいダンボールが届きました。


こいつの正体は、「ヨモギむし」。(マント付)

そう、韓国のヨモギむしを家庭で手軽に味わえちゃう☆という
ホームエステ器具なのです。

ヨモギむしを知らない人に丁寧な注釈:
 穴あき椅子にハダカで座り、下でよもぎの葉を蒸し、
 いわゆる敏感な粘膜からよもぎ成分を吸収する健康法。
 便秘、冷え性、生理痛、美肌によいらしい。

自分で買ったんじゃないよ。仕事です、仕事。

アートの仕事だけじゃあ食えませんもの。しをり。(←しつこい)


この企画は「美容」であるはずですが、
機械のものものしさのためか、人体実験、という字が
頭のなかで明滅します。


だって、注意書きがさあ…


・スチームにあたる箇所は大変熱くなります。
 やけど に気をつけてください。


…って、あのう、その 「 箇所 」 って、あれじゃないですか、
万一ヤケドしたら アンタ、


   まあ大変 ( ゚д゚)


では済まない場所じゃないですか? 想像したくもないですが。


熱かったら厚手のパンツ3枚重ねて座れ、とも書いてあります。

うおー、こえぇー!! ヽ(ヽ>ω<)ヒイィィィ

コホン。失礼。取り乱しました。


…とりあえず、明日にはチャレンジしますので、
効果があったら報告します。

女子の方、ホームエステにけっこう興味ありかと思うので。


ピザステがないッ!

とある不安に駆られて、引っ越し先である上祖師谷について
某サイト内を検索。


待つこと数十秒。。。。。。


うわーん、やっぱり!!!


悪い予感がしたんだあ!!!


ピザステーションがなあーいッ  。・゚・(ノД`)


引っ越したくなくなってきた…

ピザステさん、たのむよおー


ハンバーガー等ファストフード類を食べない私が
唯一愛するジャンクフードなんですよおー


しくしくしく………


« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ