« ヨモギで蒸されて | トップページ | ネット復活! »

手づかみで、食べたいの

ごはんの、いちばーん美味しい部分を味わっているのは、
いったい、どーこだ?


舌? ちがいます。
くちびる? ちがいます。
口蓋? ちがいます。
のど? …ちがいます。


それは、お箸。


…というような内容を、佐野洋子さんのエッセイで読んだとき、
目からウロコが落ちました。

表現は全然違うし、ごくさりげなくサラリと出てくるのですが。

(佐野洋子さんについての熱い思いは、文末の「余談」を参照)


でね、インドに行ったときに思ったんですよ、うわーホントだ!って。

カレーをごはんに混ぜて、3本の指で口にはこぶ。
指がもう味わってる、唇よりも舌よりも食感を感じ、温度を感じ、
お腹がグゥと切なく鳴く。 この、快感!


手づかみで食べる美味しさ、知ってる?

おにぎりや、サンドイッチ、ピザ、ハンバーガーなんかの
手で食べるためにある食べ物だけじゃなくて、


カレー、チャーハン、やきそば、スパゲッティ、
鶏のまるやき、焼き魚、ひじきのにつけ、ラーメン、

手で食べる文化からはみ出したものだって構わない、
手づかみで、食べてみる。

あぶらのまわった米の固さ、野菜の芯のみずみずしさ、
焼き魚のほっくりした熱さと繊維のやわらかさ、
ひじきの煮付けが意外に水分を多く含んでいること、

すべてがダイレクトに伝わってくると、日頃は眠ってしまっている、
味覚のどこかのスイッチが、カチンと入る。 おーいしい!

「オレの見てるまえでやらないで」

王子からは釘を刺されているから、王子の留守を見て、こっそり。


いちばん美味しい部分を、お箸になんか、
ほんとはいつも、あげたくないの。

※余談
私は本当に、心底、佐野洋子さんが大好きです。
「博士の愛した数式」の小川洋子さんじゃなく、
谷川俊太郎氏のもと奥様であった、絵本作家の佐野洋子さんです。


この人のエッセイ「ふつうがえらい」「がんばりません」
「ラブ・イズ・ザ・ベスト」「私はそうは思わない」 は、

すり切れるまで読んで、買い換えて、それも既にすり切れそう。
「嘘ばっか」も大好きです。


とっても贅沢な文章を書く人。
生きている作家の中では、最高の尊敬を捧げています。


幼い頃、私に「100万回生きたねこ」を読み聞かせていた母が、
思いもかけず、という風情で、ふいに流した涙を覚えています。
幼かった私は、ねこの運命を悲観しました。


そして、つい2年ほど前の話ですが、友人と飲み会のために
待ち合わせた時間、恵比寿の書店で同書をなにげなく立ち読みし、
私は、人目もはばからず号泣してしまいました。くらくらしました。


悲しいのではない涙、嬉しいのとも違う涙、
感傷からも憐憫からも離れた、ただひたすら熱い涙が止まらなくて。


どんな良質の大部なノンフィクションよりも、
短いこの物語に動かされる、「けだもの」の部分。


こんなにも「満たされる」ことを羨むのなら、きっと、愛も本能なんだ。


ねこが最後に失ったものと、得たもの大きさが、
私にもわかるときがくるのだろうか。


私にもいつか、「愛」という壮大な字句に叶うときが、くるのだろうか。

私はこの本を読んで何も思わない人が嫌いです。(キッパリ)


« ヨモギで蒸されて | トップページ | ネット復活! »

04_ その他、食べもん」カテゴリの記事

コメント

手で食べるの、僕も好きです!熱いものさわるの苦手なんで結構苦労するんですけど、触感ってものがあんなに食べ物を旨くするとは思いませんでした。

国領のカレー屋「リンガル」は駅前スーパーの中にある普通のインド料理屋なんですが、「カレーを手で食べてみませんか」とメニューで勧めるイカしたお店です。
みんな手で食べるようになれば、外でも手を使えるんですけどね、今のところこの店以外では試せません。。

うわーい、同志だ♪
手で食べると、「つかんだ瞬間、指が味わい始める」って感じしますよね!
とくに、ご飯に何かを載っけたものは、手で食べると美味しく感じます。満腹中枢がちゃんと働くから食べ過ぎも防げるし。

素敵なインド料理屋さんですね、国領は近いので、行ってみます!

あ、自分で言っておいて落とすのも何ですけど、リンガムは志は素晴らしいのですが、味は普通です。食べるのだけなら、パナスの方がオススメです。

というか、コーヒー浣腸・・・。がんばってください・・・(笑)

>酒徒さん
あ、そうなんですか…。じゃあパナスで挑戦してみようかしら。どうせ手づかみするなら、家のカレーよりインド料理屋のカレーがいいですもんね。

仙川のアリガルというカレー屋は、カレーは普通なんだけどサイドメニューが美味しくなくて閉口しました。熱い鉄板の上にキャベツの…なんというかブツ切り(←生)が載ってて、その上にカバブを置くという気持ちがわからん…。

はい、お、応援ありがとうございます(?)

リンガムに行ったけれど手で食べて下さい。なんてどこにも書いてなかったよ!私達が行った時は欧米系の外国人の方ばかりで まずそんな雰囲気もなくとりあえず席に着くまで満席の為かなり待ちました、、、待った甲斐ありでとてもおいしかったよ!

まりあさん

いらっしゃいませ☆
おいしかったんですか、
それは私も一度いってみなきゃですね。

柴崎つつじヶ丘仙川付近で他に美味しいとこ
知ってたら教えて下さいませ。
烏山にはいろいろあるんですけどね…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/5316454

この記事へのトラックバック一覧です: 手づかみで、食べたいの:

« ヨモギで蒸されて | トップページ | ネット復活! »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ