« 美味しいケーキの幸せ | トップページ | 府中の焼き鳥さん »

よかった

ふと、王子のことを、愛しいと思うときがある。


鏡に残された、歯磨きの飛沫。

ブラシに残った髪の毛。

しっとり濡れたTシャツの重さや、枕に残った汗の跡。

爪の破片の硬さ。


朝、いってらっしゃい、と送り出した後に残る、王子の断片。


その中で、私は仕事をする。ものを食べる。
昨日の夕刊をめくる。本を読む。窓をあけたてする。


恋しいわけではなく、会いたいと焦がれる思いもなく、
けれど、私はここにいていいのだと、ここにいれば大丈夫だと、
満たされたまま。


あの、王子の残していく控えめな断片はまるで、
家に結界を張るための呪具のようだ。


胸の内に湯が広がるような思い。
宗教心のない私にも、敬虔な気持ちになる瞬間が与えられる。


永遠を信じたいと思えるのなら、それはひとつの幸福ということ。


王子である必要はないのかもしれない。
王子でなければダメなのかもしれない。


だけど、会えてよかった。
と、思える人に出会えてよかった。


« 美味しいケーキの幸せ | トップページ | 府中の焼き鳥さん »

01_ 夫婦善哉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/5850608

この記事へのトラックバック一覧です: よかった:

« 美味しいケーキの幸せ | トップページ | 府中の焼き鳥さん »

プロフィール

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ