« ぱんぱかぱーん♪ | トップページ | たまには東京のお楽しみ »

仙川「馳走蔵 たかぼ」

メニューの隅々まで画一化されたチェーン店は好きになれません。
料理の味まで常連と馴れ合っている、進歩のない居酒屋も。

そう考えると、仙川にはあまり候補がないのです。


「一平」の味付けは好ましいけれど、冷やが上善水如、
燗と樽は某大手メーカー1社のみ、というラインナップは愛せない。
うまい肴、庶民的な値段、近所に持つには理想の店と思いつつ、
足繁く通う気になれないのは、そのせい。

「なみはな」は魚が新鮮で、刺身や焼き物が旨い。
が、手の入った料理の味は、一平に比べると数段落ちますね。
釜飯や海鮮丼は上々だから〆の店でしょうか。

うーむ。


で、結局、来てしまうのが「たかぼ」。
見た目は池袋の坐唯杏と同じく、きゃぴっと系(by酒徒さん)。
流行の和ダイニングちっくで、チェーンか?ってな感じですが、
どうしてどうして、なかなかいいのです。

魚は九州直送。
刺身は7点盛りで頼むと、必ず2〜3は感動的に旨いものが出ますし、
他にも季節の魚料理が日替わりで多数。
この日は鮟鱇の唐揚げを頼みました。普通においしい。

おすすめなのは、頭。
真鯛や真鱈のかしらを、酒蒸しや煮付け、塩焼きにしてくれます。
だいたい750円くらいで。

酒蒸しにされた真鯛は皿からはみ出るようなボリューム。
鯛は、さすがに魚の王の風格です。
昆布の風味がよく、鯛から酒に染み出たつゆに
柚胡椒をちょっと溶いて食べるのも九州風。文句なく、うまい。

赤い皮の下には、弾力に富んだ白く輝く身。
ブリンとした厚みと、したたるような脂のうまみ。

群馬出身の王子は、鯛をバカにしているというか、
「味がすかすかでまずい魚。形だけがいい」と思いこんでおりますが、
それは粗悪な鯛しか食べてないからじゃ!
これほど上品な滋味にあふれた魚は、そうそうないぞ。
硬い骨の中にまで、香り高い旨味が詰まっているんだから。

「鯛…こんなにうまいんだ…」 と、感動する王子とともに夢中で
身をせせり合い、あっという間に完食。
いやほんと、このボリュームでこの味、頭はお得です。

〆は、出汁の中でグツグツ煮立てた細うどんを、
溶いた生卵にくぐらせて食べる「五島うどん」があっさり美味しい。
いくらでもスルスルと入っちゃう。

無造作に「熱燗を一合」と頼むと、
片口にたっぷり1合の岩手川が来るのも嬉しい限りです♪

忘年会にもいいですよ。
ここのコースメニューの「魚づくし」は、
普通の居酒屋のおざなりなコースよりは百倍もマシ。おすすめ。


« ぱんぱかぱーん♪ | トップページ | たまには東京のお楽しみ »

02_ レストラン(外食)」カテゴリの記事

コメント

着々と仙川開拓してますねえ。しかも、出典としてご紹介頂きましてどうもです。

>メニューの隅々まで画一化されたチェーン店は好きになれません。
>料理の味まで常連と馴れ合っている、進歩のない居酒屋も。

思わず納得の表現です。前者は論外として、後者は店の外見ではなかなか見分けがつかないのが曲者なんですよね。。

で、前の記事になりますが、おめでとうございます!若崎さんと全く同い年であることが分かりました。

酒徒さん

同い年だったのですか。お互いそろそろ体には気をつけなきゃですね(笑)
ホント、名コピーです、きゃぴっと系。宮古島のとんでもない炙り焼き屋でも
「これは見た目に違わぬきゃぴっと系だ!」とか使えましたし。

常連と馴れ合いすぎてプロであることを置き忘れてる居酒屋は
入る前に見分けるのが難しいですよね。
分岐点は、「不潔」 ではないか、と睨んでいます。
よい居酒屋は、たとえ古寂びて暖簾がくすんでいても、
道具だてがごちゃごちゃしていても、そこに不潔感はない。
…微妙な感覚ですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/7179922

この記事へのトラックバック一覧です: 仙川「馳走蔵 たかぼ」:

» 鉄麺-iron noodle- [麦屋のうどん]
あなたの食卓で感じる四万十深山の響き 四万十の山深く・・・水を求め、この地に工... [続きを読む]

« ぱんぱかぱーん♪ | トップページ | たまには東京のお楽しみ »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ