« 大漁なのだ! | トップページ | 11月は »

ゲリラブ旅行 vol.3

ひさびさに続きを書きます、1ヶ月前の稲取旅行。

ゲリラで泊まることにした、やまだ荘の話でしたね。

●お風呂が露天で貸しきり! 海はすぐそこ!
 しかも源泉かけ流しで泉質ヨシ!

●2人でも12畳の部屋を用意! ひろびろオーシャンビュー!

●言い忘れたけど、内風呂も広くて落ち着ける!
 アメニティ使い放題だし!

●宿泊費は、平日なら ☆ 1万円 ☆ ぽっきり!




…というところまで話しましたっけね。ふう。

で、ここまでいいことづくしだと、気になるのが、食事。
1泊2食付き、しかも部屋食、で、いちまんえん〜? でしょ。


でもこれが、侮ったものではないんですよー。

0930Sazae

0930Funamori


写真ではわかりにくいんですが、おいしいです。

( サービスのつもりの舟盛りが…ちょっと…あの、
舟盛り、私は恥ずかしいと思う方なので。普通の皿でいいんで。
お刺身は、すごく美味しいですよ。キンメの刺身とか )


高級旅館の出す、料亭のような味ではありません。

家庭の味、民宿の味。
料理上手なお母さんがつくった、というテイストです。

でも、安めの旅館に行ったときに出るような、

 「なに? この貝殻に入ったグラタン? 今、何世紀?」
 「手毬麩に、吹き寄せ…これって絶対、市販品だよね!」
 「名物とかいってたけど、まずぅ! てゆーかそもそもこれ何!?」
 「天ぷらも煮物も、冷たい! 水滴がついてる!」

…ということは、一切ありません。
ぜんぶ、正体の確かな、手作りの、食べられるものです。
変な、旅館らしい、色だけがキレイな市販品が混じってないの。

そして、てんぷらとか、キンメの煮付けとかは、
あったかいものを、いいタイミングで持ってきてくれます。

0930Okoze

0930Kinme

小鍋も、産地無関係な紙皿のスキヤキとかじゃなくて、
地元のはまぐりと豆腐を煮立てた、あっさりした清汁です。

見た目だけが豪華、っていうゴマカシがない食卓。
ちゃんと食べられる料理だけが並んでいて、美味しくて、誠実。




…と、全体的には誉めましたが、ひとつだけ、いただけないものが!

それは、釜飯です。
これが、変に甘くて、市販の山菜釜飯のモトを使った!?と
疑うようなもの。
全然おいしくない…というか、積極的にマズくて、
米好きな王子も一口しか食べなかった。私もギブ。

今度からは、おひつで白米をもらおう、と決意しましたよ。

(あと北海道産のカニもいらん! ムダ豪華、はんたーい!)


朝ごはんは、鯵のひらきを食卓で炙りながら食べます。
こちらは至極普通の、にっぽんの朝食メニューで、
特筆すべきことはありません。

あえて言えば、おひつのご飯が足りなかったかな…。
あ、ひらきはおいしかったです。

***




早起きして、朝食の前に、目の前の稲取港で釣りをしました。


オキアミを撒いて、ハリに小さなエビを付けて釣ります。
リールも何もない、超簡単な竿。


DSCF0030

10センチくらいの、とっても小さなイワシがバンバンかかります。
でも、バケツにいれておくと、飛び出してしまうの。
ということで、リリース。

大きなものがかかったら持って帰ろうと思っていたのですが、
小イワシの他は、フグとか、食べられない魚しか
掛からなかったので、おみやげはナシでした。


でも、早朝の釣りはとても気分がよく、心弾むもので、
ここから私と王子の
「ちゃんとした釣りに行こうよ!」 ブームが始まり、
先日アップした「大漁なのだ!」に繋がることになります。


* * *


帰りは、土日に市役所のガレージに立つ稲取の市を冷やかして、
キンメの開きを買ってきました。
狭いガレージ内に、干物のワゴンが5〜6店、
稲取の名産品を売るワゴンが3〜4店、
八百屋や、苗木を売っているスペースもあります。面白い。

「うちのは美味しいよ! あのへんとか、あのへんの奴らは
ぜんぜんダメ! みんな冷凍だから! うちのはナマの魚!」

と、やかましいオジサンから開きを買ったのですが、
 「オジサン、こんな田舎で、そんな露骨に、そこにいる人を
 批判して大丈夫なの?」
と、他人事ながら心配になっちゃった。

オジサンは、買っている間中、
 「俺は、俺は、俺は・・・・・・」
と、オレ話を続けたため、最後には、

・ オジサンが伊豆高原に別荘を持っていること
・ オジサンのお兄さんが市役所に長く勤めて出世したこと

などを知ることになりました。


その向かいのワゴンで、私が伊豆産のテングサを
粉末にしたものを「くださいな」と買い求めると、

 「スーパーで売ってるようなテングサ粉末は本物じゃないよ、
 このテングサは、材料が…(中略)
 いいかい、心太の作り方ってのは、みんなが思ってるより
 簡単なんだ、ほら見てごらん、これがわからなきゃ
 小学生からやりなおさなきゃだよ、まず最初に…(後略)」

このオジサンもまた、しゃべるしゃべる。

私、買うかどうか迷ってるわけじゃないよ、ちゃんと「くれ」って
差し出してるんだよ。なのに、なぜかセールス。

商品を包むのに、たっぷりの時間がかかりましたとさ(笑)。


***


というわけで、なんだか盛りだくさんのゲリラブ旅行なのでした。
今度は西伊豆に釣りにいきたいぞ!!


« 大漁なのだ! | トップページ | 11月は »

08_ 旅行の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/6823572

この記事へのトラックバック一覧です: ゲリラブ旅行 vol.3:

« 大漁なのだ! | トップページ | 11月は »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ