« 腰痛にも人権を | トップページ | 携帯より »

ALWAYS 三丁目の夕日

香港映画フリーク友達・アキラちゃんと、「ALWAYS 三丁目の夕日」を
見に行ってきました。(11/23)

製作国:日本
公開:2005年11月5日
監督:山崎貴
原作:西岸良平
出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、薬師丸ひろ子 ほか

<あらすじ>
昭和33年、東京都下町の夕日町三丁目。
短期だが男らしい父・則文、やさしい母・トモエ、やんちゃ坊主の一平が
暮らす自動車修理工場「鈴木オート」に、東北から集団就職で上京してきた
ロクちゃんが仲間入りする。立派な自動車会社を想像していたため
ガッカリしているロクちゃんに、一平がそっとささやく。
「もうすぐ、うちにテレビが来るんだよ!」
それは夕日町の人にとって、現在最大の関心事だったのだ。
ロクちゃんは些細な行き違いから則文と大げんかするが、
夏になるころには鈴木オートと夕日町の一員として溶け込んでいた。

鈴木オートの向かいにある駄菓子屋には、茶川竜之介という
売れない小説家がいる。通称・ブンガク。投稿しては落選している彼が
新しくできた飲み屋でいっぱしの口をたたいていると、
飲み屋のおかみ・ヒロミは、酔っぱらった茶川を色仕掛けで丸め込み、
預けられて困っていた友人の子・淳之介を押しつけてしまう。
そこから茶川と淳之介の奇妙な共同生活が始まるのだった。


春から夏、そして冬にかけて、夕日町には、悲喜こもごもの事件がおきる。
鈴木オートにテレビが来た日、ロクちゃんが食中毒になった日、
淳之介と一平が高円寺まで大冒険をした日、
茶川がヒロミにプロポーズした日、淳之介にお迎えがきた日…。
そして、すべての人々を見下ろす東京タワーが完成する。

まだ町ぐるみのつきあい、人情が生きていた、そんな東京の物語。

***


見始めてからしばらくは、いまどきの映画には珍しい
「わざとらしさ」になじめませんでした。

なんせ、登場人物が、誰一人「自然でリアルな演技をしよう」
なんて思ってません。
オーバーでティピカルな演技は、「舞台」っぽい。


そして、ホロリとするお涙頂戴のシーンが次々に挿入されます。
日本映画がお得意の、人情路線。
「うわ、こういうモロな人情ものって苦手なのに」 どうしよう…。


なーんて思っていたのは、最初の30分だけでした。


普通なら中盤とクライマックスにしか挿入されない涙ホロリの
エピソードが、この映画では惜しみなくばんばん出てくるのです。


「これでもかこれでもか、そりゃそりゃそりゃそりゃ!」という
感動の波状攻撃に、久々にマイッタ。


人情ものって陳腐になりがちだけど、ここまで徹底されると巻き込まれます。

最後なんて、感動場面のテーマソングがたらり〜♪と
流れるだけで、条件反射的に涙腺がゆるむパブロフな身体に!


徹底して善良な人間だけしか出てこないから、さわやかに、
素直に泣けるんですよ。
ロクちゃんと鈴木一家の絆に、淳之介の汚れのなさに、
飲み屋のヒロミと文学崩れの茶川の純愛に。


手が届きそうで届かない、遠い幸福と、甘い感傷。


そうなってくると、吉岡秀隆の、何を言ってもウニャーと聞こえる
鼻にかかったハイトーンボイスや、やけに発声のいい薬師丸ひろ子の
セリフまわし、全体的に舞台っぽい演技もまったく気にならないのです。


だってリアルである必要なんてないものね、この映画は。



おとぎ話なんだから。
ある種のパラダイスの話なんだから。


実際にはロクちゃんを手込めにする主も多かったろうし、
道ばたでのたれ死ぬ、あるいは虐待される淳之介も、
根っからあばずれで腐りきったヒロミも、大勢いたことでしょう。

だからこれは仮想現実で、ユートピアで、おとぎ話なんですよね…。


おとぎ話は、いつだって「伝えたいこと」のみを抽出し、
ノイジーな要素をきれいに排除する。
徹底した偏見と偏重だけが、時代を超えて人の心を揺り動かすんです。



カップルでも親子でも、どなたとも安心してご覧いただけます。
心がささくれて渇いていると思ったら、イオンサプライしに行って下さい。

公式サイトはこちら!




関係ないかもしれませんが……


私はこの映画を見て、
あずまきよひこの 「よつばと!」 を思い出しました。


あのマンガは、この映画に近いものがあるなあ、と。


日常に仮託されたユートピア、終わらない休日というパラダイス、
親しいものだけで完全に閉じられた円環、
「善良な人間だけが送る何気ない日常」 という、あり得ない幸せ。

現代のおとぎ話という本質が、非常に似ていますよね。


« 腰痛にも人権を | トップページ | 携帯より »

05_ 映画・演劇・書評」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました^-^
「パブロフな身体」に納得!
もう、ほんと満腹な中にさらに極上のおいしさを詰め込まれて、
涙が乾く間なんかありませんでした。
私もTBもらっていきますね~

TBありがとうございました

この映画の演技が嘘っぽいって言うのはそうかもしれません
俺も最初の30分くらいは半分寝ていましたから

寝たばれですけど、履歴書を嘘ついた嘘ついてない
ってとこあたりで目が覚めだして
一気に見てしまいました

関係ないですけど
凄い独自な映画レビューをされているので
凄い個性というか文才を感じてしまいました

TBありがとうございました。
なるほど、「よつばと!」ね・・・。
確かにある種のスローライフというか、ありふれている描写なんだけど
実際には非日常というのは共通するかもしれませんね。

>izuraさま

コメントありがとうございました!

最後の方は涙の波状攻撃でしたね。
でも爽やかな感じです。
後味の悪い映画が嫌いなので、これは見て良かったです☆

>kazooさま
コメントありがとうございました!

そうですよね、あの履歴書のシーンから私も堤真一の漫画チックな
怒り方とかにグッと惹きつけられてしまいました。
堀北嬢は可愛すぎです~!! ファンになっちゃいました。

もったいないお言葉ありがとうございます(*^^*)テレ


>ノラネコさま
コメントありがとうございました!

よつばと! 大好きなんです。
寝る前に読むと浮き世の憂さを忘れられるというか…。

どうしてヲタがあの作品に「萌え」られるのかわかりません。
普通にのほほんと面白い気がして。うーむ。

はじめまして、TBさせて頂きます。
そういえば、「よつばと」に雰囲気が似ている映画かもしれませんね。
全体的に、あたたかい映画に感じました。

出田さま

トラバどーもです! また遊びにきてください♪
「よつばと」はみょーに好きなのです。
なにも起きないのに、なんだかいくらでも読んでいたい…。
世界がカンペキにあの中で完結しているところが
ストーリーマンガなのに4コマっぽいですよね。

 「条件反射的に涙腺がゆるむパブロフな身体」という表現が絶妙ですね。分かります。僕も散々やられました。ここ数年日本映画のレベルが確実に上がってきていることはうれしいことです。

ゴブリンさま

やられますよね~、もう「こんな展開になるのはわかってるのに!!」と
思うつぼにハマってる自分が悔しいながらも泣きましたよ。
また遊びに来てください☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/7427186

この記事へのトラックバック一覧です: ALWAYS 三丁目の夕日:

» ALWAYS 三丁目の夕日 [Akira's VOICE]
SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動! [続きを読む]

» 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
出来立て東京タワー越しに、映える夕日も色あせる程、この映画は人を感動させ、泣かせることだけを目的に作られたに違いない。昭和33年、ミゼットに都電にフラフープにSLに集団就職に建設中の東京タワーに力道山。 物語の出だしは、やや平凡で退屈な印象を受けるが、... [続きを読む]

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」 (日、2005年) [無節操ニンゲンのきまま生活]
    ALWAYS 三丁目の夕日公式サイト 今日が上映初日の「ALWAYS 三丁目の夕日」。 楽しみにしていたので、早速見てきましたよ!! けっこうCMでも流れていたので、知ってる人も多いかもしれないけど、 昭和33年の東京下町が舞台のお話。 監督はCGがお得意... [続きを読む]

» ALWAYS 三丁目の夕日 [Alice in Wonderland]
今日は古きよき時代の日本にタイムスリップしてきました。昭和30年代の事なんか全く知らないあたしですが、こんなんだったんだろうな~って思ってしまうくらいリアルで違和感のないあったかい映画でした。是非両親にも薦めたい映画です。 昭和33年の日本を舞台に、家...... [続きを読む]

» ALWAYS 三丁目の夕日 [ネタバレ映画館]
 「戦争も知らないくせに」「ロシア文学も知らないくせに」という会話にドキリ。はい、どちらも知りません・・・  長嶋茂雄が巨人軍に入団した年に生まれていない者でも懐かしく感じてしまう昭和33年の映像。知らない時代でも懐かしく感じてしまう、日本人のDNAを受け継いでいるのだろうか。夕日町三丁目があたかも親の故郷でもあるかのように・・・  西岸良平のコミック「三丁目の夕日」は計1400万部も売れているシリー�... [続きを読む]

» ALWAYS 三丁目の夕日は静かに沈む [今日はどこへ行きましょうか]
『ALWAYS 三丁目の夕日』観ました 私が、まだ生まれる前の東京のお話。 なんだか、「8時だよ全員集合!」とか、「じゃりん子チエ」なんかを思い出しました ストーリー「東京タワーが完成した、昭和33年の東京。夕日町三丁目は、いつもにぎやかな、まさに下町。短...... [続きを読む]

» 古き良き時代のいい話を堪能せよ 「ALWAYS 三丁目の夕日」 [平気の平左]
評価:85点{/fuki_osusume/} ALWAYS 三丁目の夕日 原作のコミックは一度も見たことがありませんが、いい話です。 涙もろい私にはかなり毒です。 体内の水分がかなり減りました。 水分補給必須の作品となっています。 舞台は昭和33年、東京タワーが作られ始めてから、完成するまでのの東京の下町を描いています。 2時間ずっと一つの話を追っているわけではなく、いくつかの話が合わさ�... [続きを読む]

» Always 三丁目の夕日 [迷宮映画館]
私は昭和36年生まれである。「もはや戦後ではない」という言葉はもうなかった。池田内閣が『所得倍増計画』を打ち出したのがその前年。私は文字通り高度経済成長とともに育った。 東北の日本海側(今でも裏日本とか言うのだろうか・・)の片田舎なんぞ、東京の進み方と5,6年はたっぷり遅れていたから、本当に本当にのんびりしたもんだった。TVが来たのはあたしが生まれてすぐらしい。なので残念ながらTVが来るときの妙な興奮を味わえ�... [続きを読む]

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」 [てんびんthe LIFE]
10月16日(日)「ALWAYS 三丁目の夕日」 一ツ橋ホールで鑑賞 昭和33年まだ東京タワーが建築中。作品中どんどんタワーが高くなっていく様子がちょっと嬉しい。たいした作品では無いだろうなんてタカをくくって見に行ったら、それはそれは作品の中に入り込んでしまいました。原作を知らないので何町の三丁目かがわからないのがつまらないけど、下町っぽいケド実は都心よね。タワーがとにかく大きい。誰かのTVでの解説が下町って言っていたので、違うでしょう!と反論したかった。我が家からかつて見えた東京タワーよりは... [続きを読む]

» ALWAYS 三丁目の夕日 [映画君の毎日]
この原作はとても好きで家にもたくさんある。 原作は1話構成で成り立っているのでどうかなと興味津々。 しかしやはり原作にこだわってはいけない。 六ちゃんは映画では少女だし、主要人物は美男美女ばかり。 最初はそこら辺に戸惑いをおぼえてしまうが、... [続きを読む]

» 物はなくても豊かだった時代◆『ALWAYS 三丁目の夕日』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が経営する鈴木オート。立派な会社を期待していた六子は、小さな町工場だと...... [続きを読む]

» ALWAYS 三丁目の夕日 [toe@cinematiclife]
泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉岡秀隆)は、作家を目指して応募をし続けているが、どれも落選してばかり。 茶川商店の向かいの鈴木オートは、社長の鈴木(堤真一)が、青森か... [続きを読む]

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」素晴しい [わたしの見た(モノ)]
バップ -ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ 「ALWAYS 三丁目の夕日」 昭和33年の東京を舞台に、心温まる作品。 133分の上映時間中、最後まで心地よい時間を過ごせました。 素晴しいストーリーと映像。 私が生まれる以前の話。 予告で観た、再現された東京の... [続きを読む]

» 極楽浄土「ALWAYS 三丁目の夕日」 [凛大姐&小姐的極楽日記!]
昭和33年かあ・・・。 私は、まだ生まれておりません。 ウチの親が、ちょうどこの映画に出てくる子供ぐらいだったはずです。 「わたすは嘘吐きでねえだっ!{/ase/}」 いやあ、ポスター見て、「堤真一、小川直也みたいだよ・・・{/namida/}」 と思っていたんですけど、あれはイラスト描いた人がヘタなんじゃないんですね。 ホントにそういうキャラなんですね。{/face_ase2/} 「イ�... [続きを読む]

» ALWAYS 三丁目の夕日 [cinema capsule]
戦後の高度成長期を背景に繰り広げられる人情劇。 人間っていいね、とウェルメイドに浸れる。 ★「ALWAYS 三丁目の夕日」  2005年日本、132分  監督:山崎貴  出演:吉岡秀隆     堤真一     小雪     薬師丸ひろ子     堀北真希 ★Story 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む 自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子が やっ�... [続きを読む]

» ALWAYS 三丁目の夕日 [ハイジのシネマパラダイス]
ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴        原作:西岸良平 出演:吉岡秀隆 堤真一 薬師丸ひろ子 小雪 掘北真希 三浦友和 ストーリー 昭和33年の東京下町。東京タワーが着々と建築されるのを眺める町、夕日3丁目。 「鈴木オート」を営む鈴木家に、... [続きを読む]

» 『 ALWAYS 三丁目の夕日 』 [やっぱり邦画好き…]
映画 『 ALWAYS 三丁目の夕日  』  [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日 本  【11月05日ロードショー】 [ 上映劇場 ] 監 督:山崎 貴 VFX:   〃 脚 本:山崎 貴、古沢良太 原 作:西岸良平「三丁目の夕日 」     (小学館 ビックコミ... [続きを読む]

» ALWAYS 三丁目の夕日 [★☆★ Cinema Diary ★☆★]
2005年の最高傑作。この作品に出会えたことを誇りに思い、涙できることに幸せを感じます。 [続きを読む]

» ALWAYS 三丁目の夕日 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気blogランキングに参加してます! ここを一度クリックして頂けるとありがたいです。 ご協力お願い致します。 今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。 集団就職で青森から来た六ちゃん。 怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。 駄菓子屋の茶川さんは、....... [続きを読む]

» ALWAYS 三丁目の夕日 [欧風]
9日に決勝が行われた鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリを観に行く為に、7日は深夜バスに乗る予定だったんですけど、その日にあった試写会が、この「ALWAYS 三丁目の夕日」。 以前もこういう出掛ける前の試写会ってあったな~。もっと余裕を持って準備をしたいんだけど。まあ、「愛するサッカーチームと試写会の日程は変えられない」と昔の偉い人も言っていたから、しょうがないか。タダで観てるんだから贅沢は言えないしね~。前観たのはこれ。全くもって期待してないばかりか、何も知らずに行った割にはものすごい感動し... [続きを読む]

» 映画『ALWAYS 三丁目の夕日』 [音の鳴る木]
 時は昭和33年、東京タワー建造中の東京のとある町が題材の『ALWAYS 三丁目の夕日』を見てきました。あまり邦画は好んで見ないんですが、そんな俺からも言わせてください「見ないと損な映画」です。チョットばかし期待はしていましたが、それおを大きく超える期待以上の作品でした。... [続きを読む]

» ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 [猫姫じゃ]
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は...... [続きを読む]

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望を皆が語った時代 [soramove]
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...... [続きを読む]

» 「Always 三丁目の夕日」はゆるい映画。・・・そして殺意。 [jizo.net]
ALWAYS 三丁目の夕日  なんか懐かしそうな映画だなと思って、最近できたコンプレックスシアターに寄って来た。  映画自体は可も無く不可も無くと言ったところだろうか。  気になるのは登場人物の演技がゆるゆるな部分。  特に吉岡の演技が見てられない。  タイミングが気持ち悪い(^^;)。  「北の国から」とかは違和感無く見てたんだけどなあ・・・。  何でだ?  監督や演出家の演技指導がちゃんと行き届いてなかったんだろうか?  子役たちの演技にも限界感じたし。  仕方ないけど。  でもこの辺りは映画の... [続きを読む]

»   Movie:『ALWAYS 三丁目の夕日』 [Curry Life!]
ALWAYS 三丁目の夕日 o.s.t なんて、暖かい映画なんだ。 昭和33年の、日常を描いたストーリーで、 特筆するほどのエピソードはないのだが、 何故か、感動してしまい、あちこちで、すすり泣く声がw。 こんなに、普通に泣いてしまう映画は、初めてだ。 昔の古き良き...... [続きを読む]

» 『ALWAYS 三丁目の夕日』を観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
 2005年11月8日 『ALWAYS 三丁目の夕日』観賞レビュー! 47年後に、逢いましょう。 すべての日本人に贈る 夢と希望いっぱいの珠玉の感動作!! 文部科学省選定作品 ★スタッフ★ 監督・脚本・VFX:山崎貴 脚本:古沢良太 音楽:佐藤直紀 主題歌:D-51 「ALWAYS」   ★キャスト★ 茶川竜之介:吉岡秀隆 鈴木則文:堤真一 石崎ヒロミ:小雪 星野六子:堀北真希 大田キン:もたいまさこ 宅間史郎:三... [続きを読む]

» 映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ [AI-z「出田直正(nao)の一日。」]
>映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ なにかと話題で、賞を取っている映画。 観に行ったのですが、 普通(」゜ロ゜)」 ナント 普通の日本映画でした。 普通でないのは映像技術。 遠くに見える東京タワーですとか、 昭和の町並み。 次第に出来上がって... [続きを読む]

» ALWAYS三丁目の夕日 [銀の森のゴブリン]
2005年 日本 監督:山崎貴 脚本:山崎貴 原作:西岸良平 『三丁目の夕日』 [続きを読む]

« 腰痛にも人権を | トップページ | 携帯より »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ