« ただいま! | トップページ | 釣りの3連発 »

福岡の胡麻サバ

ちえこ様とコメントでやりとりしていて、ふと気づいたのですが、
東京では「ごまサバ」を食べませんね。

あの、味のわるいサバの種類である「ゴマサバ」ではなくて、
マサバの料理法である「胡麻サバ」です。


博多でサバといったら胡麻サバか塩焼き。
たいていの居酒屋に置いてある、庶民的な定番メニューです。
定食にもなっています。


とても美味しいので、レシピを書いてみますね。簡単です。


作り方は、新鮮な刺身用のマサバを3枚におろし、
たっぷりの擂りたての胡麻、しょうゆ、みりん、酒、少々の生姜汁に
15分ほどつけ込みます。

それを食べやすくスライスして、つけ汁をかけ、上から小口に切った葱
(福岡で葱といえば万能葱のこと。
東京で言ういわゆる葱は白葱とか太い葱とか根深葱とか呼びます)
と胡麻をたっぷり散らしていただきます。


甘辛いタレと、たっぷりの胡麻が大変にサバに合います。
肴にする以外に、ご飯に載せて丼にしたり、
ご飯に載せた上から茶をかけて胡麻サバ茶漬けにしたり。

ただし、歯ごたえがコリコリッとするくらいに鮮度プリプリの、
身のよく締まったサバを使うことが前提です。
釣りなどで、新鮮なサバが手に入ったときに、お試しあれ。


王子が福岡名物の中で一番好きなのが、この胡麻サバなんですよ。

「これ、サバなの? カンパチのヅケかなんかじゃないの?」
と、驚いていたので、たぶんよその人が食べても美味しいものだと思います。

あー書いてると辛抱たまりませんね。
プリプリの胡麻サバが食べたくなってきたぁ〜!!


« ただいま! | トップページ | 釣りの3連発 »

03_ うちゴハン(レシピ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/7771055

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡の胡麻サバ:

« ただいま! | トップページ | 釣りの3連発 »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ