« 帰省します | トップページ | ただいま! »

欲しいとき、欲しい言葉が

ちょっと表紙がボロっちいせいか、古本屋で半額を切っていた。

そして、前に読んで面白かった記憶のある
「ご冗談でしょう、ファインマンさん」のファインマンさんに関する本、

…というだけで、本日、何気なく買ってきました

「ファインマンさん 最後の授業」(レナード・ムロディナウ/メディアファクトリー)。


ただいま、さくさく読んでいて、(以下引用)

 「デカルトが虹を数学的に分析しようと思ったのは、虹にどんな特徴があるからだと思う?」
 「えーと。虹は、水滴の浮かんでいる大気に、(中略)円錐体の断面です」
 (中略)
 「君はこの現象の大切な特徴を見落としてるな」
 「分かりました。降参です。デカルトを研究に駆り立てたのは何だとおっしゃるんですか?」
 「デカルトがその気になったのは、虹を美しいと思ったからだよ」(165〜166p)


帰省の用意をしなきゃいかんというのに、滂沱。





なんでそんなに感動したかというと・・・・・・

・・・・・・。


…私はいっつも、大好きで思い入れがある本や言葉に対して
ちゃんと説明できません、いや、あの、いいんです、好きなんです、って、
それしか繰り返せなくて、
「足りない子」もしくは「へどもど恋を告白してる」みたいなんだけど、
そして、それって文を書いてる身分からすれば恥ずべきことなんですけど、

開き直って言っちゃえば、欲しかった言葉だあ…と思ったのでした。


本の全体は、キレーにまとめられてて軽快なテンポで読める青春物語で、
この対話がこのままの形であったかどうか、アヤシイもんですわ。


でも、この言葉で、ここ数日のモヤモヤが晴れたんですよ。

具体的には 「うん、断ろう!」と、ある仕事に対して決心できた(笑)。


別のときに読めば「へえ〜」としか思わなかったかも、ですが、
本日の私には、お薬みたいに効いたのでした。

「お薬な言葉」 はたくさんストックしています。
落ち込んだときにこっそり読むのです。

本だけじゃなくて、友人や恩師が言った言葉もストックに入っていて、
ついでに過去に自分が書いた詩なんかもストックのひとつで、
しなびた時にビタミンチャージ☆してくれるのです。

あんまり汎用性がないので、ご紹介しにくいのが難点ですが…。

アマゾンで「ご冗談でしょう、ファインマンさん(上)」(岩波現代文庫)
を早速注文。また、読み返してみたいなあ♪♪♪

« 帰省します | トップページ | ただいま! »

05_ 映画・演劇・書評」カテゴリの記事

コメント

ファインマンは面白いですよねー。僕も彼のような物理学者になりたいものです。実際は、ぜんぜんダメダメだけれど。

記事とは関係ないですが・・・
今週末に向けての実況中継です。(^-^)
今頃、違う島におるのですね~。
(って、本州以外はみんな違う島。)
暖かい?

神津島、本日、台風です。サブイです。
正確には台風ではないですが台風です。
原付のエンジン全開でも、向かい風に向かえない状態。。
週末、見込み薄い感じで、寂しいですヮ。
せめて本州なら、この週末、釣りにいけるかも!?

4月5月のイカ釣りの時期がいいかも♪

T-Rさん

ファインマンはマンハッタン計画の人だから、こんな記事を書くな!
みたいなメールが来ましたよ。
私はそういうふうには思えないので…じゃあ日本人はアインシュタインも肯定的に見てはいけないのでしょうかねえ…。
T-Rさんて物理学者だったのですね。知りませんでした。SEかと思ってました。


ちえこさま

風がそんなに強いんだ…釣りは危ないよね…。
とても残念だけど、キャンセルします。
クリスマスにお邪魔するというのも非常識だよね(^^;

福岡は東京より寒く、ずーっと雪がすごくて…吹雪でしたよ。
でも湯布院・黒川の温泉は楽しかった。雪見で露天風呂を堪能♪
関東近郊にはああいう洗練された温泉街がないから、一度見せてあげたい。

食べ物の美味しさ新鮮さには毎回「あり得ない!!」って驚かされるし、
ほんと、九州は芯から豊かな土地です。帰るたび、その地力に嫉妬する。
東京には「文化」が集中してるからとどまってるけどね…。

ところがっ!!
今日の神津島は、なんと、釣り日和です。
昨日の嵐が嘘のように穏やかな気候です。。。

美味しいものは北にあると信じていましたが、
南(西)にもあるんですねー。
縁がなくて、西方面にはあまりいったことがないので、
じっくり、温泉&グルメツアーをしてみたいわ☆

東京にいれば古今東西南北なんでも味わえる・・・
って、これを言っちゃおしめぇよぉ、ですが。(^^;)

ちえこさま

判断に迷いましたが……うちの王子様の意見で、今回は中止しました!
ぎりぎりにキャンセルするのは航空会社に悪いよね、ということで。


来年末は王子といっしょに帰省して、温泉めぐりする予定。
みんなも誘いたいなあ…玄界灘の離島めぐり釣りツアーでもいいし♪

東京は確かにいろいろあるけど、味わえるものは 「ばったもん」 ばかり。
地方の本当に美味しいものは、ないのです。採算も取れないんだと思う。
でも、確かに世界中の料理の 「雰囲気」 を味わえるのは、東京くらい。
東京の方が、人もいいし…福岡は男尊女卑な風土がキライだ。

美味しいものは北にある、というのは、メディアの中心が東京にあるから
流されている情報でしょう。
九州は東京から遠いから、気軽に足を伸ばせる北陸や東北が、
どうしてもメディア登場回数が増えるんだと思う。
北も南もないんじゃないかなあ。
京都や神戸も、四国も、沖縄も、それぞれに美味しいものに溢れてたよ。

福岡でうまいものを食べようと思ったら、ガイドブックを捨てて、
地元民に案内してもらうか、店構えを見てカンで探すほうがアタルと思う。
はやっている店は、ガイドブックに広告出したりしないもん。
風光明媚な場所も、いっぱいあるよ♪

そっか、今回は、残念だったわ。。
冬の神津島は、やはり、どう考えてもお勧めできませんから、
よい判断だとも思いますが。(笑)


グルメ番組とか雑誌とかは興味がないので見ない(読み飛ばす)
私なので、マスコミに洗脳された感じはしないのですが、
自分の父親が秋田県出身で、
北の方角にばかり足を伸ばしていたせいなのか、
我が家の料理が北のほうの食材・味付けが基盤だったからなのか、
「好物」が北の方の特産(特に北海道w)にありがちなため、
「美味しいものは北に」って思っちゃってたもかも。(短絡的食人生)
例:さつまいもよりじゃがいもが好き。←短絡さが伝わる(笑)


しかも、一度だけいった福岡では、
いわゆるガイドブック系のお店でクエを食べて
「ふ~ん。。。。」という思いをさせられたから、
悪いイメージが・・・(苦笑)  是非、若崎さんと一緒に
九州に行ってみたいぞ!!!!!

サバ食べたい。
生涯で一番美味しいと感じた小樽の生サバを越える
サバに出会ってみたい。(神津島にはいない)

ちえこ様

うああ~クエなんて食べちゃダメだよ~(泣)。
地元民は「大味」「くさい」と敬遠しています。
たまに「幻の魚」とか嘘八百書いてる本があるからな。焚書にしたい。

クエを食べるなら、サバを食べた方がよかったよ~。
サバは薄切りにして生のままゴマじょうゆをまぶして食べるのが福岡風。
上京するまでずっと、サバは刺身で食べるものだと思ってたもん。
普通の安い居酒屋で食べてもコリコリってするヤツが出てくるよ。
あと「サバしゃぶ」。身が締まっているからしゃぶしゃぶにできるの。
まったく魚臭くないから、最後は雑炊でスープまで飲める!
大分の関サバは 「なんじゃこりゃ、地上の食べ物か!」ってくらい旨いの、あれを食べさせてあげたいなあ~。

カンパチやマグロは絶対に北の方が美味しいけどね…それぞれです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/7642927

この記事へのトラックバック一覧です: 欲しいとき、欲しい言葉が:

« 帰省します | トップページ | ただいま! »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ