« 更新停滞中 | トップページ | 加湿器を買いました »

初夢の話など

新年の断片です。 一貫性はありません。


***

NHKの大河ドラマ「巧妙が辻」を見ていて、作家の清水義範さんが

「ソクラテスなんかと結婚したら、山内一豊の妻だって悪妻になる」

という趣旨のことをどこかで書いてらっしゃったのを思い出しました。

気の利いたセンテンスは印象に残りますね。


***


初夢を見ました。


3羽の白いフクロウを飼っている夢でした。しかも手乗りサイズ。

夢の中の私は、地中海の家のような白塗りの建物の最上階に住んでいます。

その家には天井がないので、上には抜けるような青い空が広がっていて
とてもきれいです。


鳥かごから出したとたん、
白いフクロウたちは空へと飛び去ってしまいました。


「飛んで行ってしまった…」と残念に思うのだけど、
ふと思いついて手をさしのべると
空からまた舞い戻ってきて、腕に並んでとまってくれるんです。

羽毛に沿ってあたまを撫でると、目を細めてギチギチと鳴く。
とてもかわいい白いフクロウ。


鳥かごに入れると、
なぜか並んだまま3つの小さな達磨になってしまいました。

ちゃんと目も入った、赤い、オーソドックスな民芸調の達磨です。

鳥かごから出すと、また白いフクロウにもどります。


夢の中の私は「フクロウというのはそういうものだ」と思っていました。




***


お正月はお雑煮とがめ煮を作りました。

お雑煮については、去年のレシピがここに。
今年は、かつお菜も手に入りました。カンペキです。

あとは、お屠蘇に合うような、エビの焼いたのとか、おつまみ類を少々。

カレー鍋にたっぷり炊いたがめ煮は3日間できれいになくなりました。

根のものはマクロビオティック的にも「体が芯からあたたまる」ので、
冬場にはおすすめです。


私のレシピは、鶏のもも肉、干し椎茸、金時にんじん、ごぼう、
れんこん、タケノコの水煮、茹でこぼした里芋、千切りの生姜。

出汁は焼きアゴと昆布、椎茸。味付けは、酒、薄口醤油、砂糖。
しっかり炒めてから、コトコト炊きます。

タケノコはなくてもいいけど、他はなにも省けません。

こんにゃくを入れてもおいしいし、彩りに絹さやを添えてもOKです。




***


最近は外食をしなくなったので、家でのんびり鍋ばかり食べてます。


お気に入りは、キムチ鍋。


韓国の鍋ではコプチャンチョンゴル鍋がピカイチで好きなのですが、
家で作るのは難しそうなので、豚キムチ鍋。


キムチ鍋のコツは、千切りの生姜を多めの油で炒めて香りが出たところに
一口大に切ったキムチを入れ、よーくよく炒めること。

キムチをじゅうぶん油炒めしたら、豚肉を入れて酒を振り、
色が変わるまでさらに炒めます。


キムチや豚肉をそのまま鍋にどぼんと入れても全然おいしくありません。
「油で炒めてから、鍋に!!」 これ鉄則。

うまみと味わいが深くなります。ぜんっぜん違います。

具が魚介の場合は、キムチだけ炒めましょう。


あとは、キムチっぽい調味液に漬けただけの和風キムチじゃなくて、
ちゃんとアミとか塩からとか動物性のものが入っていて、
発酵させてあるキムチ(できれば古漬けで、すごく辛いもの)を使うことです。


鍋の汁ですが、昆布で出汁をとって、酒を入れ、赤みそを溶いておきます。

そこに、いためたキムチ+豚肉、他の具を入れて煮て食べるの。

「キムチ鍋のモト」は使いません。あのケミカルフレーバー、耐えられない。




***


モトと言えば…

もとから出汁の素やめんつゆは使わない方でしたが、
(めんつゆなんて鰹節とみりんと酒と醤油で簡単にできるものですし)
最近は和風出汁だけでなく

「コンソメの素」や「鶏ガラスープの素」を使いたくないあまり、
休日にまとめて鶏ガラと香味野菜でスープを取っています。


市販の「素」との一番の違いは、塩を入れないので、いかようにも使えること。
カレーを作る際にも、水じゃなくこのスープで煮込みます。うまいです。

鍋の汁にも使えるし、ラーメンが食べたくなったら
チャーシューを煮た醤油をこの鶏スープで割ればOKだし、
応用範囲がとても広い。ミネストローネなど洋風にも大丈夫。


ただ、こういう食生活をしていると、
ポテチとかも食べられなくなってくるんですよね。
あのケミカルな塩辛さと下品な旨味に抵抗を感じるようになってしまって。


楽しみを失ってしまったわけで、方向を間違ったような気もしています。


« 更新停滞中 | トップページ | 加湿器を買いました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

明け過ぎましたがおめでとうございます。

メルヘンチックな初夢みましたね。
形も似てるし、ふくろうってやはりそういうものなのでしょう。
でも白い達磨じゃなくて赤なんですね。
紅白で縁起が良さそう。


僕の初夢は
キャンプに行った先にコテージがあってその中に入ったら
デーブスペクター(多分)にシャツの仕立てがいいことを自慢される
と言うものでした。
前後いろいろあって面白かったんだけどそこしか覚えてないです。

どんぐりさん

あーほんとだ、紅白で演技よさそうですね。そこまで思いつかなかった! 絵を描く人らしい着眼点ですね~。
初夢にデーブがでてくるのってかなり微妙だ・・・シャツの自慢って、なんかありそうなシチュエーションだし・・・

友人が牧場経営をしていて、そこに遊びに行って馬に乗せてもらうんだけど、その牧場は悪徳経営だとかで近隣からすごく評判が悪くて、友人にそれを言おうか言うまいか…といたたまれない気持ちになる夢もみました。(正月に)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/8094374

この記事へのトラックバック一覧です: 初夢の話など:

« 更新停滞中 | トップページ | 加湿器を買いました »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ