« あづまいち! | トップページ | お安い娯楽に行き当たる「東尾垂の湯」 »

春はタケノコ(表参道・寅にて)

1年ほど前に、荻窪のアートイベントで知り合った男の子と、
ちょくちょく飲みに行ったりなんだりしています。
ハタチとは思えないくらいしっかり者で、友人の幅が広く、
いろんな人を紹介してくれるのです。

どこかの社長さんとか、エコビレッジ作ってる人とか、
ヒーラーとか、ライターとか、歌手とか、いろいろ。


ノリはカンペキに女友達。フェミニンな雰囲気の人なんですよ。
メールも顔文字だらけだし、会ってもきゃーきゃーおしゃべりして、
これカワイイ〜、とか、オイシイ〜、とか言ったり、
将来の夢を話したり…他愛ないけど、女学生に戻ったような、
かなり楽しい時間が過ごせます。

「人を幸せにすることがボクのミッション!」と、恥ずかしいことを
臆面もなく言い切るだけあって、イヤな思いをさせられたことがない。


私から恋愛成分が蒸発したと同時に、この手の、なんというか、
中性的で気詰まりを感じない友人が増えてきました。不思議。
寂しく感じていたけれど、とんとんなんでしょう、きっと…。


で、昨日は表参道で待ち合わせて、食事してきましたよ。
彼はカフェに行きたがっていたんだけど、
あたしゃいやだよ、夕飯にカフェ飯なんて、オンナコドモじゃあるまいし!

と、日本酒メインの大人っぽい居酒屋にひきずりこむ。


その名も 「原始焼七代目 寅」 なんだかイカツイ名前。


ちょっぴり値の張る居酒屋だけあって、旬のラインナップがまぶしい!
どれも美味しそうで、あ、よだれが出そ。


迷いなく頼んだのが「若竹煮」。
頼りないほど柔らかい繊維が、まだまだ初春だと告げています。
4月のタケノコとは明らかに違う食感。

それでも、しっかりしたうまみと、ほんのり舌を撫でるえぐみは健在。
う〜ん、春を食べてるなあ……若竹煮はこうでなくっちゃ!
(醤油の味ですべてを殺す、タケノコを真っ黒く煮る文化は許せんッ)


旬を食べると、体がじょうぶになるのだとか。
東を向いてはいませんでしたが、楽しく笑いながら食べた初物は、
確かに元気をくれました。


他に頼んだものも、

ヒラマサのお造りはぷりぷりっ、

シマホッケの焼物は信じられないくらいジューシーであぶらたっぷり、

グリーンサラダは絞りたての橙でつくったドレッシングが
旨味さわやか、

揚げ芋は、砂糖で煮た芋を揚げたの? というくらいねっとり…
と甘く、ずっしりとしていて、ホクホクで、


ああ……すべて美味なるかな。 この店、あたり!


「ついてるなあ、こんな美味しい店に偶然あたるなんて」
「しあわせなことだよね」

しあわせなことだよね。
照れも気負いもなく、するり、と、こういう言葉が出てくる友人が、
ひとりはほしかった気がするなあ・・・。


うん。しあわせなことだよね。言葉を噛みしめる。


「私ね、夫と出会った頃、すごく恋してたから、緊張でまったく
味がわからなかったの。そういうこと、あるよねえ」
「わかるわかる。今日は…なんでもおいしかったね(笑)」
「うん、いっぱい食べちゃった(笑)」


そういって笑いあえる友人がいる幸せとともに。




春は来たるらし。



« あづまいち! | トップページ | お安い娯楽に行き当たる「東尾垂の湯」 »

02_ レストラン(外食)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/8819539

この記事へのトラックバック一覧です: 春はタケノコ(表参道・寅にて):

« あづまいち! | トップページ | お安い娯楽に行き当たる「東尾垂の湯」 »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ