« どんより雲の下 | トップページ | あづまいち! »

恋愛成分

自分の人生から、こんなにも 「恋愛成分」 がなくなるなんてなあ。

ほんの数年前まで、思ってもみなかったよなあ。

しかし、なくなっても、何の不自由もないもんだね。




以上、最近ふと気づいて、感慨深かったことでした。


こんなに仕事のことばーっかり考えて一喜一憂してる人生を、
20代前半のころは想像できたでアロウカ。


王子と暮らすこの家は、いっぱいに
「これに浸ってれば生物が生きていける」っていう
栄養豊富な電解質の培養液ゼリーが満たされている感じ。

グルメな楽しみはないから、味気ないっちゃ味気ないんだけど、
不自由がない…みたいな。

あの病的でどうかしちゃってる狂躁状態を思い出すこともできません。

それどころか若いタレントを見ても
「なんだこのアゴは、ちゃんと噛んで食べてるのか」 としか思わないし、

恋愛……どんな感覚だったっけね?




***


にっき。

・伯楽星 純米吟醸 うすにごり

・東一 純米吟醸 山田錦 おりがらみ生酒

以上をネットショップからお取り寄せいたしました!


伯楽星は、先週末に親友Mくん (言動がいろいろとジャガーさん似)の
家で行なわれた鍋会で「生詰め」を飲み、そのうまさにびっくりしたもの。

(そういえばそのとき 「3末で役所を辞めて北海道で農業をやる、
土地も購入したし、指導者も手配済」 みたいなスゴイ話を傍らの友人が
してたんだけど、私の心はMくん手製の鍋と伯楽星にクギヅケでした。
Nくん、ごめん! いまさらだけど、がんばれ〜)


本当に自分の好みに合ったおいしいものを飲み食いしたときって、
瞳孔が開くような気分になりませんか?

Mくんちで飲んだ伯楽星には、ひさびさに瞳孔が開きましたよ。くわっ!


これ、いずれうちで開けるとき、鍋パーティをします♪
みんなの瞳孔を開かせたい。くわくわっ! と。

伯楽星は、開封して三日後が一番おいしいらしいのです。
どんどん味がふくよかになっていくのだとか。

開封日に飲みきらないように気をつけないと…と思うと、鍋の人選に迷います。
私だったら、私は呼ばないね。
http://www.tutitatu.com/sake/niizawa.html





東一(あづまいち)は、まえにお寿司屋さんが「最高の酒です!」と
激賞してたこともあり、一度は飲んでみたい…と思っていたお酒。

伯楽星を扱うネットの地酒専門酒屋さんで「文句なしのおすすめ」として
紹介されていたので、いっしょに注文してみました!
http://www.tutitatu.com/sake/adumaichi.html

ネットで検索してみたら…やっぱり激賞ばかり。
単に売る目的じゃない、酒屋さんの熱意が伝わるコメントが続々。


その東一、明日、開ける予定です。たのしみたのしみ♪

おいしかったら、感想を書きますね。


« どんより雲の下 | トップページ | あづまいち! »

01_ 夫婦善哉」カテゴリの記事

コメント

ずいぶん前の記事ですが。
週末に日本に帰るのに合わせて、こちらで知ったつちたつ酒店にいろいろ注文してみました。素晴らしい品揃えですねえ。
日本で東一や伯楽星や東洋美人や土佐しらぎくが待っているかと思うと、今からむはむはしてしまいます。
以上、注文を終えたばかりの興奮にまかせて、お礼まで! 

>酒徒さん
おおっ、日本にまた帰ってこられるのですね!
今度はどちらでしょう、ぜひ一度、ご一緒してみたいものです^^

つちたつ酒店は、ホントにお世話になっていまして、何度も注文しています。私ごのみのお酒がめっちゃ多くて。
先日も伯楽星を注文したところでした!

ちなみに、東洋美人、東一、伯楽星、醸し人九平次の純米吟醸がとっても私の好みなのです。どっしり系ではなく、フルーティな吟香が立っている、飲んでて「はんなり」する系www
あ、コスパの良さも大事です(´∀`)

でも最近は、成増の居酒屋さんの影響で、どっしり熟成系にも目覚めつつあったりして……日本酒はホント、奥が深いですねえ~。
お酒を愛している限り、人生に飽きることはないなと思っています。

昨日1人5本の4合瓶をスーツケースに詰め、広州に戻りました。 今はたくさんの瓶が並んでいて幸せとはいえ、これで次回帰国までの数ヶ月をしのがねばならないと思うと、厳しい話です。  
「はんなり」タイプ、熟成タイプ、その他諸々、自分がどれが好きなのか考えてみましたが、とりあえず水みたいなのは論外として、とても結論が出ませんでした。。値段は、高くても1升瓶で2000円台までという一応の基準があるんですけどねえ。。

お酒を愛する限り人生に飽きないというのは全く同感です。一方、もしもお酒が飲めない身体になったら何をしていいのか本当に困りそうです。・・・いや、でもまあ、何があっても飲み続ければいいのか。
   
次回の帰国は九州(来年2月)でその先は未定ですが、こちらこそそのうち是非ご一緒させて頂きたいです!今年の目標にされているお子さんができる前(お酒が飲めるうち)とすると、急がねばですね(笑)。

4合瓶じゃあ足りないでしょうなあー(笑)。
しかし、1升瓶で2000円台までとはお厳しい。
私は3000円台までは「おいしきゃいいやー」と許容しちゃいます^^;
不当に高い酒って、あれ、なんなんでしょう。金粉でも入ってんのか。

お、私も来年の2月は福岡です、父の還暦祝いで。
2月20日過ぎからーですけど。
つぎ、東京に帰って来られるときがあれば是非!^^
おいしい焼鳥屋などご案内できますよー♪
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/8711586

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛成分:

« どんより雲の下 | トップページ | あづまいち! »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ