« 成人女子なの、一応ね | トップページ | 北欧へ、あと少し »

ドラえもん短歌

歌人・桝野浩一さんの選集「ドラえもん短歌」が発刊され、

その記念に行われたウェブ上での新作募集コンテスト(下半期)に
ワタクシ若崎の作品が一首採用されました。うれしいうれしい☆


まあ、本家の(本になっている)ドラえもん短歌に比べると
つまんない歌だなーと自分で思いますが、それは精進するということで。


ドラえもん短歌の公式ページはこちら。

詩を書くときと同じ「若崎汐里」で下半期の入選者に載っています。

少女趣味なペンネームですが、もう10年も前に、
尊敬していた人がつけてくれたので、大切に使っているのですよ。




ここのところ連続で「枡野浩一のかんたん短歌blog」でも
選評に取り上げられており、たいへん励みになっています。

5月11日の選評では2首が採られましたが、この選評が……


 「要領よく文章をまとめる力があり」 ますが
 「そこから一歩、はみだす勇気を」 って……
短歌のことだけでなく、まんま私のライターとしての悩みじゃないかっ。


なまじ「小器用」なところに、御用ライターとしての職業意識が
磨きをかけていて、「破調」が苦手になってしまったんですよね。

でも実感も創造も破調に宿るわけで……むむむ。




あの五七五七七の、たった2首から、そういうことまで
読み取れてしまうなんて、第一線で活躍するプロはすごい。

これまであまり投稿という行為をしてこなかった私ですが、
ためになります。

人前で、名指しで評価されるのってスリリングだなあ、
やっぱ署名でやりたいなあ、と、本業にも新たな野望が沸いてきました。


なんでも、やってみるもんですね。。。うん。

 

« 成人女子なの、一応ね | トップページ | 北欧へ、あと少し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

少し前の記事に「もう誰も定期チェックしてないだろう」みたいなこと書かれてましたが、ちょくちょくアクセスさせてもらってますよ。

で、以前の短歌の記事をきっかけに、桝野氏のブログもたまに見るするようになりました。短歌には全く縁のない人生でしたので、興味の幅を広げてくれた若崎さんに感謝です。採用、おめでとうございます!今後もたまには金にならない文章を書いてくださいねー。

しっかし、ひとつ前の記事の人が同じ義務教育を受けたとは信じられない。。。

>酒徒さん
ちょくちょくご覧いただいているとのこと、ありがたいです…
私も短歌を作ったことなかったんですけど、見よう見まねで楽しんでます♪


早く酒徒さんに充実の中華料理ライフが訪れますよう、
影ながら声援を送っております。
毎日のことだから、食事は楽しいに越したことないですよね。
「ちくしょー、うまそー、うらやましい!」というような
ステキ記事を期待してます♪
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/10186588

この記事へのトラックバック一覧です: ドラえもん短歌:

« 成人女子なの、一応ね | トップページ | 北欧へ、あと少し »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ