« 北欧から、帰ってきました | トップページ | 平凡デイズ »

見たんじゃなかろうか

本日は王子がいないのです。
で、たったいま、V6の「学校へ行こう!MAX」を見ていたのですが……


それに、「ウィーン国立歌劇場」が出たんですよ。

華麗な舞台、華麗な客席、華麗なスロープ、
どこをとっても華麗大連発の、あのオペラ座が。

内容は、国立バレエ団で日本人初のソリストをつとめる中村祥子さんに
バレリーナを目指す14歳の少女が会いに行くというもの。

番組の最後に、その中村さんはこう語っていました。
「実は、ウィーン国立歌劇場を6月で退団します。
それからベルリンのバレエ団に行くのです」(撮影は6月後半?)


「だから6月の"眠れる森の美女"が、私のウィーンでの
最後の公演でした」と。


ん、6月の眠れる森の美女?






……私、見たんじゃなかろうか、彼女が踊ってるのを。






6月の北欧旅行のフィニッシュはウィーンだったのですが、
(まあ旅疲れの体調不良でほとんど観光できなかったんだけど)

そのとき、オペラ座でバレエを見たんです。


演目はチャイコフスキーの「いばら姫」、つまり、「眠れる森の美女」。


番組の最後、
中村さんがバレエ少女に踊りをプレゼントするシーンがありました。
ぜいたくにも、シェーンブルン貸切りで。


あああ、この音楽、この踊り、まったくウィーンで見たのと同じだ。


ウィーンのオペラ座は、同じ公演を続けては打ちません。
ということは、その公演、私、きっと、見てるわ。ふえ~~~。

オペラグラスなかったから、日本人だってわかんなかった!

いやはや。こういう分野には、すっごく無知なんですよ(^^;

(バレエもオペラも、好きなのですが、ボンヤリ楽しみに見に行くだけで、
なにかを学習しようとか覚えようとかしないんですよね。
だらけた性格なので…。あらすじは予習してくけど。)





みょーなことでテレビとシンクロし大興奮。

この稀有な出来事を語り合いたい王子は飲みに行ってるので、
興奮したテンションをぶちまけよーと、ここに書いてみました。


楽しい偶然があるもんですね☆

しかしせっかく日本人ソリストがいるなら意識して見たかったぞ~!

    

« 北欧から、帰ってきました | トップページ | 平凡デイズ »

08_ 旅行の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/11095763

この記事へのトラックバック一覧です: 見たんじゃなかろうか:

« 北欧から、帰ってきました | トップページ | 平凡デイズ »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ