« レッスン 01 | トップページ | バースデー »

愛しの高校生

 
「聖☆高校生(せいんと☆こうこうせい)」(小池田マヤ/少年画報社)
というマンガがあります。現在、1~9巻が刊行中。

四コマなので発刊はスローペース。
もう6年も読み続けているわけですが、本気で「大好き、ぜひ読んで!」
と言える数少ないマンガです。

話は、高校生の成長モノ。

神保聖(じんぼひじり)くんというチビでひ弱で気が弱い高校生が
「ちんぽいじり~!」なんていじめられる話から始まり、
魅力的な大人の女である美術教師・美園先生と出会って変わり始め、
イメチェンを果たし、みるみる背が伸び、同級生との恋愛や破局や
決定的な決別があったり家出したりホストになったりヒモになって
ヘルス嬢と同居したり留年したり……なんじゃかんじゃと、マンガならではの
波瀾万丈ストーリーが展開します。

でも、不思議と、物語の主眼は、波瀾万丈のほうではなくて。

丁寧に描かれる聖の考えや思い、エキセントリックな登場人物たちが
「なぜ、そんな人間になってきたのか」という個人の歴史の重さも含めて、
「人間はどうしようもなく、人間関係のなかで生きている」
という事実そのものが、主役です。

つらいことがあると、聖はその環境ごと捨てて、逃げます。
でも、逃げても逃げても、自分が変わらない限り、地獄からは逃げられない。
どこまで行っても、人間と関わらなければ、人は生きていけないから。

愛され、傷つき、許され、あるいは許されず、受け入れられても無視されても、
愛する人を亡くしても、それに永遠に捕らわれたとしても、
逃げ出しても、それが死の間際でさえ、どうしようもなく人は人と関わってしまう。
その中で、少しずつ成長し、居場所を作るしか、生きるということは成り立ち得ない。

そんな作者の思いが、けっこうドギツイ下ネタとギャグの合間に
ぶちまけられている熱いマンガなのです。


もう、読んでて、「こりゃ…私のことだな」と、耳が痛い、心が痛い、
そんなシーンがたくさんありますよ。
「逃げるな聖! …でも私だって逃げる」 みたいなさ。


1~2巻の「普通さ」にめげず、とにかく5巻までは読んでみてほしい。


1~2巻までは、普通に面白い、軽いタッチの四コマでしかなかったのに、
4巻でスゴミを増し、5巻で人間関係が複雑化して物語が深くなり、
6巻から始まる「主要な登場人物の背景を追っていく」丁寧なストーリー展開に
「次、次を早く~! あ~なんで四コマなのよ単行本化が遅いっちゅーねん」と
ジャンキーに成り下がって今にいたります。

単なるスケベ教師として描かれていた美園先生が、なぜ
あんないやらしくて無意味なことを誰にでもするのか、
その背景がドラマチックに暴かれていく6巻からは一気読みです。


11月あたまに、やっとやっと、1年以上かけて、待望の9巻が出ました。
相変わらず、素晴らしいです。

とくに染みいったのは、私のお気に入りの「巨乳美女」で「ヘルス嬢」の
女子高生ジュンさんが聖に言うセリフ。

「まぁ最低なのはおまえもだけどな
…なぁ聖 白状しろよ
今日オレっちとあの女 どっち助けるか迷ったろ

ペコちゃんのこともそうだ おまえは
誰かのために何かをしてやりたくて
してやったと思いたくて八方美人で
あのコもあのコも みんなを助けたい

だから誰一人助けられず
なのにみんなを助けたかったのにと傷ついたふりで
助けられない己の力不足を認めない

偽善者以外のなんだというんだ?
…そんな奴に
助けて、なんて言えるか!?」


誰も助けられない八方美人の偽善者。 それは私のことなのだ…。
個人的に耳が痛い&心に刺さるベストな長セリフでした。


どうしようもなく、次が読みたい。次がラストの10巻!
聖のやぶれかぶれの成長譚がどう決着するのか、楽しみです。




*** *** ***




そだそだ。

こないだちょっと怖いこといわれたので、別の病院で検査してきました昨日。
長々しい待ち時間に耐えて(^^;

結果は良好、これで良性が確定です。だいじょぶだいじょぶ。

最初に病名を聞いたときは「そうか、これで死ぬのかあ…」という感じでした。
それでもいいかな、とは思ったんだけど。


でもだいじょぶ。元気。
私の感知しないところでひっそりがんばっている私の身体は、
「私」なんかよりずっと上等だ。
生きたいんだね。よしよし。私もがんばらにゃ。 という気分。


初夏までには完治させて、お遍路にいくんだ。
仏教徒なんだし、元気なうちに後生のための善を積まねばならぬ。
執持鈔にも「死の縁無量なり」とあることだし(執持鈔的に遍路は雑行だが)、
これだけは行かないと心残りになるから、急がなきゃ!


« レッスン 01 | トップページ | バースデー »

06_ マンガ愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/12690574

この記事へのトラックバック一覧です: 愛しの高校生:

« レッスン 01 | トップページ | バースデー »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ