« 今日のお薬 | トップページ | ガンダムと年末の断片 »

説明責任

 
 ニュースサイトMSNにて「謝罪特集」が組まれている。
 http://editorschoice.jp.msn.com/061211B/
 軽い読み物なのだが、どうにも読み流せない内容で「ええっ?」といちいち
ひっかかる。たとえば、その中の1コーナー、「スマートに詫びたい恋人・家族」
というコラムは以下の通り。

《愛があるからこそ、ちょっとしたことでヤキモチも焼くのがパートナー。はずみで寄ったキャバ嬢のメールや、異性の同僚とのツーショット写真などが原因で、ゴングが鳴ることがある。「何もしていないから、謝る必要はない」というのは大きな間違いだ。心配をかけてしまったことがすでに罪である。どうすればすんなり許されるのか。

私の経験からすると、平謝りは逆効果。そんなに謝るなんて、本当は何かあったのでは?とかえって疑念がわくものだ。「私(俺)のことそんな風に言うなんて、信じてないの?」と問題をすり替えるのが正解。この場合、心で舌を出していてもバレなければ構わない。「信じてないってワケじゃないけどさ…」と相手が下手に出たらしめたものだ。》


こんな文章でお金がもらえるんだなあ、という感慨はともかく 《「私(俺)の
ことそんな風に言うなんて、信じてないの?」と問題をすり替えるのが正解》
のわけないだろうよ。
私なら文字通り「問題をすりかえないでよ」と一蹴だ。

信頼を回復してくれ、というこちらの要求に対してなにも応えず、
相手に罪悪感を抱かせることで切り抜けようなど卑怯千万。
あなたは自分の言いぐさが卑怯だという自覚があるのか否か、というケンカが
ひとつ追加されるだけで、前向きな結果にはなりっこない。
相手が私のような偏屈でなくたって、納得してもらえない以上、不審の種が
残り続けてしまう下策だ。


・疑われるような事実はない
・信頼を回復したい


そんなもの、「ちゃんと説明しようよ」というだけの話ではないの?
平謝りにしても責任転嫁にしても、書き手に一貫している「切り抜けよう根性」が
よろしくない。
「なんとかこの場を切り抜けたい」と思っている人間を、人は許すことができない
のではないかなあ。

事実をそのまま説明して誤解をとき、最後にちょっと笑わせて、
気持ちの落としどころをつけてあげる。

簡単な話だと思うが、恋人に説明するってのはそんなにも避けたい面倒なことなのか。
問題が再燃する都度のらくら切り抜けるほうがよっぽどエネルギーを使うと思うが…。

でもまあ現実にカノジョがこんな些細なことでウダウダ言い出すときは
「最近スキって言ってくれなくない? もっとこっち見てよッ!」ってなことを
伝えたい場合がほとんどなので、もう少しカノジョのために時間を割くなりなんなり、
かわいがってあげてください。


それすら面倒な男に、女を保有する資格なし。
別れちゃえ ( ・∀・)ノ ---===≡≡≡ 卍 シュッ!


« 今日のお薬 | トップページ | ガンダムと年末の断片 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/13027079

この記事へのトラックバック一覧です: 説明責任:

« 今日のお薬 | トップページ | ガンダムと年末の断片 »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ