« 説明責任 | トップページ | 折鶴 »

ガンダムと年末の断片

 
午前中、ひとつ仕事。
その後は、あさって取材でバンダイのガンプラ工場にいくことになったため、
急遽ツタヤでガンダムをレンタルしてきて黙々と見ています。

手には「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 公式ガイドブック」。

端から見るとまったくヤバイ人ですが、違うのよ仕事なのよ信じて。


***


年始に実家で祖父母を中心とするイベントが行なわれるおかげで
私は16日間予定の海外旅行をあきらめたのですが、その祖父の体調がここのとこ
すぐれないのでイベントは中止になるかもしれない、と昨日母から電話がありまして、
聞いた瞬間「おじいちゃん大丈夫?」ではなく「だったら旅行はキャンセルしなきゃ
よかった」と思ってしまった私は悪魔なのかドルゲなのか、もちろん見舞いには
行きますが重大な病気ではないわけだからソレとコレとはアレだろう、と思って
しまったのですけど間違ってますよねやっぱ。

以上、言いにくい話は一息で。


***


年末年始といえば、今年もお互いが自分の実家に帰る、という感じです、うちは。
私は九州、王子は北関東なので、一度に両方まわるのは体力的に厳しいし、
実家が東京から遠い場合、地元の友人と会える機会は帰省のときくらいだもん、
ゆっくり遊び歩きたいですよ。
王子の家には1度行ったきり。王子も私の実家には1度しか来てません。
冷たくしているつもりはないんですけどね。
結婚したら相手の親も実の親と思いましょう、みたいなのってピンとこないから
自然にしているだけです。育ててもらったわけでも一緒に暮らしたわけでもなく
生活に接点もなく考え方や話が合うわけでもない30歳近く年上の人間に
愛着を持てないのなんて普通のことじゃないの?
憎んでいるわけではないのです。
みんなで母親のご機嫌をうかがって暮らしていた私の実家とは違い、
父親がでーんと威張っている王子の家の空気は、肌にはなじまないものですが、
私さえそのヒエラルキーに取り込まれないのなら、ヨソ様のご家庭にケチを
つける気はさらさらございません。
なんせ交流がないので感情的には限りなく無味。零。という感じ。

孫でもできれば、もっと頻繁に交流が始まるのかな。どうなんだかな。
今は今で気楽ですが、そのときはそのときで何とかするでしょう。
私は、王子いわく「爆弾を抱えた八方美人」なので、ある一定レベルまでの
うわべのつき合いは得意です。もとが偏屈なので、一定を超えると
「……それちょっと、おかしくない?」と突然ケンカを売ったり、
「私はそうは思いませんから」とガンとして譲らなかったりしますが、
そこを乗り越えてもっと楽しい関係になれるなら義父母だろうが義祖父母
だろうがウェルカムだし。こじれたらこじれたで、書くネタにしちゃえばいいし。
うん。どっちでもオッケーだな。

王子は自分の父親の姿を見て「ぜったいに妻の料理に身勝手なイチャモンを
つけたり、家事に当然の顔をしたり、交友関係に口を出したりしないようにしよう、
妻をかしずかせて手に入れる小さな威張りなんて、俺はいらない」
と、決意していたそうです。
その通りに、命令形でものを言わなくて自由放任で仕事をやめろとも続けろとも
言わず、「俺の親を大切にしろ、一緒に帰省しろ!」(←こういう男が一番キライ)
なんてこともぜーんぜん言わない、リベラルでござい、という夫に育っています。

父親のコピーみたいな息子もたくさん知ってるし、環境ってどう左右するか
わかんないものですね。


王子について余談:
王子はもちろん家事マメな人です。でも家事マメな夫なんて今どき普通に
いますよね、若い友人を見てても、共働きなのに料理も掃除もなんもしない
旦那さんって……いないよ。

それなのに「私の夫って、家事をやってくれるのぉ♪」って、やたら吹聴する
女って、ほんと、多いんですよ。「それ……普通でしょ」とは言えずに
「へえ、そりゃすごいねえ…(うつろ)」と答えたりしちゃう気弱な私ですが、
「なんかこういう女って “家事は女がやるべし” を逆に助長してるよなあ…」 と、
しょっぱい気分になります。
家事は女がやるもんだっちゅー考えが染み込みすぎている土壌が、的はずれな
自慢の花を咲かせてるわけでしょ?

旦那さん本人に心から感謝することと、特別なことではないという認識は、
まったく矛盾しません。お互いに感謝しあっていたい、とは思っていますよ私も。

まあ「静かに幸福を噛みしめられない病」(または、人に自慢して初めて
自分の幸福を実感できる病)は女に共通の病ではあると思うのですが。
自慢にも、なんかこう、芸がほしい芸が。芸って恥じらいのことよね?



« 説明責任 | トップページ | 折鶴 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/13040624

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダムと年末の断片:

« 説明責任 | トップページ | 折鶴 »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ