« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

携帯より…(泣)

 
散歩してたら、あぶない雰囲気の、春の風物詩みたいなおっさんに
唾を吐きかけられたうえ、なぐられそうになりました

逃げたけど


コートが唾で というかショックですよもう


一触即発で不眠症っていうブルーなテンションのなか
波風たてないように そろそろと生活しているのに ああもう さいあく


こういうとき腹をたてるところになかなかいけない
自己嫌悪モードに入っていっちゃうですよ なんでかな


痴漢されたときと似たへこみ具合かもしれない これ



ひとりごと。

 
ブルーだ。

週末もずっと仕事で、やることいっぱいで。
ジョギングするのが唯一の気分転換。あと、このブログと。

でも走るのもブログも、基本「ひとりごと」だからなあー。
山村修さんも「気晴らしの発見」で書いてたけど、
ひとりごとって、いまひとつ気分転換として有効ではない。のよね。


でもこの程度の忙しさ、いつものことだもん。ごはん食べるヒマはあるもん。
なんでブルーなんだろ。

家の引き渡しが迫っていることかな。

なんなんだろうなあ。家。
生活が変わることが憂鬱なのか。
あんまり突き詰めて考えちゃいけないような気がするから、
そういうことにしておこう。うん。


とりあえず温泉いきたい。
ぼーっとしたい。


彼のインフルエンザのせいで一緒にいちご狩りに行く約束が流れてしまった
Mくんから、山梨の温泉に誘われちゃいるのだが、
日程の都合がなかなか合わなくて、これも流れそうなんだよなあ。
「平日休んでよ」「そっちが土日あけろよ」の応酬になってしまうー。

まあ、毎回、温泉にいったらいったで、あまりのMの長風呂ぶりに
ケンカになるんだけどさ。料理を出してもらうタイミングがずれる。
いつも私が待たされて~♪ って、おまえは神田川かっ! と。


だいたい、なんなの、あの歌は。
なぜ男が女を待たせているのだ。
男のほうが風呂は短くないか、ふつう。
「洗い髪が芯まで冷えて~」って、女は髪まで洗っているじゃないか。
これはもう、待たせていながら、コーヒー牛乳を飲んだり、
マッサージチェアに座って巨人戦を見たりしているとしか思えないわけで、
「ただ、あなたのやさしさがこわかった…」って、やさしくねーだろ、そんな男。




とりあえず王子様が3月12日から中国出張に行かれますので、
私も群発頭痛が治まるのを待って、12~13日あたり1泊でひとり旅かな、と。
運転できないから、近場の真鶴とか湯河原あたりで。ああひさびさ。いいねえ。


それをただいまのニンジンにしよ。 だましだまし生きてやる。
さてっ、仕事仕事ー!



『太陽がイッパイいっぱい』

 
『太陽がイッパイいっぱい』(三羽省吾/文春文庫)

 大手パン工場で、ひたすらメロンパンを鉄板から剥がし続けるバイトをしたことがある。溶けた砂糖で鉄板にしがみついているパンをはがすのは単純な力仕事。1日中立ちっぱなしで、大声で交代を呼びかけなければトイレにも行けない。時間の感覚がなくなり、手は鉄板の熱と握力の低下でしびれ、絶え間なく吹き出す汗はあちこちに飛び散り(汚ねえな)、それはそれはつらかったのだが、腰と手首のスナップだけを使いつづける単純な行為には、頭の芯を真っ白にさせる麻薬的な快感が、あるにはあった。
 三流私立大学に通う主人公のイズミは、恋人のおねだりをきっかけに肉体労働のバイトを始め、解体屋「マルショウ解体」の構成員になる。パン工場など目ではない、ゴリゴリのガテン労働。汗を流して腹を空かせ、安酒をあおっては笑い合うアナログな生活は、大学生活を吹き飛ばすほど圧倒的なリアリティに満ちている。
 青春物語の特徴は、主人公がいかに成長するかが読みどころだ。大学生活を「損得勘定しか教えないクソバーチャルの世界」だと嫌悪し、将来のため復学を勧める一流企業の兄を《複雑でリアルではない世界の住人》と一蹴するイズミは、しかしハンパに休学中の大学生。解体屋での仕事と濃い面々とのつき合いを通して、ふたつの将来のどちらを選ぶのか。一貫して肉体労働者を弱者扱いすることもなければ美化することもない筆致は、どちらを選ぶにしても、それらが対等な選択肢であることを納得させてくれる。物語の後半、「ここにも居場所はないんだよ、大学生くん」とリアリティの世界からも肩を叩かれたあと、イズミが心に落としどころをつけていく過程は、モラトリアムにうんざりする学生にとって、ひとつの回答にもなるだろう。
 ちょっとした描写も楽しい。恋人同士に見えないカップルを《池上遼一の劇画に赤塚不二夫のキャラが出てきたときに感じる違和感》といい、立ち飲み屋でなんとなく輪にまざってきたオヤジを《相当な期間風呂に入っていないということ以外、なにひとつ素性のわからないおっちゃん》と表現し、行きつけ食堂の女の子が開いた美術展に出かけてウ~ンと唸っているマルショウの連中を《彼らにとってのゲージュツの秋とは、うんこを我慢するような顔をする季節なのだ》というような、皮肉とユーモアのきいた言い回しの妙にクスクス笑わされる。
 キャラクターの造形はマンガ的なまでにエッジが効いている。エネルギーのありあまったマッチョなチンピラのカン、引き締まった身体と精悍なマスクをもつくせに赤面症のクドウ、経営不振なマルショウを支えるヤクザあがりの親方、企業をリストラされ女房にも逃げられたハカセ。それぞれに退っ引きならない事情はあれど、物語は少しもしみったれることなく、ギラつくまぶしい太陽のもとで流す汗と、大阪弁の軽快なリズムに乗ってテンポよく展開していく。どこの世界に属したとて、日常とは、それぞれに解決のままならない問題を抱えた人間たちがシノギをする場所だ。考え込んで深刻ぶったとて、それが何の足しになるわけじゃないものな。そんな当たり前のことを自然と体得している登場人物たちの言動は、ときにバカバカしくも、清々しい。さわやかなガテン系青春物語である。


サプライズ

 
23日のにっき。
青山で売れっ子デザイナーさんにインタビュー。
いい感じで終わったのだけれどカメラマンさんがちょっと変な人で
「もっとかっこよく!」などと抽象的で失礼な指示を出すため険悪な空気に。
なんとかしようと思ったんだけどなんともできませんでした。
意外性とかユーモアとか余裕とか、いろいろと足りなくて、
私はこういうときに人の気分を変えることがとても苦手だ。悲しい。


帰りがけ、ベルコモンズを覗いてCIBONEでインテリアをチェック。
ギャラリー巡りするついでにぶらぶらしていたら、お手頃価格の紳士服の
店を見つけて、ウィンドウショッピングする。
王子の好きそうな柄のタイがあったので、サプライズさせちゃおかな。
と、店に入って、衝動的に2本購入。値段は1本7500円と、とても安い。
王子が自分で買う価格帯ではないけれど、見た目は明るくていい色だし、
まあ、いいか。


夕飯の買いものをして帰ったら、風邪のため早めにあがった王子が
「はいっ、プレゼントだよ!」 ケーキを買って待っていてくれた。うわあっ。
昨日の夜、「すごくケーキ食べたい、コンビニのじゃなくて高いやつ!」と
私がブツブツ言っていたのを覚えててくれたらしい。
非常に珍しい事態です。
基本、私の話なんか聞いてないから、王子。
風邪をひいて心が弱っているのかしら(笑)。

私もタイを渡して、プレゼント返し。こちらはもっと驚かれる。
気に入ってくれたので、よかったよかった。


プレゼントは、負担にならない値段のものを。
家計の一部をいっしょにしている以上、これが1本2万円のタイ2本だったら、
そしてケーキ3個じゃなくて豪華な花束だったら、
「なんでもない日に、お金使いすぎだよ!」と、思っちゃうかもしれないもの。

そして、ぜったいサプライズがいい。
明日のルーティンを頑張るために、日常のそこここに、
甘露な蜜をぽつんぽつんとランダムに落としていくこと。
すぐに消えていく、そのほんの1滴の甘さに、たまに切実に、救われるから。


「ケーキとネクタイじゃ、釣り合いがとれなくて申し訳ないね」
と、王子は言っていたけれど、そんなことはない。

タイはサラリーマンの必需品で消耗品、「くつした」みたいなもんだけど、
ケーキは別に必要でもない贅沢品じゃないか。

贅沢品のほうがプレゼントとしては王道で、だからとても嬉しかったのでした。



完全に回復

 
ひさしぶりに、ものっすごくグッスリ眠れた~!!!

なんの物思いもなく、7時間も寝てしまいました。
気持ちよかったなあ、満ち足りた眠りの朝。

頭から順番に、無理なく覚醒していくときの、身体の節々が甘ったるい感じ。
こんないいものだっけね。眠る快楽にまさるものなしだわ。


26日まで、お仕事がけっこうみっしり詰まってます。
大変っちゃ大変なんだけど、
大きなお肉のかたまりを前にフォークを構えているような充実感!

そう思えるようになったのは、たぶん健康になったから。有り難い。
体調が基本だなあ。心にも影響するもんね。


さてさて。遅れを取り戻さねば。 がんばりますですよ♪



決めてください

 

どちらにもとれる笑顔をしますから どちらにするか決めて下さい (志井一)




* * *


ばらばらにほぐされてしまいたい。
そうしたのちに誰かお好きに組み立てて、形に整えてくれればいい。

おりかさなった人物模型に自分好みを探してみれば、
指針というのはなかなか難しくもある。


すみずみまで自分をいとおしむには
どこか足りないまま生まれてきて

精密機械のように具のそろった内臓が
少々身の丈にあわない気がしてならない。


だからどうぞ一度ほぐして。
文句の言えないからっぽな、ただの袋に仕立ててほしいと思う。


真面目な話なのだが 。



* * *


詩をアップしといて、めっちゃ余談ですが、王子様が風邪ひいちゃってね。

おろおろ。おろおろ。

オーソレミーヨである天の恵み、王子様が傾くと、
私の精神はとたんにグラグラしてしまいます。泣きたい気持ちに。

たのむから生きていてほしい。できる限り健康でいてほしい。
なるべくならば幸せでいてほしい。基本だ。


はやくよくなってー(泣)。



ちょっと元気に

 
やっと眠れるようになりました。とはいっても、1日4時間程度ですけどね。

人の心配してる場合じゃないのですが、友人が次々に倒れていく。
そういう時期なのか。
インフルエンザ、流行ってますね、とりあえず。


Mくん元気か。看病にいけなくてすまないがこっちも不眠でつらくてね。
しかし、どうして君の半同棲してるカノジョはこういうときだけ帰ってこないんだ。
とりあえず君は、甘える相手を間違っているぞ。
いつでもワインで釣れると思ったら大間違いだっ
…ってこともないけど、根本的な解決にはなっとらん。 と、思うよ?

(↑最近ブログに俺が出てこない、と本人からクレームが来たので、
登場ついでに公開説教の刑だ)


不眠の原因は、群発頭痛のことだったり、仕事のあれやこれやだったり。
考えてみれば他愛のないことばかりなんですけどね。


人間関係、整理したい時期なのかも。

転職を繰り返しているせいか、友人も知り合いも増え続けています。

お酒の楽しみは楽しみとして、慰めや逃避だってそれなりに、
実にならない関係であっても、時間をとっていいと思うのだけれど。


問題は、楽しみにも慰めにも逃避にもならない無駄なんだよなあああ。


と、ここで書いても仕方ないやね。
Mくんのこと説教できないな。私だって、文句を言う場を間違ってる。


面倒くさくても、「向き合いなさい」ってことだね。
お互いにね。



ゆりーか! (おおげさ)

 
ああ。

そうだ。

ぐるぐる考えてて、いま、いま、いま思い出した。


なんで、忘れていたのだろう……。




不眠症を発症するほどの、のしかかってくる、大きな不安の、原因。


ばかだなあ。


ほんと。


なんで、忘れていたのだろう。


呑気だなあ、わたし。


本当に、呑気だなあ。 はは。


不眠症にならなければ、その日まで、忘れていたつもり?


笑っちゃうなあ。 あは。 は。


そう。


2年前からの恒例行事。 ……行事?(苦笑)






3月アタマは。

………群発頭痛だ。





同じく群発のみなさん、いま、「マジかよ!?」って思ったでしょ。

世の中には、群発シーズンを忘れてしまう超バカな女もいるってことです。

でもね、身体は覚えていたわね。

全力で不安を訴えていたわね。眠れなくなるほどね。




人間を放棄したくなる、あの痛みを、2月末現在、忘れるなんて。
3月7~9日から、ぜったいに「来る」ことがわかっているのに。

拷問の期日を忘れていた虜囚と同じですよ。 あー私って!!
確かに他の深刻な群発さんと違って、3~4日で去っていくけれど!!


それが不眠症の、根本原因でした。
わかったとたん、身体のいやぁな緊張がドッとほぐれ、新たな不安がヒシヒシ来たよ。
どっちがよかったんだか。


去年のお薬、1錠300円様の残り、今年も使います。
心構え、します。 もち、禁酒。


群発頭痛を知らない方は、ググってくだされ。
毎年、だいたい決まった日時から発症する、世にも奇妙な頭痛です。

これがね、もう、世をはかなみたくなるほど、痛いんだ。
痛くて痛くて、もう。
頭を壁にガンガンやっちゃうんだ。吐くし。床をローリングするし。
目が、血のように赤くなるし。

おととしの私の群発日記はコチラ。
http://wakashio.tea-nifty.com/nikki/2005/03/post_5.html




そうだそうだそうだ。
年に一度の、拷問シーズンが来るんだ。もうすぐ、来るんだ。
目の奥をペンチでひねられるような、
あごの奥をハンマーで継続的になぐられるような、あの痛みが来るんだ。


あははは。

………。


あー。思い出すと。もう。
原因に思い当たったばかりに、さらに不安だ。

でも、ま、不用意に酒で誘発する事態は防げるからな。うん。よしとしよう…。



更新、やすみます

 
しばらくサイトお休みします。

本日から、がっつりした不眠症がまたやってきました。


こいつがくるたびに
仕事が遅くなる、慢性的にアタマと胃腸が重くなる、
いっきに老けた顔になる、風邪をひきやすくなる、集中力が落ちる、
外に出たくなくなる、すぐ息がきれる、とにかく何をやる気もなくなる、
もうねー、いいことなくて……。


原因に思い当たったり、それが解消されたりすると、
ちょっとラクにはなるのですが、今回はどうだろうな……難しそうだ。


しばらく生活だけで生活がていっぱいになっちゃいます。
というわけで、サイトはおやすみ。
中身のない雑記ブログですが、書いていて楽しいし、
げんきになったら、再開したいと思います。


んでは、お仕事いってきまする。



ランニン

ランニン

毎朝、家の近くを走ることにしました。
川沿いで、気持ちいいの。

今日もいい天気じゃ。
 

映画『それでもボクはやってない』

 
映画『それでもボクはやってない』を見てきました。

証明のしようがないことで、確実な現行犯逮捕でもなくて、それであんな
「15歳の少女が必死で訴えてるから」なんていう浪花節な理由で有罪。
納得できる人、誰かいるのか。
ものすごく簡単に人を陥れて、人生を狂わせることができるじゃないか。
痴漢被害者が冷遇されていた時代もあったのでしょうが、
一気に全員犯罪者扱いって、振れ幅が極端すぎませんか。
毎日、満員電車で通勤している王子様も、何かで間違えられて
逮捕されちゃうかもしれない。

やりきれない気持ちでいっぱい。


以下は、感想でもなんでもない、個人的な体験談です。

私自身は電車で決定的な痴漢にあったことは1回だけ。
ちょっとここには書けないような、ひどいさわりかたでしたよ。

1回だけ、とはいっても。
お尻あたりに不穏なモゾモゾを感じたら、振り返って正面から眼力で
圧をかけるのが第一ステップ。
ダイナミックに姿勢を変えるのが、第二ステップ。

それでピタリとモゾモゾがやんだ、というのも含めれば、
何十回そういう目にあったことか、よくわかりません。
でもまあ、灰色は、セーフということで。1回だけです。

あとは駅の改札ね。
となりの自動改札機から駅に入ってくる男が、駅から出ようとする私と
すれ違いざま、胸や尻にギュッとタッチして走っていくとか。
そういうのは7~8回くらいありました。
見失っちゃうと誰かわからないし、こっちも急いでるし、たちが悪い。
いやなものです、確かに。吐きそうになる。
胸の大きな友人に聞くと、そんなの何十回とあるらしいですよ。
実際、けっこうな数、いる。ってところが、無辜のみなさんには大迷惑。


あとね、私は、電車よりも、書店で、よく痴漢にあいます。
本棚の間の通路をすれ違うときに、お尻をつかまれたりなんだり。
とくにちょっと小さめで、通路が狭いところね!

いままで3つの書店で、痴漢です! って思い切って叫んだことあるけど、
ぜんぜん書店のひと、対応してくれなかったな。ぽかーんとしてて。
駅員みたいに、そういう場合にそなえての、マニュアルがないのでしょう。
つかまえた手を振り切って、つきとばされて、逃げられました。
くやしかったな……。

なので、よほど周りを確かめないと、立ち読みはしません。
経験上、立ち読み中がいちばん危ないと知っているので。
この年になったらもう大丈夫だろー、と思っていたら、つい数ヶ月前にも
あったからなあ。書店はイヤだ。ネットショップ様々。


主人公への同情心と、警察の理不尽な仕打ちへの腹立ちもさることながら、
いろいろとイヤなことも思い出しちゃって、
あいつらきっとのうのうと生きてるわけで、
どうにかちゃんと裁く方法ってのはないものなのでしょうか。



天使が微笑むような日曜日

今ね、王子さまとカラオケ。 久しぶり♪


ふたりで晩酌してたら、なんかテンションあがって、くりだしてしまった(^^;)
えー、いま、0時をまわりました。
学生ノリ、相変わらずです。王子も、もう31歳なのですが。


お酒が好きで。カラオケが好きで。演劇が好きで。
私の料理を好きでいてくれて。ドライブが好きで。伊豆が好きで。
美術館が好きで。釣りが好きで。ゲームするの好きで。食べ歩くの好きで。


ふたりで楽しめるいろいろなことが、毎日のように、ある。
それが、世間的にどれほどクダラナクても。 幸せだと思った日曜日。


まあ、たまにはね♪



はしったー

はしったー

運動不足な体をひきずって、皇居ラン5km。
ちなみに、ひとりで走ったんですよ。
王子様、ただ走るのダメだからさ。球技じゃないと、運動しない人だから。


35分もかかっちゃった。恥ずかしー (>Д<)ゝ


でも、気持ちよかったの。天気よくて。お堀が輝いてて。
走ってるあいだの、肺の冷たさも。わくわく感も。


健康的なことなんて、呑み助の私には似合わないかもしれないけどさ。


また来るぞ~ (*^_^*)v


三連休、初日

 
今日は王子と下北沢までドライブして (かつて近くに住んでいたので)、
お目当てのお店でお蕎麦を食べて、
いろんなショップをぶらぶら冷やかしてきました。

ついでに通りすがりの劇場で、余っていた当日券を買って、演劇を見たりして。

王子は、映画も小説もあまり好きじゃないけど、なぜか演劇は大好きなの。
(人間って不思議で微妙な生き物ですよね)


なのに。 この演劇が、もうね、つーーーまんなくて!!


あまりにもつまらなかったので、タイトルは書きません。

だってタイトル書いちゃうと、どこがどうつまんなかったか、
説明責任が生じるじゃない。 じゃないと、中傷になっちゃうじゃない。

その労力すら、使いたくない。そのくらいつまらなかったっ。
メールくだされば、こっそりタイトル教えますよ。あれね、時間の無駄だから。


話そうとすると、いやーな気分のフラッシュバックが来る。
うわあああ、もう、もうあんなつまんない、あんなくだらない脚本、
私だって書けるよぉぉぉ!!(こういうこと、滅多に思わないけど!)


口直し! ってことで、帰りにいいワインとお肉を買って、家で宴会。

悪口って、もりあがる。
劇のどこがくだらなかったかで、2時間は楽しく飲めました。
そう思うと、けっこう収穫かもしれませんね。うん。いい休日でしたよ。


明日・あさっては王子様も忙しいから、私はひとりで皇居を走ってきます♪
健康的に、ひまをつぶすのだー。


仕事は火曜以降にまわすのだー。


住宅ローン審査、通りました

 
些細なケンカがなんだっていうの
ストレスを生まない関係なんてつまらないでしょ?
コダワリだの自分探しだのであなたはいつも真っ青
いい顔になれないわ


世界でただ二人生き残ったら
毎日花を摘んで暮らしましょう
プレゼントする相手がたった一人だなんて
最高に贅沢


その日まであの小さな家で肩を寄せて
このまま一緒に暮らさない?


それだってきっと
結構なしあわせ





(無事に。ローン取れました。
お互いの思い描く内装にはどうしても食い違いが出ちゃうから、
ささいなケンカは増えたけどね。 それもまたイベントさ。

……テンション、あげていかんとね!!)



日常バラック

 

 よじれた円もまるまってサヨウナラ
 終わりよければすべてよかったらいいね!
 どうしてかうまく歌えないような夢を見たら
 会いたい人があんまりいないことに
 気がついてしまった 

 息を吐くように言葉が出たらいい
 誤解を埋めるどんな隙間も羽毛の軽さ
 「いやしかし」なんて接ぎ穂を欲しがる
 いたいけな言い訳たち 可愛いウソたち
 繁殖する空白たちのために 

 誰かそばにいてくれないかとワガママをしてみる
 ぜんぜん我慢できない私は愛ができません
 でも側にいてくれないかと思う
 いてほしいのはさびしいからよ
 自分がちょっとかわいそうになるからよ
 というのはワガママ好きなあの人のための演技で
 じつは理由などみつからない 

 欠けている部分は埋めなければ風邪をひきそうで
 ひきよせた毛布より手応えのある肌がほしいのは
 いくら空腹でもまずいものよりは
 うまいものが食べたいような感覚だろうか
 ちがうだろうか
 ちがうような気もする 

 ふくらんだ考えも眠ったらペッタンコ
 いい夢をみたあと一日中元気ならいいね!
 なにごとも単純にみえてそうできていない
 手の込んだ暇つぶしがみんなだいすきなのだろう
 わたしも好きよ好きだから生きている 生きてるんだよ
 偏食するな寝坊するな痛飲するな理屈こねるな逃げるな倦怠するなごまかすな
 三食くらって無心に眠って生業を果たしお金をはじき
 元気にきちんと毎日さんざんあちこちいろいろボロボロになって

 生きてゆくべきでしょう Yuck!






※10年つづけた詩のサイトを、閉じます。
 なので、そちらに昔からアップしていた詩を、少しずつこちらに
 移植することにしました。これは4年前かな?
 しばらく詩の更新が続くと思いますが、我慢してお付き合いくだされ。

 

映画 『幸福な食卓』

 
映画『幸福な食卓』を、いま、見てきました。午前の回。


よかった。励まされた。

ひさしぶりに、映画で泣きましたよ。


** あらすじ **

3年前のある事件から、少しずつ形を変えてきた佐和子の家族。
それはいつも、家族が揃う朝食のとき、誰かが宣言するところから始まります。

誰よりも家族おもいだった専業主婦の母さんが家を出て、
突然近所でひとり暮らしをはじめた。
天才と言われた成績優秀の兄が、大学進学をやめて農業をはじめた。

そして佐和子が中学最後の1年を迎える朝、今度は父さんが宣言しました。
「父さんは、今日で父さんを辞めようと思う」。

胸を痛めながらも、好き勝手に生きる家族を支えようと頑張る佐和子の前に、
転入生がやってきます。大浦勉学。
高校進学にむけて切磋琢磨しあう中で芽生えた恋は、
いつしか佐和子にとってかけがえのないものになっていくのですが、
ある日、突然の悲劇が訪れるのでした。


** **




私たちはみんな、大勢の人たちから少しずつ分け与えられた
小さな愛情や親切に知らず知らず依存しながら、
それらの紡ぎ出した大きな毛布に守られて生きているんだ。


そんなことに気づかせてくれる映画です。


展開としてはよくある悲恋ものだし、主人公はひたすら健気なのだけど、
見終わったあとの感じは、とてもさわやか。
何があっても、乗り越えていける。そう思えますよ。


この物語のポイントとしては、少しずれているかもしれませんが、
私がいちばん感動したところは、大浦くんと佐和子の恋愛そのものでした。

感情をぐっと抑え込んで、家族をつなぎとめる役目を必死で演じている
まじめな佐和子。
なに不自由なくスクスクと育ってきた、眩い太陽のような大浦くん。


大浦くんが佐和子に送った手紙の文章には、涙がもう、止まりません。
幸福な若い恋人たちの口から出る未来への言葉は、
なんて清らかで力強くて、きらきら輝いているのだろう。


それはきっと、ありあまるほど未来のある高校生たちには、
逆に、未来がないからなのです。

残り時間をおそれながら「今」を大切にするのではなく、
ごく自然に、彼らは未来を疑わないという方法で、未来を目の前から
消し飛ばしてしまうことができる。

いつか別れが来ることも、いつか必ず死んでしまうことも、
その強い生命の光輝のまえでは、呪いの威力を発揮することができない。
たとえすぐ眼前に、実際のそれが迫っていたとしても。


「あと何回こうしてクリスマスプレゼントあげられるかな」
そう言い合うことに、少しの打算も不安も寂寥も混じらない恋愛は、
底抜けに力強く、まぶしく、どこまでもなつかしい――。


私はきっと、そこに泣いたんだ。 物語の悲劇性ではなくて。


16歳にして数々の修羅場をくぐり抜けながら、それでも、
不幸のヒロインにならない佐和子ちゃん。
元気をもらいに、行ってみてください。



晴れたらいいね!

 
「あひるちゃん!」

知らない番号からの電話にでたら、飛びきり明るい声が。
おお~、きみは。大学のゼミ友、くーちゃんじゃないか! 6年ぶり!


私のことを「あひる」って呼ぶのは、同じ大学の友人だけ。
由来は旧姓です。
きれいな鳥の名前と同じ私の旧姓は、私にそぐわないんだそうだ。
くぅ。気に入ってる苗字だったんだけどな。 (ちなみに白鳥ではない)


同じゼミ友の、結婚式のお誘いでした。
うれしいな。会いたい会いたい。
携帯がかわるたびに通知しといてよかったなり。

披露宴は5月。 晴れたらいいね。





* * *



ちょっと難儀な恋をしている親友Mくんから電話。昼から珍しいなサラリーマン。
本日は電話の日。だね。


M「徹夜仕事が続いててフラフラなんだよ~、いま仮眠室だよ~。
 あー、家に帰るのがこわい!!」

そうだよなーカノジョ散らかし魔だもんなー
今頃すごい部屋になってるだろうなーご愁傷様だなー。


で、適当に励ましたりしてるうちに、来週 「いちご狩り」 に誘われました。
9年くらい前に、いっしょにさくらんぼを狩りに行ったことはあるけど、
なんでまた、いま。


私 「それにさ、私、先月、行ったんだよね。いちご狩り。麗しいアイドルさんと。
  1シーズンに2回も行かなくていいんだけど、いちご狩りなんか」

M 「なに言ってんだよ! 先月のいちごと、今月のいちごは、違うんだよ!」


……まあ、そうね。


よくわからない台詞も、熱弁されると説得されるわ。
「行きたい」 という気持ちは伝わるからでありましょう。


しかしこのフルーツ 「○○狩り」、どうにも私は納得できない。

値段が高くて割に合わないとか、イベントとして弱いとか、
そういうのは別にいいんだ。わかってることだから。


「狩り」っていう語感にひっかかる。
枝からもぐ、という行為は、どうにも「狩る」という獰猛な感じに合わないよ。


狩るからには、逃げまどういちごを弓矢で狙って、ヒュン!


ピギーッ!! (←いちごの断末魔)


これぞ、いちご狩りじゃないのか、と。


M 「く、くだらない……」


すまんね。
うーん、しかしいちご狩りかあ。 疲れてんだなあ、Mも……。


晴れたらいいね。



バトン×2

 
ネットサーフィンしてたらバトンを見てしまった。


■ ルール
 見た人は全員この日記にまずコメント残す。
 見た人は全員このバトンをやる。


うわあ、なんて傲慢なルールなのだ。

普段は無視するけど、ちょっとヒマだから書いてみよう♪


Q.01 フルネームなど
フルネーム:若崎しおり
生年月日:11月16日
 ちなみに大尊敬する詩人まどみちおさんと同じ。なんか嬉しい。
血液型:O型 (いわゆる典型的なO型)
住んでいる所:調布市と世田谷区の境目あたり。


Q.02 名前の由来は?

 旧ニフティサーブの仲間につけてもらったハンドルネームです♪


Q.03 家族構成は?

 王子ひとり。


Q.04 身長と体重

 身長:166.5cm
 体重:54kg。49kgくらいにしたいなー。


Q.05 幼稚園~大学?

 幼稚園小学校 = 福岡県の公立
 中学校高校 = 佐賀県の私立。一貫学校だった。
 大学 = 東京の私立。都心にあるとこを狙った。


Q.06 現在の職業となりたい職業

 現在→フリーライター
 将来→考え中です。。。


Q.07 習い事はしてる?

 してない。英語をならいたいな。もー徹底的にしゃべれないから。


Q.08 自分を動物に例えると?

 くまむし。プラナリア。適応力が強いから♪


Q.09 好きな女性のタイプ

 ほっそりしてて巨乳でオデコが美しい人。


Q.10 嫌いな女性のタイプ

 私って幸せ~!
 っていうのをわざわざ人に吹聴しなきゃ気が済まないタイプ。


Q.11 好きな男性のタイプ

 えーとね、いちばんは、愚直なひと (照れ)。

 あと、どっか 「過剰なところ」 を持っているひと。

 かつ、いたいけなひと。


Q.12 嫌いな男性のタイプ

 暴力的なひと。
 束縛が激しいひと。
 無邪気な差別発言が多いひと。
 芸もオチもない「オレ話」ばっかしてるひと。
 幼少時の万引き体験を自慢げに語るようなひと。
 ついていけないレベルの変態的嗜好を押しつけてくるひと。
 どんどん出てくるね。
 体育会系の悪いところを集めたようなタイプもダメだあ。

 でもまあ多少の欠点はね。
 ストレスを生まない関係なんてつまらないしね。


Q.13 好きになる人は何型が多い?

 王子はO型だけど、恋人の8割はAB型だった。

 そしてそんな恋人たちに一番いわれた台詞は
 「おまえはニブい!」
 AB型にいわれたってところが…(泣)。
 まあ、あまり信じちゃいないけど、血液型。

 好きな友人、という意味なら、バラバラです、血液型なんか。


Q.14 カット
??


Q.15 S or M? 何フェチ?

 Sを期待されることが多いけど、 M寄りでいたい。いさせて。
 Sはねー、疲れるのよ。ほんと。

 フェチは、肌の質感。かな。肌が合わないと、続かないです。


Q.16 恋愛経験豊富?

 ぜんぜん。
 経歴はいろいろあるけど経験から何も学んでない。


Q.17 結婚と恋愛は別?

 今の日本に生まれちゃったせいか、別だとは思えないなあ。なんとなく。
 でも別だっていう人がいてもいいと思うよ。
 たぶん明治とかに生まれてたら迷いなく見合い結婚してるし私。


Q.18 結婚はいつする?

 2年前に2度目をすませました。


Q.19 子供は何人欲しい?

 どうだろう。2人かな。いなくてもいい。いたら楽しそう。どっちでも。


Q.20 子供にさせたい習い事は?

 えー、わかりません。あんまりお金のかからないのがいいなあ…。


Q.21 将来どこに住みたい?

 福岡。沖縄。伊豆~熱海も好き。
 日本語が通じる暖かい場所がいいですね。


Q.22 理想の家族は?

 遠藤淑子さんの『退引町シリーズ』みたいな家族。


Q.23 理想の家は?

 寒くない家です!!




**********************




ついでに、もいっちょ。

<男に対する毒舌バトン> リクエストは編集のYさんです。


【Q1】デートの日、あなたの彼氏が30分待っても来ません。どうしますか?

 普段から30分も遅れるような彼氏の持ち合わせはないので、まず電話。

 繋がらなかったら、すごーく心配すると思う。
 なんか大病で入院とか、事故にでも遭ってるのかな? って。
 こういうときの負の妄想力、すごいよ、私。


【Q2】デートの食事の場面で、割り勘になりました。
彼女に割り勘を請求したくせにレジでは自分があたかも払ってる様に払う男どう思いますか?

 いやー、べつに……。
 なんとも。

 基本、割り勘やから、私は。
 それでもレジでは払った風に見せたいって、男の子やったら、普通やん?
 (なぜか福岡弁)


【Q3】デートしてる時、偶然!彼の友達に遭遇!
彼の友達が「誰?」と彼に聞きました。
彼があなたの事を「友達。」と言った瞬間のあなたの心の中の声をどーぞ!

 心の中?

 「こんにちは~、○○の カノジョ です~」 と、実際に声に出すさ。


【Q4】よく女とHした場合に自慢する男っていますよね?
人数とか。それに対して一言どーぞ!!

 何人斬りとか威張ってるタイプなら、単純に、貧しいセックスしか
 してないんだなと思います。 品がないよね。

 でもまあ……お互いさま、かな。
 女も、仲間内で、Hした男の細部にわたって、けっこーエグいこと
 暴露してる人、多いもん。男の子が可哀相になるくらい!

(ちなみに私はぜったい言いません。
 恥じらいとか品格とかの問題も大きくありますが、なにより、
 ウェットにならない自信がないからです。
 下ネタはドライであるべし、が絶対の信条だからです!)


【Q6】彼があなたの友達に手出しました!!どうしますか?

 本当に好きになったのならしょうがない。
 泣いて泣いて吐くまで泣いて、で、両方あきらめる。

 男のほうが遊びで、友人が本気になっちゃってたら、男を殺す!

 友人が遊びで誘うってケースは、なし。そんな友達おらんもん。


【Q7】彼があなたの親の悪口を言います。どうしますか?

 うーん、図星だったらしゃあないね。

 単なるイジワルだったら、ものすご底意地悪いと思うので、別れる。


【Q8】Hした後に自分だけサッサと服を着て煙草吸う男どう思います?

 タバコは吸わないでほしいなあ、と思う。けむいの苦手だから。
 服を着られるのは、ぜんぜんオッケーです。

 あ、でも、これって相手は立ってるの、座ってるの、寝転がってるの?
 立ってたらイヤだね。部屋で立ってる意味ってなんだよ。

 相手が服を着てベッドに座ってるとか寝ころんでるとかなら、
 その服の上からハダカでじゃれついちゃえばいいと思うの。


【Q9】彼があなたの誕生日を忘れてました。どう思う?

 「来週にでも、お祝いしてね♪」って言います。

 でも私は1週間以上前から「もうすぐ○歳だよ!」と騒ぐので、
 忘れるのは不可能だと思う。


【Q10】彼があなたの事を「だから、お前はダメなんだよ。」っと人格を否定する様な発言をします。

 いちおう、話を聞く。
 的はずれな場合、単に威張りをきかせたいだけと思われるので、別れる。
 別れる別れないの判断がどんどん早くなってきました最近。

 
【Q11】彼と別れました。その時に「誕生日にあげたプレゼント俺も貰った物買い取るし、そっちも買い取って。」とか言う彼に一言。

 「わかった、言い値で買いとりましょう。
 でも、私のほーは買い取り金とか要りませんから」

 こんなせこいやつには本気で愛想をつかすから、
 もめるより、早くすませる方を選びます。
 金で解決するなら安いもんだよ。


【Q12】彼があなたにお金借りたまま逃亡。どうします?

 ああ。
 ありましたねえ…CDまで無断で売られてさ……(遠い目)。

 あきらめました。
 あんな男を選んだ私も悪いです。


【Q13】くだらない自慢ばっかで話にオチがない男、どう思います?

 つまらないと思う。
 急用をこさえて、席を外します。時間の無駄は人生をダメにする。
 

【Q14】カッコイイ訳でもないのに勘違いしてる男いますよね?どう思います?

 かっこわるいと思う。
 でも実際にかっこよくて、それを鼻にかけてる男よりも、かわいげあるかな。
 男が容姿なんか鼻にかけないでほしいよぉ。



立春を過ぎて

 
かーみさまっ おーねがいっ
おっしーごーとー してっ してっ♪


ポロンちゃん可愛かったなー。(ヲタネタ)
と、いうことで、お仕事中です。


集中せよ集中せよ。
心の体力が弱っているな。
集中とか。執念とか。なんかいろいろ、持続しにくい。最近。
あたたかいし。晴れてるし。お散歩したいな。甲羅干し。風通しよく。


いかん。集中せよ。
あんぜんかならずしもさんすいをもちいず
しんとうめっきゃくすればPCのまえもまたすずし。じゃ。
しかしあの言葉は誰がメモったのだろうか、坊主皆殺しになったってのに。


うーん。
すすまない。
「暗記パン」がほしかった学生の日々がなつかしいなあ。
それってあれだもの、暗記さえできれば問題なかったってことだもの。
大人の仕事は暗記力だけに頼ってるわけにゃいかないのよ、と、
いうのは事実だけど実際立派な内容の仕事でもなんでもなくて。ああ。


しかし、いい天気だな。明日までもつのかなあ、これ。
お洗濯しなきゃなあ。
冷蔵庫の納豆ってまだいけるかなあ。
あと関係ないけどリリー・フランキーの著作すべてに漂う
根強い女性不信感・嫌悪感ってなんなんだろうなあ。
内田春菊の男性不信より根深い気がするのだが。何があったんだリリーさん。




気がつけば再三の散漫。




……お昼でも、食べよっと。




わぁい!

わぁい!

いま打ち合わせで来た神谷町です!

お仕事ゲット!

天気は晴天!

目の前にどでかい東京タワー!

きぶんいいー!


うん。
六本木まで歩いてケーキ食べて帰ろう☆
 

東芝が勝ちました

 
ぜんぜん仕事が手につかないや。
どーゆーんだろうな、こういう状態って。ボケてるなアタマが。

うわのそらで。
うつつが抜けてる。
いちにちが、長すぎるのが悪いのか。
恬淡と過ぎてゆくふりして無理してるんだ


てことで、ブログに逃避!!


はじめて生で見たラグビーはものすごくドラマチックな名ゲームでした。
ロスタイムでの奇跡の大逆転だよ。
こうなるとはまりそうになります。決勝戦だったし、ほんと、すごかった。
野球よりグラウンドまで近いのもいい。臨場感があって。


でもねー、誘ってくれたアキラが横でずっとデカイ声で


「それでこないだシャ○ポワを生で見たんだけどもうクマみたいでさ
でかくって顔こわくって何がロシアの妖精だよあれロシアのクマだよクマ
向こうから歩いてきたらめっちゃ避けるね、財布出せっていわれたら
ソッコーで出すね、追いかけられたら泣きながら逃げるね、
マジおまわりさあああん! とか叫んじゃうね、だから、あの、ほら、
カレンダーとかのシャ○ポワのナイスバディさ、あれ、アイコラだよアイコラ
ありえないもん、もう実物クマだもん、サイズ詐称だって、絶対だって」


ってうるさい!!

おめーが誘ったからろくに興味もないのに来てるんだよゲームに集中しろッ!


と、その場では注意したけど結局その話が一番アタマに残っていて
困った気分になっちゃう一日でした。




マイクロソフトカップ

マイクロソフトカップ

親友アキラに誘われて、社会人ラグビー決勝戦を見にきてます。

東芝の応援。らしい。


快晴です!

ぶー

 
朝帰りして、そのまま自分の部屋に直行したらば、
私の大事にしているブタのぬいぐるみ「ぶーちゃん」(そのまんま)が、
洗濯ばさみで手をはさまれて、バスケットに吊されてました。 ぶっ。


かわいそう、と思いつつも、可愛かったのでパチリ。

070203_boo


王子のほうが先に帰宅すると、こういう可愛いイタズラを仕込まれます。
ぶーちゃんはよく被害をうけて、本棚の隙間に挟まれたり
「しおりちゃんは最近ダメ子だブー」とか書いた付箋紙を貼られたりしてる。


探すのがちょっと楽しみです。



ぼったくられたい

 
今日は表参道でお仕事を済ませたあと、お昼を食べました。


ベジな気分だったので「PURE CAFE」。

上品を通り越して冗談みたいなサイズの、もう「なんちゃって」って感じのお椀に、
ちょっぴりのクスクスとチリコンカン。
エスプレッソ入れるやつみたいなチビちゃいコップにサラダ。

3分たらずで食べ終わった(計ってみた)。
そしてビックリプライス 1155円也。

30分でおなか減ってしまったよ。


そのあと寄ったパン屋で、なにげなく買ったあんぱん1個450円てあんた!
しょせんパンなので、値段見ないでレジに行っちゃってさ、
ぜんぶで2500円近くのお会計。たまげた。パン4つしか買ってませんよ?
2500円て。パン4つて。どこの国の物価よ。
我が千歳烏山ならフレンチのランチコースを食べておつりがくるわ。

表参道の集団ボッタクリめ……。


それでも表参道が、東京でいちばん好きな街です。
好きは理屈じゃないと知った日。




おうちに帰ってからは、ずっと原稿書きしてました。


とある現象について、断言をさけつつ希望を持たせつつ書いてます。

毛母細胞毛母細胞と、たぶん一生分の「毛母細胞」という単語を書きました。
書きまくりました。


どんな仕事かは、推して測ってください。


相変わらず仕事、選んでません。
目先の小金に流されて、小説はいっこうに進まないのだった。



« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ