« 代々木です | トップページ | 日常の一部。 »

要らない

 
 予想では 既に
 終わったことだから話になる
 まとまった単語どうしが
 懐かしみあって舌をすべる

 こんなに物語になってまだ
 実物のあなたが生きていることが
 わたしが生きている そのリズムに
 齟齬をきたす

 即物的に
 意味を発音する たとえば
 カレーが辛いとか今日は暑いとか そういう
 反復のなかでそのままの感想を述べる

 「あなたがきらいだ」

 世界のなかで唯一とくべつな
 意味を持っていた人だから
 そげ落ちた後にわだかまった汗は
 シャワーで軽く流そう

 だから欲しいのは比喩でなく
 洗いたてのタオル
 ほどよく冷えたレモン水
 がらんとした部屋のなかで
 暇つぶしに見るテレビ
 電話ごしにすべっていく上司のわるぐち
 日常をいろどる些細でカラフルな
 きゃらきゃらしたものたち
 お酒

 暗喩を忌避し分析を排しても
 しっかり居残る無感動な居心地よさに首まで
 とっぷりとつかって
 賑やかにはしゃぎながら微睡んでいたい

 誰にものぞき込まれない淵の奥で
 さらさらと水の音を聞いて



« 代々木です | トップページ | 日常の一部。 »

09_ 詩・短歌など創作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/14349524

この記事へのトラックバック一覧です: 要らない:

« 代々木です | トップページ | 日常の一部。 »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ