« 夕飯の献立 | トップページ | 映画『トンマッコルへようこそ』(ネタバレ注意) »

振り向けば、ヨコハマ

 

火曜日。

「しおりちゃん、今日はご飯つくらないでね。外に行くから(^^)」
と、勤務中の王子から珍しく外食指定メール。なんだなんだ。

外食は大好きなのでワクワクしつつ帰りを待つ。と、早めに20時のお帰り。
はりきってるね! どこ行くの?

 「タンタンメン食いに行こう!」

ネクタイをほどくのももどかしく、てきぱきと着替えながら王子が言う。

担々麺ですか。意外。突発的に食べたくなるものかなあ。
…どうでもいいけどスーツを着替える瞬間、ちょっとだけ残念な気分です、毎日。
だって絶対スーツのほうがかっこいい。美男が映えるし (←言い切った)。
会社にいる娘さんたちが見てる王子はゼニアのスーツ+ア・テストーニの靴、
しかし私が見てる王子は「いってらっしゃい」と「ただいま」の一瞬以外、
学生時代のジャージなどをお召しになっていらっしゃる。

なんだかなあ。しょうがないけどさ。

えーと、なんだっけ。そうだ、担々麺。うん、いいよ。 中華やさん行くの?
 「いや、タンタンメン屋さん。 ほら早く車に乗って乗って、横浜行くよ~」
よ、横浜まで!


鼻歌まじりに車を飛ばして、横浜へ。こんなにご機嫌なの久々に見た…。

思い出のお店なの?
 「うん、そのころの家の近所で、学生時代によく行ってた。
 担々麺としてはともかく、味はうまい。カタカナでタンタンメンなんだよ」

ふーん。おいしいんだ。どんなとこ?
 「チャーハンと餃子がある普通のラーメン屋で、店構えも普通なんだけど、
 なぜかカルビとかロースとか焼肉メニューがあるんだよね。
 テーブルにロースターもあってさ。焼肉を食べてる人、見たことないけど」

面白いお店だね。ひとりで行ってたの?
 「バイトの先輩によくおごってもらってた。電気工事のバイトしてたんだよ。
 工場が止まってる間に配電盤を点検するから、仕事は深夜とか土日なわけ。
 終わるとおっちゃんが若い衆をラーメン屋に連れて行ってくれるんだよな」

あっ、前に言ってた走り屋のお友達って、ひょっとしてそこで知り合った?
 「そうそう、それとガソリンスタンドのバイトで走り屋の友人が増えて、
 俺も19歳で車を買って。親に内緒だから、駐車場代とか大変だったなー」

そりゃそうだよな、大学生。 勉強しろよ~。
 「買ったら買ったで、改造代がバカにならないの」

か、改造って……。
 「スカートはかせてシャコタンにして、ハンドル小さくして、ラメ塗料で蛍光の
 ムラサキにして、あとマフラーを (覚えてないので以下略。つまりヤン車です)。
 チームつくって、車にステッカー貼ってさ、スモーク真っ黒で。
 今あんな車が隣を走ってたら、しおりちゃん怖がるかもね。ははは」

うん、そのころ出会ってたら、ぜったい接点なかったね。断言できる。
で、走り屋ってなにするわけ?
 「大黒埠頭とか、16号線あたりで、早さ競ったりドリフト技を見せ合ったりとか。
 うまくやるとヒーローで、ナンパ待ちのおねえちゃんの方から助手席に
 乗ってきてくれるんだぜ。 っと、こんな話は余計か」

余計だよっ。


懐かしい土地に来るといろいろと思い出すものなのか、
珍しく饒舌な王子様の意外な過去話を聞きながら、一路横浜の三ツ沢へ。

ついたところは「元祖 ニュータンタンメン本舗」。
ああもう…つっこむところばかりで脱力するネーミングだ……。

どこから見てもラーメン屋のたたずまいなのに、ホントに焼肉メニューがある。
そして誰もたのんでいない。

まず味噌餃子。ゆでた餃子に味噌だれがかかってます。

070306_gyoza

皮も具もベロベロした食感のなかに、ショリショリと大量のにんにく!
決しておいしいと言えないレベルのできばえなのに、みょーにうまい、
それが正しいラーメン屋の餃子で、だからこれは正しくおいしい餃子なのだ。


タンタンメン、普通盛り、辛さ普通。じゃーん!

070306_tantanmen01

これさあ……これ……これ、担々麺かなあ。

ちがうだろう。ちがうと思うの。

見てみ、この茫洋とした絵ヅラ。
一瞬「えっ、具がない?」と思った。
よく見ると、かき玉と挽肉が散らかってるんです、麺の上に。

なんかもっと、こう、あるじゃない、普通。
「にぎやかし」としての具が。
担々麺としても、ラーメンとしても、
ああこれはこういうラーメンね、と把握する手がかりがほしいじゃないか。

それが、これ。
とりとめがなくて、ぼんやりしてて、話しかけても返事してくれなさそう。
よくわかんないけど、そんな感じがするラーメンなの。

ていうか普通、かき玉は載ってない。担々麺には。
これが「ニュータンタンメン」か。元祖。そりゃそうだろうな。

で、これが、食べると普通においしいのです。
「すごくおいしい!」って驚くほどじゃないんだけど、そして
「これ、担々麺じゃない!」と断言できるんだけど、見た目よりいける。

韓国料理屋で、チゲ鍋のあとに麺を突っ込んで作る、〆のラーメン。
うん。そんな味です。

ずるずる。はふはふ。うまいうまい。夢中ですすりこむ。
ラーメンなんておいしければそれでいーのだ。


おなかをさすりながらの帰り道、王子は首をひねってました。
 「学生時代を思い出したらどうしても食べたくなって、
 仕事ほっぽりだして会社まで早めにあがってきたのに、うーん、
 ピンとこなかったねえ。まあ、ふつうにうまいけど、あの頃みたいには
 うまいと思えないというか……」

ああ。食事にしても、恋人にしても、そんなもんじゃない?
思い出は美化されるし、舌は肥えるしさ。
でも欲求を満たすまでは焦れるんだよね。とりあえず会いたくて。食べたくて。
 「や、でも、こんな店に1時間以上も車を飛ばして来たんだと思うと、
 なんか俺、酔狂だな……食べたあとだからかな、あーあ、って感じ」

そうそう、そんな感じ。よくあるよ。
でも、私は楽しかったよ?
 「だったらよかった。じゃあさ、あと何件か、行きつけだった横浜のラーメン屋が
 あるんだけど、金曜と土曜、そこ回っていい? そっちは旨いと思うんだよね!」

懲りないなあ。いいよいいよ。
飽きるまで、思い出めぐりにつきあってあげましょう。

そうしたら今度は、新しいラーメン屋を探しにいこう。
新しくおうちを買った、環七沿いのあたりにね!

しばらく横浜ラーメンづくし。
次はどんな話が飛び出すのかなあ。ちょっと楽しみです。


« 夕飯の献立 | トップページ | 映画『トンマッコルへようこそ』(ネタバレ注意) »

02_ レストラン(外食)」カテゴリの記事

コメント

なんか
写真見た感じ  おいし  そう? て

これはやっぱりツッコミ待ちなんじゃなかろうか
世の中には人知れずにボケてる店がたくさんあるよなぁ。
もったいないなぁ。
楽しそうだな。

やっぱりツッコミ待ちなのかね。
でもここチェーン展開してて、神奈川県にけっこうあるらしいのです。
確かに、味はおいしいのですが……。

いやしかし、うーん、絵ヅラだけみたら、ホントにびびるよ。
これなに? ラーメン? え? ってかんじ。
海苔の黒とか、もやしの白とか、ネギの緑とか、なんか欲しい!
「しらす丼」を見たときの、「え、白米に白いしらす?」みたいな、
そんな物足りなさと似たものを感じました。もっとケレンを!
 

ニュータンタン麺本舗って横浜だけなんですねー。
僕の行動範囲内に四軒あるから、全国チェーンなのかとおもってました。

美味しいと思った思い出って美化されますよね。
僕は、昔、自動販売機で売っていたハンバーガーの形のアイスが凄い美味しかった記憶があるけど今食べるとそれほどでもないんだろうなー。

>todorock

あそこは、店によって味がぜんぜん違うらしいですね。
ニュータンタン麺本舗を制覇してみたい気がします。
昨日はさつまっこスペシャル21という中山のラーメン屋に
連れて行かれました。おいしかったです、これも。
美化された味といえば、小さい頃、近所の食堂で食べた真っ黒い牛丼。
すごく美味しかったけど、もう連れて行ってもらえなくて。
高校生になって自腹で食べたら、砂糖使いすぎてて甘くてつらかったですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/14176490

この記事へのトラックバック一覧です: 振り向けば、ヨコハマ:

» 餃子 レシピ [餃子 レシピ]
餃子 レシピ 水餃子の作り方 [続きを読む]

« 夕飯の献立 | トップページ | 映画『トンマッコルへようこそ』(ネタバレ注意) »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ