« 振り向けば、ヨコハマ | トップページ | 群発頭痛スタート »

映画『トンマッコルへようこそ』(ネタバレ注意)

 
ひとことで言えば、1950年頃の、朝鮮戦争を舞台にした戦争映画、
ということになるのでしょうか。

いや、そう言ってしまうには違和感があるな。

だってこの映画には、正義や国の威信のために死んでいく主要人物が
ひとりもいないから。

食事と衣服と宿を与えて受け入れてくれたトンマッコルの村と、
笑顔ある人間らしい生活を取り戻させてくれた人々への報恩と感謝から、
それを「守りたい」と立ち上がる男たちがいるだけ。

戦争中であっても、そうでなくても、男というのは昔から、
そういうことのために命をかけてきたんじゃないでしょうか。


自給自足で暮らし、戦争が始まっていることすら知らない
平和なトンマッコルの村は、昔から語り伝えられるユートピアそのもの。
そこに、アメリカ人の将校、三人の北軍人民兵、韓国の脱走兵と衛生兵が、
ギリギリまで追いつめられた状態で迷い込むところから映画は始まります。

野戦につぐ野戦で荒みきった心。殺してきた敵、見捨ててきた同胞。
はじめは銃をつきつけあったまま膠着していた両軍の兵士も、
争いを知らない平和な村で黙々と農作業に励むうちに、
人と人とのつきあいを回復して、談笑しあえるようになっていきます。
軍服を脱ぎ、村人と同じ前時代的な衣をまとい、汗を流して労働にはげみ、
収穫を祝いあい、生きている実感を取り戻す充実と幸福。

そのトンマッコルが爆撃の標的となったときに、
北軍の人民兵は、南軍の連合軍兵は、アメリカ人の将校は、
たいして気負うこともなく、ごく自然にひとつの結論を選びます。村を守る。

敵地のさなかである韓国山中に迷い込んだ北軍兵士も、
軍に戻れば銃殺刑の待っている南軍の脱走兵も、
村を降りた後に待ち受ける過酷な運命については、
とうに覚悟が決まっていたのです。受け入れるつもりだったのです。

それでも村を降りずに「守る」と決めた彼らの顔は、
これ以上ない死に場所を探し当てた清々しさに満ちていて。

オスのDNAというのは本来、顔も知らない誰かの命令に殉ずるようにではなく、
身近にある大切なものを守ることに命をかけるよう出来ているのだなあ。
と、胸が熱くなってしまいます。


設定そのものは、戦時下でなくても、
人間的な扱いに恩義を感じた荒んだ破落戸たちが、
無法者集団から村を守る、とかでも通用すると思うのです。

ある意味、普遍的に 「よくわかる」。

だから、戦争映画ではあるんだけど、戦争映画ですよ、
という説明はあまり本質を言い表していません。
「侠気というのはこういうものだ」という、非常に倫理的な映画だと思いました。





* * *


はい、ここからはミーハー若崎の小部屋です(笑)。


トンマッコルについては、ひとこと言わせていただきたいっ!


北朝鮮軍将校リ・スファを演じたチョン・ジェヨン、

かっこよすぎるーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!


生まれてはじめて、あそこまでワタクシ好みの顔立ちの殿方を見ました。
ほんと、端正で。あまくて。でも、苦み走ってて。さいこう。

チョン・ジェヨンって、『ガン&トークス』の、あの彼だよね?
『シルミド』にも出てたよね? (シルミド、いい映画だったな)
けど、どちらを見たときも、ぜんぜんピンとこなかったですよ。
でもでも、今回のチョン・ジェヨン、最もかっこええです。最高です。

チョン・ジェヨンって、なぜか、映画以外でのインタビューカット等は、
カッコワルイし、そのへんにいそうなんだけど、
このトンマッコルのときはね、ほんと、最高のかっこよさでした。
2時間ずっと、ポーッと見てしまいましたよ。

あんまりヨンサマを始めとするハンリュウスターにピンとこず、
韓流映画評の仕事をしていた2年前も、
「韓国映画は面白いけどさ、イ・ビョンホンって原田泰造に似てるよね」
などと冷めていた私が、ドキドキうっとりしながら、見ちゃったですよ。




あと、ヒロインのカン・ヘジョンは、アップで無邪気に笑うと、
さとう珠緒にソックリですね。万国共通のかわいさ。
笑顔が、とくに、いい。
オールドボーイのときより、今回のほうが、純粋にカワイイです。

(ちなみに私は、ミニスカポリスのころからの、
けっこうシツコイ 「さとう珠緒ファン」で、『月刊さとう珠緒』も、
ほかの写真集も持っていたりします)

映像は映画的でとても美しいし、美男美女が出ているし、
残虐なシーンもあるけど、基本的に眼福な映画でした!




« 振り向けば、ヨコハマ | トップページ | 群発頭痛スタート »

05_ 映画・演劇・書評」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!TBありがとうございました。
何回かお返ししているのですが、届かないようです。
ごめんなさいね。

はじめまして!TBありがとうございました。
「ガン&トークス」ご存知のようで、うれしいです。
贅沢なメンバーの兄弟でしたよね。
ワタシも韓国映画は注目して、見てます。
これからも、どうぞよろしく!

>猫姫少佐現品限りさま

届きました! コメントありがとうございます。
またお邪魔しますので、よろしくお願いいたします。


>サラさま

はじめまして、コメントありがとうございます。
韓国映画、面白いのが多いですよね。
なにかオススメなどあれば教えてください。
また遊びにいきますね☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/14177855

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『トンマッコルへようこそ』(ネタバレ注意):

» 「トンマッコルへようこそ」 [古今東西座]
幾つかのブログで僕も大好きな名作『まぼろしの市街戦』との類似性(悪く言えばパクリ)が書かれていたのを読んで、ならば内容的に優れている作品になっているのではと期待して観に行った。 確かに戦争中に桃源郷とも思える場所に彷徨いこむ設定と知恵遅れの女の子のキャラクターはかなり影響を受けていると思える。さらに言えば村での生活は『刑事ジョン・ブック 目撃者』的だし、村の様子は中央が広場になっている所など『七人の侍』の農村みたいで、同じ黒澤の『夢』や宮崎駿の雰囲気もある(『ドクタースランプ』のペンギン村みたいでさ... [続きを読む]

» トンマッコルへようこそ♪観て良かった! [銅版画制作の日々]
心癒される映画「トンマッコルへようこそ」を観てきました。韓国映画は今まで、観る機会がなく・・・・。このときも「手紙」とこの映画とどちらにしようか?と悩んだ末、選んだような訳でした。でも観て良かった本当にいい映画でした。トンマッコルとは→“子供のように純粋な”という意味だそうです 2005年、韓国で、観客に最も愛された映画。800万人が泣いて笑った韓国映画界で、数々のハリウッド大作を抜いて興行収入NO.1の座に�... [続きを読む]

» トンマッコルへようこそ [銀の森のゴブリン]
2005年 韓国 2006年10月公開 評価:★★★★☆ 監督:パク・クァンヒョ [続きを読む]

» mini review 07031「トンマッコルへようこそ」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
カテゴリ : SF/ファンタジー 製作年 : 2005年 製作国 : 韓国 時間 : 132分 公開日 : 2006-10-28〜 監督 : パク・クァンヒョン 出演 : シン・ハギュン チョン・ジェヨン カン・ヘジョン 50年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村”トンマッコル”へアメリカ人パイロットのスミス、韓国軍の2人、それに敵対する人民軍の3人がやってきた。最初は警戒し合うもの�... [続きを読む]

» トンマックルへようこそ [愛猫レオンとシネマな毎日]
「トンマックル」とは、トン=子供のような、マックル=純粋な村、を意味するらしいです。 奥深い山の中で、白い蝶の精霊にひっそりと守られて存在するこの世のものとは思えぬような桃源郷。 村人たちはベジタリアンで畑仕事に精を出し、日々平和に助け合って暮らしてま...... [続きを読む]

» トンマッコルへようこそ(韓国) [映画でココロの筋トレ]
きゃ~~、11月24日(金)までの上映だってー。うっかりしてた。 ということで、あわてて行って来ました。22日(水)に。 「トンマッコルへようこそ」( →公式HP  ) 出演:シン・ハギュン 、チョン・ジェヨン 、カン・ヘジョン 、イム・ハリョン 、ソ・ジェ... [続きを読む]

» イノセントワールド~「トンマッコルへようこそ」~ [ペパーミントの魔術師]
26日6:30.朝日生命ホールにて。 公式サイトはコチラへ。 → http://www.youkoso-movie.jp/ トンマッコルとは「子どものように純粋な村」 という名の架空の村。 1950年代の朝鮮戦争を舞台に 迷い込んだ兵士たちが人種・国籍に関係なく 笑顔で一つになってく..... [続きを読む]

« 振り向けば、ヨコハマ | トップページ | 群発頭痛スタート »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ