« 東京です | トップページ | おもしろいオタクはステキだw »

五月観

 
     回転数が早すぎる

     ひそやかに 手で水をかくように

     進む あの速度が欲しいくらいに

     なにか息苦しいような重たげな

     湿度のなかで泡立たせて

     追いつかなくてそれがわけもなく

     焦りを産もうとして足下を掬い

     上の空の打楽器のような初夏の雨を

     滾々と逆に濡らしてゆくような

     汲み果てない酸素が停滞したままの

     霞んだ陽光が届かないせいもあり

     朦朧となにがしかの小銭を握り

     これで購えるものがあったらなら

     今度こそ離さずにいようと思うものの

     ふとした汗に似せたまま

     思い出せない一節が気になって

     あたまいっぱいに広がった図面どおり

     散らかしたか固まったかしたような

     懐かしいゼリーが震えている錯覚の

     おおいなる預言を寝言で言うかして

     ただ こうしておよよおよよと

     すげなく取り散らかしたまま

     ここにこうしてあるものがすべてだと

     なんの言い訳も繕いもなく

     漠々と迎え送るばかりの日々


« 東京です | トップページ | おもしろいオタクはステキだw »

09_ 詩・短歌など創作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/40999130

この記事へのトラックバック一覧です: 五月観:

« 東京です | トップページ | おもしろいオタクはステキだw »

プロフィール

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ