2008年の日記

勝手に今年の一番: 本

 
2008年も面白い本はいろいろあった気がしますけれど、
インパクトという点でダントツだったのは、


 『楽しい昆虫料理』 (内山昭一著/ビジネス社)


いやー、もうね、ぶっちぎり。



タイトル通りの内容なんだけど、これ、おもしろ半分なゲテモノ昆虫食読本ではありません。

食材としての昆虫について、サイエンスではなく民俗学でもなく、
「家庭料理」という未知の方向からアプローチした、非常に実践的なレシピ本なのです。


そう。 「レシピ本」なんだよなあ。


昆虫食つっても、中国のナントカっていう店でクモだのサソリだのを
食べられるーとか、インドネシアのどっかでアリを食べてみたーとか、
そういう本だの情報だのは、もう別に目新しくもないのでありますよ。
私も韓国でカイコ食ったし。

でも、この、「さぁ、身近にいる昆虫を使ってレッツ・クッキング!」
という姿勢は、斬新というか、そうきたかぁというか、かなり特殊ですわね。


掲載されているレシピは、和洋中エスニックにスイーツと、全79レシピ。
ちょっと目次から抜粋してみましょうか?

 ・子持ちカマキリの南蛮漬け
 ・虫納豆
 ・ハチの子と白マダゴキの雑煮
 ・ヤゴとクレソンのサラダ・アンチョビ風味
 ・クモと卵のファルシー 
 ・タガメ風味のコオロギとイナゴのチーズ焼き
 ・昆虫八宝菜
 ・スズメバチのスチームケーキ
 ・ムシクッキー

などなどなど。

おのおののレシピも、砂糖や醤油の分量まで詳細で、写真も満載、
まったく冗談じゃないのです。普通に本格的なレシピ本なのだ。


著者の内山氏は「昆虫料理研究会」というサイトも運営している
生粋の昆虫食マニア。

氏のブログには、

「徒然なるままに虫食いを楽しむエッセイや、簡単に作れるレシピが満載。
これを読むと誰もが虫を食べてみたくなる。」

という、「それは言い過ぎ」なキャッチコピーが添えられており、これまた
いたって真面目に更新されているご様子。


そう。 本人「いたって真面目」なゆえの奇妙なズレ感。
この姿勢こそが、この本の何ともいえない味わいなのだ。


どのあたりがそうなのかという話をする前に私の姿勢を明らかにして
おきますと、昆虫食に対して「いやーん、きもーい」とか言う気はないです。

たしかに食用するに抵抗がある虫とない虫とがありますが、
牛や豚に大量の穀物を食わせて不自然にブヨブヨと育て上げるよりは、
そのへんの虫をつかまえて食うほうが生物としてマットウじゃないか。

この本を買った理由も決して怖いモノ見たさではなく、
いやそれも20%くらいはあったけど、「来るべき食糧難の時代に備えて、
虫が食べられるならそれに超したことはないわね」という目的からだったの
でした。


そんな「昆虫食もまあいいんじゃん」な私が読んだって、この本はなんとも
微妙に、飲み込みにくい。


たとえば、クッキーの上に甲虫がデデンとのっかったグロい「虫クッキー」の
レシピに添えられた文章。

《クラス会などおおぜい集まる時などに便利です。簡単に作れてだれでも
食べやすく、話題作りにもってこいです。》 


これも虫の見た目まんまの「マダゴキと赤かぶのなます」のレシピには。

《(マダゴキの)おなかの真っ白な脂肪体がピンク色に染まり、
見た目もきれいでお正月らしさを演出してくれます。》 


カタツムリに対する説明書き。

《梅雨どきなどカタツムリの旬です。》 


奥本大三郎氏(ファーブル昆虫館館長)との対談では。

《(コオロギは)鳴き声もきれいだから、鳴き声も味わって、なおかつ
食べられると。一石二鳥でいいってよく言うんですけど。あとゴキブリは
残飯を全部食べてくれますから、エコサイクルにも一役。》 


これ全部、本人、ウケる気なんか皆無ですから。 いたって真面目。

笑い飛ばしたいんだけども、本を通してビシッと貫かれている真面目さに、
笑いが引っ込んじゃうんですよね。
「クラス会にそんなもん持っていくヤツいねえよ」とか
「旬って言われてもアンタ」とかのツッコミが非常にしづらいのあります。


もっと、こう、
「昆虫って気持ち悪いと思う人も多いですよね、だけどこう料理したら
問題なく食べられるし、じつは味もいいんですよ?」
みたいな、なんというか 「こっちより」 のマイルドな姿勢を期待してたんだけど、
完全に「あっちより」の語り口なんだよなあ。
ピンクに染まった虫のハラワタが「正月らしい」ってどういうセンスだよ。


もう、なんとも飲み込みづらい気持ちになってきます。


そして、そこまで日常の料理に練り込んで著者がカジュアル化を
推進している昆虫料理がですね、そえられたカラー料理写真を見る限り、

「まあ、どこに虫が入っているのかワカラナイわ、普通においしそう!」

っていうベクトルじゃなく、

「ぎゃー! なんやこら! 料理に虫が混入しとるで!」

と、関西弁で叫びたくなるほどあっけらかんと、料理の上に形のままの
虫がうじゃーと載っけられた恐怖のビジュアルなんだよね。
「いや、こんだけレシピに凝るんなら、そこも工夫しようよ!」って、
思いっきり突っ込みたくなるよ。


まあ、いろんな角度から楽しめる本ですよ。ちょっと神経まいっちゃうけど。


てことで、今年一番の本は、『楽しい昆虫料理』に決定!!


あ、もちろん、こんなうがった読み方をしなくても、
「虫料理のレパートリーが佃煮しかなくて困ってるのよね~」と
お悩みの奥さまは、充実のレシピ本として有効にご活用ください(´∀`)




勝手に今年の一番: PC関係

 
女優に引き続き、PC関係で今年一番のお気に入り商品をばご紹介。

その名も、


Transcend USBメモリ 4GB JetFlash V90 TS4GJFV90C


名前が長い! でもまあ、型番だから仕方ないってことで。
要するにUSBメモリなんですよ。iPhoneとかじゃなくてすまんね、地味で。


でもねー、これホントに使い勝手のイイコちゃんです。

  ・キャップ(ケース)と一体型だから、キャップをなくす心配がない!

  ・すんごいコンパクト! ケースを入れても4.5mmと、超薄型!

  ・キーリング付きで、携帯やカギやペンケースに付けられる!

  ・4GBの大容量は、ふつうに充分すぎる!


で、なんといっても


 ・デザインがださくない! キレイ! (これ最重要!


Usb


ケータイに付けてもぜんぜんOKです。 むしろ「おしゃれストラップ?」てな感じ。


今までおしゃれUSBメモリって、スワロフスキークリスタル~とかの、
やたら姫っぽいヤツが多かったじゃないですか。あれ、ちょっと恥ずかしいじゃない。

これは、硬質なシルバーメタリックにほどよく甘い柄が入ってて、
ユニセックスなデザインなんですよ。男性がケータイに付けててもカッコイイ。


私は別の携帯ストラップにかませるようにして、ぶらさげてるの。

4GBあると音声データとか写真とかもガンガン入れられるんで、
こいつに仕事入れてネットカフェで取材と取材の間にインタビュー起こし~
とかやってます。


ノートPC持ち歩くの重いし、こいつで充分。
ネット上のストレージにネカフェからINするのは抵抗あるので、重宝してますよ。


てことで、個人的な今年一番ちゃんでした。 おすすめ!




勝手に今年の一番: 女優

 
このあと「マンガ」とか「本」とか続けていく予定だけど、
まずは今年一番わたしの胸をきゅんきゅん言わせた女優サンを。


それは、クリスティン・クルックだ!!!(≧∀≦)


初めて今年、カノジョを意識しました。
「ゲド ~戦いのはじまり~」というゲド戦記を映画化したDVD(2006年発売)に
出演しておられまして、映画そのものはあんま面白くなかったんだけど、
巫女役で出ていたクリスティンちゃんの美貌に、スガーンと打ち抜かれたのさ。


 女 神 降 臨 !


お母様が中国系ということもあって、顔立ちは完全に極東系です。
ひたいが広くて、目と眉が離れてて、鼻がおへちゃなベビーフェイス。
日本人とか中国人にいるタイプの、「極東アジア系美人の顔立ち」なの。
 
Ck

黒髪にして黒コンタクト入れたら「外国人」って感じしないよね。
親しみやすいお顔立ち。

だけど、お父様がオランダ人ということもあってか、骨格やスタイルは
白人なんだよねー。コロンビア系の血も入っているらしく、肌の色は南米系で
手足も引き締まってて。
これぞエキゾチックというか、人種のいいとこ取りって感じの御方です。眼福。

「ヤング・スーパーマン」っていうアメドラにレギュラーで出ているらしい。
こっちでもみられるのかしら。みたいなあ。。。


てことで、超偏見によって認定シマス。
いま世界で一番の美女は、クリスティン・クルックでーす!!


なんと2009年には、クリスティンちゃんの主演映画が来ますよ!
でもこれが「実写版・ストリートファイター」のチュンリー役だそうで、
言っちゃわるいけど 限りなくB級のにおい が・・・。


とにかくがんばれクリスティンちゃん!! 応援してるぞっ!



キッチン家電・・・買いたいっ

 
ホームベーカリーを買おうかどうしようか。

ボーナスどき恒例の家族会議中です。


来年からは焼きたての自家製パンで朝を始めるのもいいんじゃない? と
提案しては、
でもしおりちゃんハヤオキしないじゃん、
朝食なんか作ってくれたためしがないじゃん、
パン焼くったってどうせ飽きるまででしょ? と王子に抗弁され。


最近のホームベーカリーには「餅つき」機能もあるんだよ、
これでつきたてのお餅がいつでも食べられるよ! と言っては
でももう正月の餅は予約しちゃったじゃん、近所に美味しいつきたて餅を
売ってる米屋があるじゃない、食べたいときに少量を買えばよくない? と
もっともなことを言われ。


むう。 どう切り崩すべきか。。。


「僕のボーナスは服でも化粧品でも好きに使っていいよ♡」と
言ってくれている太っ腹で優しい王子も、この件についてだけは
「無駄づかいな気がするんだよね!」と譲らないのよね。


そう、私はキッチン家電好き。


今までも高価な多機能フードプロセッサーを買っては放置し、
ミルサーなんか3回しか使わず、
IH調理プレートをほったらかし、
ホットサンド調理器なんか1回ちょっと作ってみただけで満足し、
電気タコ焼き機を押し入れにしまいこみ、
カプチーノミルク泡立て器にカビを生えさせ、
電動泡立て器をなくし、
焼けるとパンが飛び出るトースターを2年前に買って忘れ、
電気蒸し器は「いまいちだった」と普通にガスで蒸しており、
湯沸かしポットも使わず相変わらずヤカンで湯をわかしておるのです。


現在、炊飯器を新しくしようと決めて検討中のくせに、
実はここんとこ米だって土鍋炊きで、炊飯器そのものを使ってすらいない。


でもなんかさー、ほしいんだもん(´∀`*)


ごっとんごっとんいいながらパンをこねこねして焼いてくれる機械だよ?
お餅までつけるんだよ?
うどんのたねもこねてくれるんだよ?
最近の炊飯器ったら、シチューだってコトコト煮てくれるんだよ?

あとあと、ハンドミキサーも欲しいんだよね!
鍋につっこんでポタージュスープ作れるヤツ!
(そんなのフープロで代用できるだろうとか言わないように)


そういう、最新のっ! とか、多機能っ! とかの家電に弱いの。
実際、パンなんて普通に手で作ったって手間でもないんだけどさ。。。


ゲーム機が出たり、アップルから新しい「i なんとか」が出るとついつい
買っちゃうガジェット好きな殿方と同じベクトルの嗜癖なので、
「買ったら、ちゃんと使うの?」とか言われても、使うとか使わないとか


そういう問題じゃないわけ(゚Д゚ )ワカル?


ああっ ホームベーカリー(餅つき機能付)! ほしいぃぃぃぃいいい!



カズー Kazoo

 
いちおー年末なんで、普段はあんまり仕事してない私も鬼のように忙しいです。
鬼がホントに忙しいかどーか知らんけど。

28日までは仕事仕事DAYSだぜ。外出するよな時間がないっ!!!


でもでも、そんなときに限って、家でなにかっちゃ遊んでしまうのが
人間の悲しさたくましさ。


ちゃんとセンターを173センチ高に固定したダーツボード(いただきものです。
ありがとうございました!)に、仕事帰りにダーツショップで衝動買いした
16グラムの可愛いマイダーツをえいやえいやと投げたり(こういうときほど
無駄に上達するらしく、ロートンは普通に出るようになった)、


本タイトルでもある「カズー」をブピーと吹き鳴らしたり。


そう、カズー。 カズー愛を語ろうと思ったんだった。

カズーってこんなんです。
『ピューと吹く!ジャガー』(うすた京介)では、コブラひさしが持ってましたね。

Cacsf86a


鼻唄をフンフン歌うだけで吹けちゃう。幼児でも演奏できます(´∀`)
楽器かオモチャか判然としない、この不完全さが愛おしい。

鼻唄で音程を調節するので、当然音痴だとひどい音になるぞ。


もうね、カズーに夢中。 楽器に夢中になるのなんて、久々。
フルート以来の夢中さです。

とか言ったら、ウチで死蔵されてるフルートちゃんはマジギレすると思うけどね。
なんせ、カズーは数百円(うちのは200円)。
カズーなんかと比べんなよ! と、値段のゼロが3つ違う「ちゃんとした楽器」の
プライドをかけてフルートちゃんはキレると思うし、そこは「キレてよし」とも
思うんだけど、しかたない、私はカズーの方が好きです。かわいいです。
人間、すぐれたものを愛するとは限らないじゃーないですか!


なにがいいって、手を使わずに吹けるんですよー。
本を読みながら吹いたり、掃除しながら吹いたり、手軽なんだよね。

(音量はかなり大きくてホイッスル級なんで、防音の弱いアパートでは
近所迷惑かもしれない。)


あと、音を出すのはカンタンだけど、「きれいな音」「いい音」を出すのは
かなり難しい!!

楽器屋には置いていないけど“トイザらス”では見かけるという、
「4:6でオモチャ」みたいなアイテムだからさ。いい音、出ないのよ。
ぶーぶーいう耳障りな音じゃなくて、色っぽいトランペットのような音を
出すには、かなりコツがいるのです。


「始めるハードルは低いけど、熟練するには相応の難しさがある」

・・・そこにハマっちゃった。


あ、でも、それってダーツと一緒かも。
おもしろい遊びに共通する要素なのかもしれませんね。



本多劇場「七人は僕の恋人」

 
宮藤官九郎が脚本演出の舞台です。


うーん。。。


正直、期待はずれでしたー。
「流星の絆」で力を使い果たしたのかしらw


短いコメディダッチの演劇をテンポよく繋いでいく内容で、
なにか1本のテーマがあるわけじゃないんですよ。

ストーリーでみせるタイプじゃないコント集なのに、あんま笑えなかった。。。
幼稚な感じを受けるギャグネタが多かった気がします。

性格がゆがんできたせいか、ストレートな勢いで笑わせる子どもギャグには
「ふーん・・・」って冷めちゃう。

まあ、単に私の好みじゃなかったってことなんでしょうけども、
ギャグに笑えないと見所がない劇だったんで、食いたりないんですよね。。。
もっと、脳みその中身を面白がらせてほしかった。

どんなくだらないネタでも、松尾スズキの書いたギャグには笑えるんだけどなぁ。
なにが違うんでしょう。
松尾さんのギャグは、「言葉」そのものを大切にしている感じ、
言葉の力で遊んでいる感じがあるからかな。
私が「文学が好き」ってことなのかしら。


これ、毎年、クドカンが年末にやってる「ウーマンリブ」っていうシリーズの
舞台なんですけど、去年の「ウーマンリブ先生」がゾクゾクするほど
最高だっただけに残念!!




蒲田「初音鮨」 …なんか悔しいぃぃ!

 
東京一おいしい~! と、
私と王子が大切に通っている高級寿司店、初音鮨さん。
(店名は、「四代目 蒲田初音」と書かれていることも)


値段がお高め+敷居が高めな店構え+そのくせ場所が「蒲田」、
という三重苦な条件のため(笑)、いつもさくっと予約できました。

あの味で、お値段据え置きで、場所が銀座だったら、予約がなかなか取れない
お店になることは必至。
東京メインストリームから外れた「蒲田」というガラのわるい立地のせいで、
その至高の味にも関わらず、グルメ本からずっと無視しつづけられてきたお店さんです。


大将は寿司へのこだわりを話し始めるとめっちゃおしゃべりさんでウンチクさん
だけど、テンポがよくて楽しいの。話かけなければニコニコ感じのいい方だし。
いつも着物のおかみさんも、控えめな接客が気持ちよい。

ネタは必ずひと工夫がしてあって、
新鮮さだけに価値をおかない江戸前の繊細な手仕事の味わいが、
ひとくちごとに「じーん、感動~!!」と、涙うるうる、瞳孔ひらきっぱなし、なのです。

同じネタでも、ここで食べると、味に深みがある場合が多いんだけど、
それは、単なる甘エビでも軽く昆布締めして、エビ味噌を練り込んで・・・といった
仕込みをおこたらない大将の腕のなせるワザ。
やわらかめに炊かれた古代酢の赤しゃりがまた、この「一手間」かけたネタに
合うったら。たまんないの。


あまりにも大切な店だから、私はブログにも書いてこなかった・・・。

せこい話だけど、有名になってほしくなかったのさ、実は。
地元の人だけに愛される、静かで雰囲気のよい店であってほしくて。


ぶっちゃけ、私の大事な「隠し球」だったのですよ!
はっきりいって、某・超有名店より何倍もうまいんだぞ!!!


それが。


それが・・・・・・


それが、ミシュランに載ってしまったぁぁあああぁぁあーーー!!! ><ギャー


しかも二つ星。
余計なことを! 余計なこーとーをー! orz


なんかうまく説明できないけど、すっげえ悔しい!


悪い方に行かないといいなぁー
「自称グルメ」なKY貧乏ブロガーがデジカメ片手に押し寄せてきて
「コストパフォーマンスはいまいち」とかいうわかったようなバカ記事を書きやがったら
悲しくてしかたないぞ。

気品のただよう、大人の店なんです。
繁盛するのはよいけど、あの大人のためにある佇まいが乱れるのはイヤすぎる。


ああ、どうかあの静かな佇まいと大将の物腰に変化がありませんように。
切に願わん。


渋い皮。

 
タイトルなんのこっちゃと思われるかもですが、栗の渋皮煮を作ったのでした。


栗の甘露煮よりも、渋皮煮のほうが美味しい。 皮のクセがいいんだろうな。


できたてはホックリホクホク栗いっぱいの栗栗した味。

1週間くらいたつと、中までシロップの香りがまわってさらにしっとり美味しくなる。

2か月もたつと栗はネットリ、渋皮モッチリ、贅沢濃厚デザートに!


手間はかかるけど作り方は簡単で、日持ちするし、味の変化も楽しいし、大好き。

「らっきょうをつける」感覚で秋になると仕込むデザートです。




Dscf3879
 
まずは、栗の鬼皮(外の硬い皮)を剥きます。
私は手持ちスライサーを応用して剥いてます。指が痛くなります。
たいていは王子に剥いてもらいます。

そのあと、重層を入れた水に1晩つけて、そのまま朝から煮はじめます。

↑上の写真は煮はじめの図なり。




Dscf3881

最初はこんな風に、あくで水がまっくろになるです(@_@;

浮いてくる紫の泡はまめに取ります。

1時間煮たら、水を換えます。
また1時間煮て水を換えます。
さらに1時間煮て水を換えます。
もっかい1時間煮て水を換えます。

要するに水が澄んでくるまで水を換えて煮るのです。
早めに澄んできたら水替えは2回とかでもいいのです。




Dscf3882

水を換え続けると、
最終的には、こんなふうに、うすーいワインレッドの煮汁になります。

ここで砂糖を投入。
長期保存するならかなり甘くします。栗の重量の8割くらいかなぁ。
1か月以内で食べ切っちゃうなら栗の重量の半分くらいかなぁ。
適当ですが、だいたいそんなもん。

私は黒砂糖を入れます。香りがいいから(´∀`)

砂糖がとけたら、ブランデーとか赤ワインとか醤油で香りをつけるんですけど、
私はラム酒をどばーと入れます。黒砂糖と相性がよいので。
今回はキューバみやげのハバナクラブ7年の残りをぜいたくに使ってみた!

で、また1時間くらい弱火でぐつぐつ。シロップを沁ませます。




Dscf3884

これで、できあがりー。

つやつやです。
『つやつや担任』のようにつやつやです。学活!(←吉田戦車ネタ…)。

その日に食べるとしても、冷めてから食べた方がいいですよ。
できたての熱いうちは、ただの甘く煮た栗です。
冷めるときにシロップが中に入っていくし、皮も弾力を取り戻します。




Dscf3888

すぐ食べないぶんは、瓶詰めにして、瓶ごと鍋で煮沸消毒しましょう。
砂糖を多めにしてとろりと煮れば、けっこーもちます。
3か月くらいは余裕。

おせち料理の1品としても、合いますよん♪



プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ