« 美しい男性 | トップページ | グインサーガ »

実家のひるごはん

 
ママンが作ってくれるおひるごはんは、ランチじゃなくて昼食じゃなくて
やっぱり「ひるごはん」っていう言い方がぴったり。普段着のごはんです。

普段は私が「つくるひと」。
だけど実家じゃ「たべるひと」になれる。

それだけでも幸せなのであります。 やっぱ面倒だもんね、炊事ってさー。


さて、食卓を見回して思った。普段着のごはんって、地方色がでるのね。

写真忘れちったけど、

 ・なっとう
 ・たまご
 ・大根の味噌汁

このへんまではスタンダードとして、

 ・やましお菜の漬物
 ・ごどうふ
 ・おきゅうと

これはまず東京の食卓ではでない。

・・・ということに、今回「はた」と気づきました。
小さい頃から食べてきてるから、気づかなかったわ。


やましお菜は、筑後地方だけの野菜のようです。
しゃきしゃきした歯ごたえが楽しくて、香りもさわやか。
(ちなみに実家あたりでの「筑後」の読み方を純粋に再現すると「ちっご」)

袋詰めで売ってるやつじゃなくて、塩だけであっさり浅漬けにした
緑あざやかな手作りのものが美味しいのだ。

お取り寄せサイトみつけた。↓
http://www.tsukemono-inui.com/yumena/index.html


ごどうふは、・・・なんだろ、「呉豆腐」って書くんかいな?
こゆーい豆乳を、葛粉で練ったもので、もっちりむっちりしております。

食感は、きめ細かいゴマどうふ。でも、味はまろやかな豆乳の味。ミルキー。
葛粉特有の澄んだ香りと、やわらかぁぁぁぁい舌触りが上品です。

あまいゴマ醤油だれをかけていただきます。
私は、もう、大好き。 ごどうふなら、いくらでも食べられる。

こちらで売ってるようで……すごいな今なんでも取り寄せできるじゃん!
でも、買ったその日に食べないと硬くなるものなんで、心配な気もする。
http://tamateshop.net/food_drink/goods/2008/04/01000907.php


しかし、ごどうふや漬物のために送料を払うのも…むむぅ。
日常食だからなあ。ケの食べ物だからなあ。
王子には食べさせてみたいけど、東京で取り寄せるかどうかは悩むところだ。


福岡みやげっていうと、どうしても明太子~だけど、たまには変わったものを
持ち帰ると喜ばれるかもですよ。

まあ、豆腐と漬物って地味ですけどね。。。地味にフツウにおいしいです。




(追記)
書き忘れたけど、おきゅうとは、なんか・・・海草の練り物。
やわらかいところてん?
モタっとした、ベロンとした食感で、磯の香りがたいへん強い。
特筆すべき味じゃなくて、あれば食べるかな、くらいなもんなんだけど、
なぜか福岡の食卓にはよく上るのだ。


« 美しい男性 | トップページ | グインサーガ »

03_ うちゴハン(レシピ)」カテゴリの記事

2009年の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/44182300

この記事へのトラックバック一覧です: 実家のひるごはん:

« 美しい男性 | トップページ | グインサーガ »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ