« Sleipnirでマウスオーバー辞書 | トップページ | 京菜の漬け物 »

シグルイ

 
いま、うちで大ブームのマンガです。シグルイ(秋田書店)。
「武士道は死狂いなり」っていう葉隠の一節から取っているらしい。


江戸時代が舞台です。原作は南條 範夫(かなり翻案されている様子)。
残虐な暗君、駿河大納言徳川忠長の催した御前試合の真剣勝負から
マンガは始まるのですが、いまのところ第一試合で立ち会う
伊良子と藤木両剣士の背後にある因縁めいた過去が主眼となっています。


マンガの大半、人の首だのアゴだの顔半分だの腸だのが飛び散りまくってて
「ひー!」って感じ。酸鼻の極み。もうね、人体損壊マンガです。

剣術だの武士道だのの、きれいごとではない暗黒面・残虐面が
前面に出されております。
そうよね剣ってのは人殺しの技なのよねーと改めて感じ入ってしまう次第。

ストーリーは感情移入しやすい復讐譚になっていて、こわいこわいと
思いつつも、次の展開が気になって目が離せないません。

「ありえねー!」と笑っちゃう"少林サッカー並"の剣技や肉体美もすごい。
野球マンガでは魔球。柔道マンガでは必殺技。忍者マンガなら新殺法。
そして剣術マンガなら秘められた奥義! 男の子向けマンガの王道だ(´∀`)
こういうのって単純にワクワクさせられますよね。


台詞もまた魅力的で、

《道場は芝居をするところではござらぬ》

《これはあくまでも興のひとつ しからば両名とも存分に戯れよ》

《藤木源之助は戯れの出来ぬ男よ!》

などなど、普段の会話にまぜて王子と遊んでます。

あと、
《封建社会の完成形は 少数のサディストと多数のマゾヒストによって構成されるのだ》
という説明文も印象に残ってるなあ。確かにそうだわ。


ちなみに私は伊良子ファン、王子は藤木ファン。

ひとことで言うと、伊良子は疫病神です。
外からやってきて、平和だった道場に災厄をもたらす。物語には不可欠ですね、
こういう人物。ある種の物語のマザータイプです。
「こいつさえいなければ」なヤツなんだけど、妖しい美男なんだな。

藤木は主人公で努力家で忠義者。無口で忍耐強く、りりしいのです。
でもおもしろみはないのよね。典型的な主人公。

「しおりちゃんって美男好きだよねー」と白い目で見られたりしています。
だから王子のこと好きになったんじゃない♪ とごまかしてますが
確かに私はもれなく美形キャラが好きだなあ。けっこう面食いだし。

でも男性だって美女キャラ好きだよねえ。
あの、「オレが美女を好きなのはいいとして、女が男を外見で判断するのは
気に食わん!」っていう男の論理はどのへんから来ているのでしょうか。
「オレは外見には自信がないから気に食わん!」っていうワガママな理屈にしか
思えないんだけど。。。

(余談ですが、私が思うに、経験上、男性に共通する欠点は、
非常に感情的なのになぜか「自分は論理的」と信じ切っているあたりだと思います。
理屈っぽいことと、論理的な性格だということは、イコールではありませんよ!)


残酷ものはぜんぜんダメって人には勧めませんが、
比喩でなく本当に血と命をかけた剣劇はエキサイティングです。
残酷を垣間見たいという人間の血なまぐさい本能も満足させてくれますし、
オススメですよん。




« Sleipnirでマウスオーバー辞書 | トップページ | 京菜の漬け物 »

06_ マンガ愛」カテゴリの記事

2009年の日記」カテゴリの記事

コメント

ぬふぅ、まさかこちらでシグルイの話題を拝見するとは!
先日の帰国時、飲んだくれた後に深夜の漫画喫茶で読み始め、止めるに止められず空が白むまで読み続け、翌日の昼酒に差し障りが出てしまいました(笑)。
次の帰国時に新刊を読むのが楽しみです。

酒徒さん

おおっ、けっこう好きなマンガが被りますね(≧∀≦)
いや~シグルイは面白い! 女性キャラの身体もエロくていいです。
最初は酸鼻の極みと顔をしかめていた描写にも慣れちゃいますね…。

私もマンガ喫茶にどっぷりはまることあって、「ハンター×ハンター」
「のだめ」はマンガ喫茶で知って大人買いしました。
最近では「ぼくらの」を一気読みしちゃいましたねー。
 

隠れファンでいましたが初めてコメントさせて頂きます。
シグルイもお読みになられるんですね!
なかなか、幅が広くていらっしゃいますね。
益々ファンになってしまいます。
うちでもちょっと前にブームが起きてたので
思わずコメントしてしまいました。
あ、それと最近、アフィリエイトに傾倒されつつありませんか?
純粋に読むのが楽しいブログでしたので、それはちょっと残念です(._.)

もち朗さん

コメントありがとうございます!
継続して読んでくださっている方がいるなんてすごく嬉しい(≧∀≦)

マンガは乱読してます。1冊500円くらいで何度も楽しめる娯楽。
ホントにすばらしい。日本に生まれてよかったーと思っちゃいます。
ほかにおうちでブームの起きたマンガがあれば是非おしえてください^^

アフィリで儲けたい! という狙いが先にあって、嘘を書いて褒めたたえる記事などは書いていませんよー。そんな風にうつるなら悲しいですが、感想を正直に書いていることは、文章から伝わるだろうと信じています。
まず書きたい話題ありきなのは、他の日常記事となにも変わりません^^
逆に、おすすめしたいものに「リンクを貼らない意味」も思い当たらないので貼ることにしました。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/43928930

この記事へのトラックバック一覧です: シグルイ:

« Sleipnirでマウスオーバー辞書 | トップページ | 京菜の漬け物 »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ