« 新橋、Atrium | トップページ | たいむすりぷ »

続報:サルミアッキ

 
こないだここにサルミアッキについて書いたら、友人から、
「おみやげにもらったけど、とても食べられないから」と
サルミアッキを3箱ももらってしまいました。

1箱は開封済み。1粒でギブしたんだと。

それが、こちら!

090514_salmiakki

これこれ、このオレンジのパッケージ!!
まさしく、私がフィンランド滞在中、しょっちゅう食べていた
「ミントフレーバーのサルミアッキ」です。

スーパーサルミアッキっていう名前だったのかあ。

思い出したけど、スーパーじゃない普通の純粋サルミアッキは、
白黒のダイヤ柄の箱に入っていて、素人にはきつい味だった。

こちらのスーパーのほうがミントですっきり、食べやすいの。

さっそく開けます。
まっくろの、グミグミしたキャンディです。グミにしては固い。
うっかりきつく噛むと詰め物がとれそうになるよ。


090514_salmiakki02
(原料: 塩化アンモニウム ←電池の材料。)


ああ、この味。苦い。みょうに苦くて、塩からい。
よくわかんないけど 「ぐにもー!!」 って言いたくなる後味。

そこにお助けミントが参入、ああ、ありがとうミント……って、いや、
美味しいんですよ、美味しいんだけど……ぐにもー!!


すごくうれしかったんですが、3箱。。。
そのフィンランド帰りの方は、はたして友人のことを好きなのか、
3箱という量は「親切」なのか、モノがサルミアッキなだけに微妙なところ(笑)。


私もヘルシンキで宿泊した先のマダムがしつこくすすめるものを
しぶしぶ食べてるうちに好きになったクチ。最初は苦手だったなあ。

「日本人はヘルシーなものが好きだから長生きなのよね、
フィン人はあぶらっぽい肉ばかり食べるから生活習慣病が多いの」

そう語るマダム・アンナの話に、
「肉じゃねーよ、サルミアッキぼりぼり食ってるからだよ!」
と、苦くて塩からくて、どう味わっても「化学物質」なサルミアッキを
頭痛をこらえて飲み込みつつ、心中で突っ込んだものでした。

こんな化学物質を幼児期から摂取しつづけるなんて、フィン人はなにか
未来的な肉体(ガソリンで動くとか)に変異でもしたいのかと本気で
思ったくらいです。


それがいつのまにか好きになっちゃうなんてねえ。
ムーミンも食べてたのかなー。




未開封の1箱をバッグにイン。
今月中に私に会う方は、もれなくサルミアッキの試食ができますよん。


« 新橋、Atrium | トップページ | たいむすりぷ »

04_ その他、食べもん」カテゴリの記事

2009年の日記」カテゴリの記事

コメント

何だかすごい味のしそうなお菓子ですね。
異様に気になります。
ぐにもーってところが何ともそのお菓子の味を
象徴してるみたい。

小さい頃から食べると何の抵抗もなく、
食べれるものなんですね。

ゆりゆりさん

うふふ、これが不思議と、はまっちゃうと止まらないんですよ~(≧∀≦)
ぐにもー!って喉にこみあげてくる、えぐい味です。

納豆をおいしく感じるのと同じで、小さいころから食べていると、クセ=うまみ、になるっていうか。
そういえば、どこか味噌っぽい風味もします。
仕事の合間に食べると、ちょうどいい刺激です☆
ぜひ機会があったらお試しくださいね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/45012094

この記事へのトラックバック一覧です: 続報:サルミアッキ:

« 新橋、Atrium | トップページ | たいむすりぷ »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ