« 時の流れに身を任せ(たい) | トップページ | テイクケア オブ ユア オナーカ »

どわすれ対応

 
昨日、王子が北京から帰ってきました。えへ。

さいきんの王子の出張先は、北京、成都、天津です。
「天津飯が食べたい」って天津のひとにいったらキョトンとされたんだって(笑)。

KAZOさんは上海に移住しちゃうし、なんだか中国と縁があるな最近。


このたびは王子に、「中国人は漢字をど忘れしたときや、知らない単語を
聞き書きするとき、どうしているのか」を聞いておいて、というミッションを
与えてみました。


日本人だったら、「憂鬱」って書けなくても「憂うつ」って仮名をまぜられるでしょ。

聞き書きだって、初耳の単語の漢字がわからない場合は、とりあえず
仮名でずらずら書いておけばいいし……たとえば、えー、マサカツアカツカチハヤ
ヒアメノオシホミミとか。 ←正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命。極端。

表意文字だけで成り立っている場合は、どう対応するのだろ?
という素朴な疑問があったわけです。


私の仮説は、

●ど忘れした場合

 意味の近い表現に言い換えてごまかす。私もやる。
 もしくは、発音が同じの、より易しい漢字をとりあえず充てておく。

●知らない言葉の場合

 発音が同じ漢字をとりあえず充てておく。


だったのですが、中国人の答えは、

●ど忘れした場合

 「基本的に忘れたりしません。もしあったら、ピン音で書くと思います」

●知らない言葉の場合

 「ピン音で書きます」


でした。


まあ、そうか、、、そうだよね。 ピン音ってもんがありましたな…。



« 時の流れに身を任せ(たい) | トップページ | テイクケア オブ ユア オナーカ »

01_ 夫婦善哉」カテゴリの記事

2009年の日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/45518293

この記事へのトラックバック一覧です: どわすれ対応:

« 時の流れに身を任せ(たい) | トップページ | テイクケア オブ ユア オナーカ »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ