« 衝撃のラストシーン | トップページ | どこいこ »

ツメが甘いのよ

 
土曜日、友人とナイロン100℃の『世田谷カフカ』を観劇。

そのまま友人宅に遊びにいって、家飲みしてるときに、
かわいくネイルしてもらった♪


Dscf5542Dscf5549


キラキラきれい。なんだかキャンディみたい。赤とピンクで甘そう~。


私は普段、ネイルしません。ツメすっぴんです。
だって、なんだか、ネイルばっちりの指先でサーブされる肉じゃがや
味噌汁っておいしくなさそうじゃない?

王子に、なるべくおいしく夕飯を食べてほしいから、
結婚式などのお呼ばれのとき以外は、ネイルはしないことにしてるんです。


でも、ひさびさにキレイにしてもらうと、かなり心華やぎますね!
キーボード打ってても、指先がキラキラしてるだけで、なんとなく
ウキウキしちゃう。


ツメなんて、こんな狭い面積に色を塗りたくって、なにが楽しいんだろ・・・
と、今までネイルサロンに通う女性をちょっとバカにしてたけど、
やっと納得できました。

ドレスアップする機会なんかなかなかないし、
アクセサリーだって、そうそう買えない。

だけど、ネイルなら、非日常な華やぎ、心浮き立つキラキラを、
身体の一部に手軽に装おうことができるんですよ。
個性も季節感も演出できるし、はまる人がいるのもわかるわかる!


やっぱり食い意地のほうが大事だから、普段からやることはない
だろうけど、ちょっと世界が広がった気がする。
おでかけのときには、私もネイルちゃんとやってみようかな。

ありがとー、ミイちゃん!


難点は、ツメをすぐ切っちゃう癖があるとこだなあ。
もうちょっと長く伸ばしたほうが、ネイルはきれいに決まります。

写真、そこそこ伸びてるように見えるかもしれないけど、私のツメは
白くないとこ(ツメと肉がくっついてる部分)が長いのです。

書いてて思いだしてきましたが、小学3年生のとき、裏から見てツメが
飛び出してると「切り直してこい」って怒られる「ツメ検査」ってのが
毎週月曜にあったんですよ。

でも、私のツメは、どんなに短く切っても裏から見えちゃうツメなんです。
指の先端から薄皮が伸びてて、その薄皮とツメがつながってるから、
白いところを全部切って深爪しても、指先よりツメが上に出るの。

Dscf5550

(↑ 赤いツメの真ん中あたりに、うっすら白い線が見えるでしょ。
これが薄皮で、ここでツメと指が繋がってるのです。
だから、実際にはツメは1ミリくらいしか伸びてない状態。
こういう指の人は、ギターのコードが押さえられません・・・)

この薄皮を切ると、指とツメが離れて血がにじんでくるし激痛が走るのに、
先生が「また裏から見えてる!」「色気づくんじゃないわよ!」などと
ヒステリックに怒鳴り飛ばして無理に短く切るもんだから、生傷が
絶えなかったんですよ。ホントに痛かった。

とうとう、「こういうツメなんだって、何度言ったらわかるんだああああ!」
と、教師に掴みかかる“はじめての反抗”をしたことがありました。
はじめての“マジギレ”というヤツだったかもしれません。


友人にネイルしてもらって嬉しかった話が、とんだ思い出に
着地しちゃいましたが、あのときからハッキリと自己主張するタイプの
人間になったので、なにが成長のきっかけになるかなんて
わかりゃしませんね。ストレスって大事なのかもなあ。



« 衝撃のラストシーン | トップページ | どこいこ »

07_ 友人のはなし」カテゴリの記事

2009年の日記」カテゴリの記事

コメント

すごい言われようですね、色気づくんじゃないわよって・・・。
私の学校の服装検査はスリップを着てるかまで
チェックされてましたよー。
スカートをちょいとつまんで実際に着てるかまで
見せなきゃならなかったんです。
よく言ってたケド、そうゆう検査の時幅を利かせるのが、体育教師達。

「脳みそまで筋肉なんじゃないと?」

って陰で言ってましたよー☆

ユリさん

すごい言われようですよ、、、しかも、小学3年生ですよ?
色気の意味もよーわからん10歳の小さな子ども相手に、ひどい話です。
小学校なので、体育教師はいませんでしたが、教室内は担任独裁政権でした。

スリップチェックって!(゚Д゚ ;)
それ、もう、エロじゃないですか、セクパワハラです!!
今だったらソッコーで訴えられますよ…ひえ~。

学校って、どこも、へんな風習があるもんですよね^^;
 

ちなみにスリップ検査は高校時代に行われた
話です。まあ、女性の先生でしたけどね、さすがに
チェックするのは。

私がはっきり自分を主張するようになったのが、
30代後半くらいでこないだなど、割と混んだ電車の中、
少年野球チームが試合帰り、立ってる私の後ろを
左に右へと行きかい、周りもうざーって思ってた
ところ、運の悪い少年が私の足をわざとじゃないとは
思いますが、蹴ったのです。

「あいたっ!(くるっと少年を見据え)ちょっと
あんた!謝りぃよっ!」

と一喝してしまいました。
事後、自己嫌悪してしまいましたが、
何も考えずそんな言葉がすらすら出てきた自分が
多少怖かったです。

話変わりますが、毎日、記事を読んでたら一度、お会いしてお食事とお酒などを一緒したい
などと考えてしまいましたよー。
食べ物のおいしいお店とかご存知だしー♪

でも、小学校3年生で色気づいて
何がどうなるって感じですね。
その先生、頭おかしかったんじゃないですか?
言わないですよ、そんな幼い子に色気づくとか、普通の神経してたら。

過日の記事の勝手に払い込みさせられていたことで
「コロス」との一言で話が早く済んだとか
他にもそんな話があるようで、今の状況が
落ち着いたら過日の記事が読めると思うと
楽しみです。
おのろけのも読みたいですし☆

ユリさん

あ~~、わかりますわかります、その「直後に自己嫌悪する」っていうの(苦笑)。私もよくやっちゃいます。

昨日は、電車でドア付近に8人くらい固まってデカイ声でしゃべってるギャル集団がいて、スミマセンって言ってもどかなくて、ぜんぜん電車から降りられなくてホントに邪魔で、「だから、どけっつってんだよ、ブス!」と怒鳴ってしまったし。車内がシーンとしました……どいてくれたけど。

もうホントに、「あー、あんなこと言わなきゃよかった~」と反省。

でも、(私は言葉が汚いから反省すべしですが)、ユリさんのはちゃんとした注意なので、ぜんぜん自己嫌悪に陥る必要ないですよ! むしろ、拍手です!


そうですね、東京にいらっしゃることがあれば、ぜひ^^
帰省は、いつも2泊3日くらいでバタバタなんで><
ホントはもっとゆっくり帰らないと、親も悲しんでるんですけど、なかなか。。。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/46403448

この記事へのトラックバック一覧です: ツメが甘いのよ:

« 衝撃のラストシーン | トップページ | どこいこ »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ