« すみません | トップページ | すごいぞダイソー »

足の小指の存在感

 
不幸は突然起きるもの。

昨日の深夜、洗濯物をしまっていたところ、タンスの一番上の段が
すっぽぬけまして、足の小指の上にどっすん! と落下、

もうね、三丁目先まで響くような絶叫をあげてしまいました。


足の小指!
とっても小さな部位なのに、日ごろは何の存在感もないのに、
なぜにこんなに痛いのか!!


見る間に腫れ上がり、凶悪な色合いに。
ずっきんずっきんと激しい痛みで、ろくに眠れませんでしたよ。

日曜なんで、整形外科は休診。
1日経っても自力で指を曲げられないし、小指を地面に接触させると
激痛が走るので、ほとんど歩けない状態です。折れてるかも……。


今日は上京してきた両親とホテルで会食したのですが、
フロント前でタクシーを降りてからレストランまでのたった
数十メートルが、つらい。

小指をまったく地面に接触させずに歩こうとすると「かかと歩き」に
なっちゃって、足首やすねが変に痛んでくるのです。

怪我したのが親指だったら、
かかとから小指までの足の「外側面」を使って歩けるんですが……。


バカにできませんね、足の小指。ホント、泣き所です。

おとなしかった子が突然ワルになったような、
手のつけられないズキズキズキ。
せっかくのディナーなのに、味もわからない痛みったら、くーっ!!


今まで、ペディキュア塗るときも、爪を切るときも、なんとなく小指は
いいかげんに扱っていました。

まったく関心を払ってこなかったぶん、これからの人生では、
大事なパーツとして、ちゃんと構ってあげようと思います。


明日は朝イチで病院いくぞ!



« すみません | トップページ | すごいぞダイソー »

2009年の日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/46894002

この記事へのトラックバック一覧です: 足の小指の存在感:

« すみません | トップページ | すごいぞダイソー »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ