2009年の日記

2009年 バリ島旅行記

 
ええと。

もう2年半も前の話なんですけど、

2009年に、バリ島に誕生日旅行したときのことを、
メモ程度に書いておくことにしました。

ホントに、メモです。 どこいった、なに食べた、それだけ。

日記というより、旅のしおりみたいなもんですけど、
誰かの参考にならんとも限らないので。

写真は、おいおい追加します。

あと、2010年の「バリ島旅行リターンズ」のことも、
おいおい書きます。やっぱりメモ書きで。

せっかく2年連続でバリ行ったんだもんね。


では、こちらから。



*********************************



<11月15日(日) ガルーダインドネシア航空 >

 ●バリ到着 17:30

 スーパーでバナナの天ぷらを買ったあと、
 まっすぐウブドのホテル
 「ウブド・ハンギング・ガーデン」へ。

 途中、完全に日が落ちる。

 迎車は、ウブドの町中を通過し、さらに40分ほども走る。
 途中からは山道、未舗装の道はガタンガタンと揺れ、
 高度があがるとガードレールのなさが心許ない。
 人里離れすぎだろう。


 到着後、周囲があまりにも闇すぎることにワクワクする。
 すごい立地のホテルだ。これぞ非日常だ。

 遅いので、ホテルのダイニングでディナー。
 いまいち。無念。




<11月16日(月) 観光の日>

 ●観光:ゴア・ガジャ、イエ・プル、スマラプラ宮殿、
  ゴア・ラワ、クサンバ村、モンキーフォレスト、ケチャ鑑賞。
  (がんばれば、1日にこれだけ詰め込めます)

 ウブド・ハンギング・ガーデンの朝。
 真夜中に到着したからわからなかったが、
 急峻な山肌に建っているヴィラ。すばらしい渓谷ビュー。

 なんというか、深山から幽谷を見下ろす感じ。絶景。
 パノラマルームを取ってよかった。
 高低差の激しい斜面にヴィラが点在するため、移動にはゴンドラを使う。
 説明が面倒なのでこちらをどうぞ。

 野生の猿をあちこちで見かける。愛らしい。
 猿たち、なぜか昔のベッカムのようなソフトモヒカンをしている。

 渓谷を見下ろしながらいただく朝ご飯もすばらしかった。
 すべて美味。いちばん美味なのは、空気かな。
 バースデーケーキも持ってきてくれました。

 この日は、ガイド付きのクルマを1日レンタルして観光。
 ちょっと後悔する。こんな素晴らしいホテルなら、
 ホテルそのものを楽しめばよかった! …と。

 9時にクルマのお迎え。

 ゴア・ガジャ、イエ・プルをまわって、
 ランチは「イブ・オカ」へ。
 豚の丸焼きを切り分けてライスに載せたバビグリンが有名な店。

 王子はイブ・オカのバビグリンがちょっと苦手だった模様。
 落とした皿をそのまま使うといった衛生的な部分が(笑)。
 私は平気なので、美味しくいただいた。
 白い脂がしがみついているパリパリの皮が、
 ちょっとくどく、まったりとおいしい。


 足を伸ばして、スマラプラ宮殿を鑑賞。

 ゴア・ラワ寺院でコウモリの大群(ニオイ、音、すごい)にびびったあと、

 おいしい塩で有名なクサンバ村へ足を伸ばし、
 お天道様に頼る伝統的な製塩所を見学。

 クサンバの塩、たっぷり購入しました。

 ウブドにもどって、街をぶらぶらし、
 モンキーフォレストへ。猿だらけ。やっぱりソフトモヒカン。


 観光レストラン「ラカレケ」でケチャックダンスを鑑賞。
 広場の向かいに陣取ってる西洋人が絶え間なくフラッシュ焚くので
 目つぶしになってよく鑑賞できない。本当にどうしようもない。
 ケチャケチャのかけ声は耳の奥に残った。

 ここではじめて飲んだバリの地酒ブルムに感動。
 カルピスとマッコリの中間というか。女性ウケしそう。
 白く、あっさり甘い、発砲する米の酒。ライムを搾る。
 ブルムはここのが一番おいしかった。

 (※バリの酒屋に売ってる瓶詰めのブルムは、
 できのわるい紹興酒のようなくそ甘い茶色い酒。注意。
 白いブルムは生きている酒で、レストランでしか飲めません)




<11月17日(火) 神秘なる新月>

 ●忘れられない夜

 朝、目が覚めて外を見ると、
 部屋のプールに、猿が子連れで水を飲みにきていた。

 朝食後、ホテルと向かい合っている、渓谷の反対斜面へ
 行ってみようと思い立ち、散歩を開始。

 現地の人たちとすれ違っては挨拶をする。
 あまり外国人が歩かないところらしく、
 子どもたちが立ち止まってこわごわと見てきたり、
 上半身はだかで材木を運ぶおじいさんが
 「は・・・はろー? はるー?」とたどたどしく言ってきては、
 ひとりでウンウンとうなずて笑ったりする。素朴な村。

 そこから別コースで山を下りてホテルに戻る。
 この道のりが思ったより険しかった。
 道といえる道がない。草を漕ぎ、木に捕まりながら降りる。
 そのたびに、ヘビかネズミか、小動物がガサガサっとたくさん
 逃げていく感触。ひぃ。

 最後、川を渡る橋が竹を何本か縛ったもので、
 ほとんど朽ちる寸前、びくびくへっぴり腰で渡った。
 ちょっとした冒険ができた。

 たくさん草の実をつけ、すり傷の勲章をこさえて、ホテルへ。

 ヴィラのプールでゆっくり泳いで、ビールを飲んで、
 すばらしい眺めに、ひたすらうっとり。
 山の緑、空の青、透明ですがしい風に、
 身体が溶けていきそう。本当によいホテル。

 夕方からウブドの街に出て、レストラン「ビアビア」へ。

 本日は、なんと、ウブド全体が、電灯をつけてはいけない日。
 新月の慣習だそう。知らなかった。
 蝋燭の明かりだけでディナーとなる。

 目の前には蝋燭にゆらめくバリの料理と濃厚なブルム、
 祭日らしく、どこからともなく漂ってくる甘い香の匂いとガムランの響き。

 異国情緒が満点すぎてクラクラ、ため息が漏れる。嗚呼。

 帰りは暗すぎて道がわからなくなり、
 道ばたにしゃがんでいる人や犬を踏んだり蹴ったり。
 大変だったが、それもまた、楽し。
 ウブドの違う顔を見た。

 ホテルに帰って、ハダカでヴィラのプールに浮かぶ。
 月も街明かりもない空に、星だけが明るく散っている。

 じっと見つめていると、次々に流星が。
 ちょうど獅子座流星群の日だったそうだ。

 私には、これが人生ではじめての流れ星。
 印象深い一夜となった。



<11月18日(水) 買い食いDay>

 ●観光:モル・バリ・ギャラリア、クタ、スミニャックの街

 チェックアウトまでホテルでゆっくり過ごす。

 朝一番、霧の晴れてきた渓谷に、優雅なトンボが集まってくる。
 しばらくすると鋭くターンを決める小鳥が群れはじめ、
 すさまじい速度で飛び交いながらトンボを補食していく。
 ヴィラの茅葺き屋根では、どこからか失敬してきた果実を
 猿の親子が味わっている。
 それらを遠目に眺め見ながら、こちらも渓谷に張り出したテラスで
 ゆっくりと朝食を取る。

 なじんだ光景も、これで最後。
 今日は、山のウブドから、海のスミニャックに移るのだ。


 お迎えが来る。
 ランチは、ナシアヤム・クデワタン・イブマンクゥ。
 揚げた鶏肉、鶏皮、軟骨、内臓がバランスよく載っている。
 そえられたピーナツがいいアクセント。
 ぴりりと辛く、とてもおいしい。店の雰囲気もバリそのもの。

 ホテル間を送迎してくれたガイド氏は、食事中ずっと、
 バリの公務員は恵まれすぎている、そのくせ働かない、ひどいもんだ、と、
 私たちの横にいた公務員を憎々しげに見つめながら悪口をまくしたて、
 鬱憤を晴らしていた。

 途中、クタのギャレリアに寄ってもらう。
 目当てはブランド品なんかじゃもちろんなく、

 ロティボーイのパン!!!

 これが美味しいらしいとネットで見つけてから、
 夢に見ていたのですよ。

 甘いコーヒークッキー生地がかかったふかふかの
 パンの中に、とろける有塩バターがたっぷり入った
 魅惑の肥満食。
 これはくせになる味でした(2010年に、また行った)。
 ああ、書いてるだけでまた食べたい。。。


 スミニャックのホテル「セントーサ」へ。
 なかなかの高級ホテル。
 通されたヴィラは、敷地内を鯉が泳ぎ、リビングもダイニングも広大。
 ベッドルームはプライベートプールを挟んで別棟にある。
 そのプールも、ふたりで平泳ぎできるほどだ。
 うーん、ハリウッド映画に出てくる金持ちの別荘みたいだ。

 ただ、海際の観光地なので、当然ながら、囲われている。
 ウブド・ハンギング・ガーデンの、あの心地よさ、
 自然と一帯になるような開放感には及ぶべくもない。
 ホテルとしての格はセントーサが上なんだけどね。


 スミニャックを適当に歩き回り、買いもの。
 オサレなお店が多い。
 地元アーティストのアクセサリーとか、日本でも使えそうな
 思い出になるものを買う。

 そのまま夕食。
 ふらりと入ったレストランが、無化調はいいんだけど
 全然パンチがきいておらず、へこむ。

 くやしいんで、タクシーのおっちゃんにお願いして、
 屋台で「マルタバ」と「トゥランブラン」を購入。

 ホテルに帰って、ビールとともにマルタバを完食。
 じっくり揚げ焼きした「具包みクレープ」のようなものです。
 (具はタマゴとネギとそぼろ。チュニジアのブリックの
 具が少ない、生地厚め版というか…)
 大量の唐辛子をつけてくれるけど、それかじりながら
 食べるというロコスタイルは、日本人にはキツい!

 チョコとチーズ入りのトゥランブラン(ホットケーキ)は半分残しました。
 粉モノそんなに入らないよな…と買いすぎを反省。




<11月19日(木) 川遊び>

 ●観光:トラガワジャ川

 トラガワジャ川でラフティング。
 催行するソベック社からホテルに迎えのバンが来て、川の上流へ。


 ゴムボートに乗って川下りするアクティビティ。
 ゆるやかな流れではバナナの木や鳥をのんびり観察。
 川で洗濯するバリニーズも。
 熱帯の森の生命力が毛穴からしみこんでくる。

 急流では、ガイドの声に合わせて必死でわっしょいわっしょい漕ぐ。
 日本語で「早く、早く」って言ってくれてるんだろうけど、
 「はいやくー、はいやくー」って聞こえる。配役?
 途中、小さな滝壺で休憩し、泳ぎまくった。

 最後に落差4mの滝をボートごとドブンと落ちて終了。

 (王子はこのショックで腰を痛めはりました)

 ボートこいで、泳いで、クタクタだけど爽快。水遊びはいい。

 ツアー後に丘の上でいただくバイキングランチは
 ぜんぜん美味しくないので、バリでラフティングする人は
 期待しないように。


 夕飯はクタのワルン「チャンプル・チャンプル」で。
 アヤム・カンプンが美味しかったぁ。
 無化調だけどパンチもある。店は小汚いけど、おすすめ。
 ロコにも人気で、時間をはずすと種類がないときもあるそう。お早めに。




<11月20日(金) 帰国>

 ●観光:デンパサール市場、パサールクレネン


 朝、砂浜を散歩。
 やっと海らしいところを味わう。

 今日は、バリ最終日。

 13時、ホテルにガイドのお迎えが来る。

 ランチは、プランギ・バリ・ビストロで、ミーアヤム。
 ここ、絶品です。

 甘辛いタレのかかった麺と、あっさり鶏スープが別々にくるんで、
 まずは麺だけまぜまぜして、そのまま味わう(油そば的に)。
 半分ほど食べたら、スープをかけて。
 どっちもうんまい! 下品なうまさ!
 細麺はパツっと歯ごたえがよいタイプで、日本でも流行りそうな味だと思う。

 デンパサールに移動し、バリ最大の市場を見学。
 むき身のジャックフルーツを食べる。
 何かに似てるなぁと思ったら、今はなき「フルーツガム」だ。
 黄色いパッケージの。ロッテの。アレに似てる。
 ねっとりとクリーミーな舌触りで、甘さも香りも濃くて、
 すごく美味しかった。(当たり外れが激しいそうです)

 その他、おやつ(クレポン)、絵画などを購入。

 市場をたっぷり楽しんだあと、パサール・クレネンへ。
 こちらは衣料品がメインのバザール。
 インド綿のパジャマなど購入(現在も寝間着として愛用中)。

 ここは、屋台風の食堂がいろいろと揃っている。

 こちらでバビグリン、フーヤンハイ(中華ですね)、
 野菜炒め、各種サテ類、デザートを食らう。なかなか。
 早い時間でお客がいなかったせいか、蚊取り線香を
 持ってきてくれたり、話しかけられたり、いろいろとかまってくれた。


 飛行機が深夜のため、これでもまだ時間があまる。
 ということで、空港近くのエステへ。
 髪を洗ってトリートメントする「クリームバス」で、バリの汗とホコリを
 流し去り、ツヤツヤに☆ サッパリした~! と、王子が喜んでた。

 あ、バリ滞在中、何度かマッサージ行ってるんですよ。
 ただ、写真が残ってないから、いつどこに入ったのかわからず(汗)。

 とっても安いから懲りずにトライするんだけど
 どこ行っても「腕は日本の整体師さんのほうがいいなー」と思いました。正直。
 
 クリームバスが終わって23:30。

 さあ、空港へ!

 深夜 01:00 デンパサールから成田へ飛び、無事に戻ってきましたよっと。


 なかなかに盛りだくさんな旅行でした。


(2009年のバリ旅行記、終わり。
 2010年も行きましたが、それはまた、余力のあるときに)


 うわー、長くなった。


 ここまで読んでくれた人、とってもお疲れ様でした。

 誰もいないか……(汗)。




Moneda Dura

 
キューバに、「Moneda Dura」という音楽グループがあります。

おととしキューバに旅行した帰り、ハバナ空港のCDコーナーで
オススメを聞いたら、色っぽい店員のおねえちゃんが、
「ダンゼン、Moneda Duraね。 とぉってもクールなんだから☆」
と、ヒット曲を口ずさみながらくねくねと踊ってくれたのが、
彼ら、MONEDA DURAを知ったきっかけです。

捨て身の(?)セールスに押されて、『Callejero』というアルバムを
購入して帰ってきました。


今となっては、おねえちゃん、ホントにありがとう!
フジファブリックや奥村愛子やHANAUMIと並んで、現在ドライブ中の
最多リピートCDになってます。


カラリと晴れた日にガンガンにかけると、助手席にいながら自然と身体が
揺れはじめるの。
ダンサブルってのとは違うんですけど、身体が動いちゃうリズムは、
さすがラテンだなあという感じ。
スペイン語なんで何言ってるんだかちっともわかりませんが、いいんです。


ラテンバンドにしては暑苦しくないというか、泥臭くなくて、
とってもポップでキャッチーなところがお気に入り。
ポップス歌謡っぽいものあり、ヒップホップ要素を入れた曲もあり、
面白いんですよね。ボーカルの声も色気ムンムンでグッときます。
「暑い国の音楽だなー」って感じ。

私はどんなジャンルの音楽でも、ポップさがあるものが好きなんだなと
このおかげで気がつきました。


YouTubeにも、いくつか上がってます。
こんなの とか、こんな感じ とか。

(う~ん、でも、私のお薦め曲は、上がってないんですけどねー。
てか、映像つきだと、あ、あつくるしぃーっ!!)


「おっ」と思った方は、HMVオンラインに『Callejero』あるので、
クリアな音源で、ぜひぜひ。捨て曲なしの、名アルバムですよ。

あんまり働くことが好きじゃない国の人たちだということは知ってるけど、
ちゃんとした新アルバムをまたリリースしてほしいなあ。



12/24 フジファブリックの志村正彦さんが29歳で急逝

 

どうして? どうして? どうして?


ご冥福をお祈りします、というのが大人の態度なのでしょうが、


まだ、まったく、まったく受け止められません。


もう新曲がきけないのかと思うと、全身がだるくなるような
喉にあつい砂がつまったような、なんともダメです。


志村さん。志村さん。志村さん。



そんな、メリークリスマス

 
1日10回くらい「仕事やめたい…」とつぶやく生活で、
不眠とか食欲不振とか反対に過食とかイライラ感とか微熱とかの症状が
ずんずん悪化してきちゃったので、

あーーーーもお、すべての仕事をいったん辞めよう!! やめやめっ!!

と、まずは、さる大口のコンスタントなお仕事を、
「そうはいっても、もったいねえよなあ」と思いつつ、背に腹は…の気持ちで
降板したら、霧が晴れるように気が軽くなりました。
うそみたい。ぴょんぴょん。


仕事そのものがイヤなんじゃなくて、あそこの仕事がイヤだったのかっ!
断ってはじめて気がついた。イヤだっていう自覚がなかったよ。
なんせ報酬がよかったから、ありがたいなーとしか思ってなかった……。


ストレスの渦中にある人ほど自分のストレスに自覚がない、という話を聞くたび
「んなバカな」と思ってたものですが、ホントです。


自己分析なんて、そんなにあてになるもんじゃないかもね。

まあ、あんまりそう思いすぎるのも、「自分探しの人」になりそうでアレですが。



生きてます。

 
ふつうに。生活しております。


なんだけど、仕事がものすごく忙しいってのと、
それなのにぜんぜん生きる気力が湧いてこないのとで、
ご無沙汰しています。


〆切を思うと胃がキュウってなる。
ブログ書くのって気力がいるんだなあ。。。


お台場!

お台場!


イベント取材でお台場です。


冬の観覧車って、ふしぎと好きだ。

 

上には上が。

 
足の小指を骨折というドジコ(ドジ+事故)につづいて

高熱を出して救急車にまで乗ったため、

「厄年だあ厄年だあ」と騒いでいた私ですが、


昨日電話した友人のアキちゃん(2歳上)が、


 「そういえば私、厄年のとき、3か月で4カ所を骨折したわ」


と、のたまったを聞いて、なんだかふっきれました。

厄年おそるべし。上には上がおりまする。


しかし、3か月で4カ所って…。
どういう状況でそーなるんだよ。

想像の斜め上をいつも超えていく我がフレンズ。すごいなあ。さすが!



来たな、厄年め…

 
そういえばねえ、今年の私、厄年でしたわ。


もともと、さんざんで33歳とか、しにで42歳とかいう、
あんな語呂合わせみたいなもん信じないですし、

仕事はかえって順調で、まったく波風のない一年だったもんですから、
さっぱりすっきり忘れておりました。


でも、いやおうなく思い出しましたよ。厄年。しかも大厄。


救急車に乗っちゃったんです・・・金曜の夜。

足の小指2箇所もヒビ入れたばっかなのにっっ!!(゚Д゚ )


金曜は、旧友のK田くんと大森で軽く飲んで22時に帰宅。
王子の帰りを待ちつつ録画してた「ブラタモリ」を見てたら、
突然ざざざざーっと音がするように血の気が引いてきて、
がくがくと震えが止まらなくなったのですよ。

なななに?? 食中毒?? 貧血??
と、思ったのだけど、吐き気も下痢もなし。
ひたすら震えと寒気が続き、手足が氷のように冷たくなったので、
熱めにわかしたお風呂に飛び込みました。

これが、まったくもって身体が温まらない。
湯船の温度設定を、普段なら煮えちゃうような高温にしても、
身体は芯から凍えたままで、しかもどんどん重くなっていくんです。

全力を振り絞って湯からあがり、厚着をしてふとんにもぐりこんだ
ところで、意識を失いました。


王子が帰宅したとき、私は40度以上の高熱にうなされ、
意識不明でぴくぴくケイレンしてたそうです。うひー。


で、救急車を呼ばれたわけ。
オレンジ色のマジックテープつきベルトで身体をぐるぐる拘束されたことと、
血圧計がなかなか取り付けられなかったことだけ、妙に覚えています。


そのまま大田区池上にある、入院設備のない小さな病院に
運び込まれたのですが、とても態度の悪い、とても若いお医者に、
とても不機嫌かつおざなりに質問され、
インフルエンザ検査で反応もでなかったことから、
「いちおタミフルあげるから、もう帰ったら」と、寒々しい受付に
放り出されただけでした。

受付にいろと言われても、体温40.8度で、とても座ってられない体調です。
椅子は無理なので、すみっこの固いベンチにほうほうのていで横になって
寒さに震えあえぎながら、精算する王子をじっと待つ。
そんな状態の私を、通り過ぎる医者も看護婦も気にもしないばかりか、
他に急患がいないからって、待合室の電気を次々消されてしまいました。

は、早く帰れってことですね。すみませんタクシーまだ来なくて!!

お医者様っておえらいんですねえ~。
意識はとびとびでしたが、神も仏もいないなあと思いました。
とりあえず、あの病院には二度といかない。


まる2日間、39度後半からまったく下がりませんでしたが、
3日目の現在、なんとか38度なかばまで下がってます。
いま、解熱剤を飲んで、お仕事してるとこ。
そしてブログで気分転換してるとこ。
(※現在のお仕事関係者で、このブログ知ってる人はいません)


インフルエンザじゃないし、原因不明なんですよね。
完治にはしばらくかかりそうです。とほほ。


これが厄年ってヤツか、逃げ切り間近の年の瀬にまとめてドーンとは、
なかなか厄もやるじゃないかと思った次第でした。


まあ、だらだら来るより、まとめて支払ったほうが気分的にはラクだから、
ちょうどいいかもしれません。このまま死んでもとくに悔いもないし。

あとね、王子が毎食、おいしくて消化のいいごはんを作ってくれることが、
ちょっとだけ役得♪
おいしーんだ、ささみのお粥とか、くたくた白菜と白身だんご鍋とか。
なんでもできる夫でよかった。



すごいぞダイソー

 
明けて本日、
王子が、会社を半休して、整形外科に連れて行ってくれました。


レントゲンの結果、右足小指の二箇所にヒビ・・・。痛いはずだよぅ ><


薬指とテーピングで固定して、杖をついてよちよち歩いてます。

右足が悪い場合、杖をつくのは左手です。
普段、あまり左手を使ってなにかをしないので、最初は少し戸惑いましたが、
だんだん慣れてきました。
杖って便利ですね。体重を受け止めてくれて、ラクチンだ。


この杖がね、せいぜい1か月でお役ご免になるもんだから、
いいもの買うのはもったいないなあ~って思ってたんですけど、

ステキなことに、100円ショップ「ダイソー」にありました!


ダイソーにしてはイレギュラーな200円。
でも、なかなかしっかり材質で、先端にはすべりどめのゴムキャップも
付いてて、きちんと役目を果たしてくれます。

すごいぞダイソー!
初めて心から100円ショップに感謝しました。
杖なんてデパートで買うとホントに高いからね。ありがたし!!



足の小指の存在感

 
不幸は突然起きるもの。

昨日の深夜、洗濯物をしまっていたところ、タンスの一番上の段が
すっぽぬけまして、足の小指の上にどっすん! と落下、

もうね、三丁目先まで響くような絶叫をあげてしまいました。


足の小指!
とっても小さな部位なのに、日ごろは何の存在感もないのに、
なぜにこんなに痛いのか!!


見る間に腫れ上がり、凶悪な色合いに。
ずっきんずっきんと激しい痛みで、ろくに眠れませんでしたよ。

日曜なんで、整形外科は休診。
1日経っても自力で指を曲げられないし、小指を地面に接触させると
激痛が走るので、ほとんど歩けない状態です。折れてるかも……。


今日は上京してきた両親とホテルで会食したのですが、
フロント前でタクシーを降りてからレストランまでのたった
数十メートルが、つらい。

小指をまったく地面に接触させずに歩こうとすると「かかと歩き」に
なっちゃって、足首やすねが変に痛んでくるのです。

怪我したのが親指だったら、
かかとから小指までの足の「外側面」を使って歩けるんですが……。


バカにできませんね、足の小指。ホント、泣き所です。

おとなしかった子が突然ワルになったような、
手のつけられないズキズキズキ。
せっかくのディナーなのに、味もわからない痛みったら、くーっ!!


今まで、ペディキュア塗るときも、爪を切るときも、なんとなく小指は
いいかげんに扱っていました。

まったく関心を払ってこなかったぶん、これからの人生では、
大事なパーツとして、ちゃんと構ってあげようと思います。


明日は朝イチで病院いくぞ!



より以前の記事一覧

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ