« 『悪人』、映画化するんですね | トップページ | 世間につながる話、なのかな。 »

有吉が最高だった件

 
めったに書かないテレビの話!

昨日、3月2日のロンドンハーツ「格付けしあう女たち」の有吉弘行氏、
ホントに最高でした。
ふだんロンハー見ないんだけど、有吉氏が出るなら~と見てみて大正解。
遠慮なく勝っていい相手を前にしたときの、あの人の「芸の輝き」は凄まじい。

一瞬のうちに本質を素手で掴み出す手腕は、毒舌芸の域を超えています。
名刀を名人が繰り出すような、芸術的な舌鋒!
視聴者目線から絶対に外れずにそれをやってのけるんだから、神業です。


名言もりだくさんでしたが、私の中で一番ヒットだったのは、
自分大好き・無駄にポジティブなmisonoに対してのひとこと


 「あいつ、狩野英孝と似てますよね」


たたたしかにウザさの質がかぶってる……。
すごい。なんでこんなこと言えるんだろう。瞳孔開いた。

誰も思いつかなかったけど、言われてみればまさにそう、
というフレーズ(貴賤大小ジャンルを問わず)を発見できる人って、
ホントにすごい!! と思います。有吉氏にはそういう種類の名言が多いです。

(ちょっと違いますが、そういう伝でナンシー関大明神も大尊敬してたし、
別ジャンルだけど私が内田樹さんを好きで好きでしょーがないのも
この種の能力がハンパじゃないからだと思う)


いやあ、ごちそうさまでした、ホント。
バラエティ見て満足することなんか滅多にないのに、今回はとっても満腹!
たーのしかった!



*** おまけ ***


・以下、今回のロンハーにおける、有吉様名言集


カリスマモデルといわれている小森純に
「最近ゴミみたいにいますからね、カリスマ」
「無名だったらカリスマって言っちゃうからね。すぐ」 その通りすぎる…。
「根本的なこと言っていいですか? ブスじゃん!」ってのも挑戦的でした。

天下の美女・熊田曜子に「洋服屋(アパレルブランド)の社長あたりを
狙ってるんだろうけど、社長からしたら熊田はダサい」なんて直で言える人、
ほかにいませーん!

無遠慮キャラ(人生経験的に「毒舌」とは言えないだろう)のアイドル
道重さゆみちゃん20歳には、
「(まだ恋愛は)語れないでしょ。じゃ、出てくんなよ」
「みんな恋愛切り売りしてんのに、ひとりだけなんかに守られて、そんなん
許されるかバーカ」
「説得力がないんですよ、ガキが言ってるだけだから。ガキが何言ったって
聞けないもん」 と、軽くジャブ。

そのイジリに「ひどーい」としか返せず涙ぐむさゆみちゃんに、
「道重が、意外と来ねえんだなっていう…」とガッカリ顔で追い打ちをかけ、
さらにさゆみちゃんが、「斬られると思わなかった」と食いつくと、悪魔のように
「ぜんぜん斬ってないです、今日アクセル入れてないですもん(笑)」と、
門前払い感あふれる貫禄のダメ出し。

(…いやでもこれって、有吉氏にハッキリ「力不足」と言われたことで、
昨今の、供給過剰で鼻につきはじめた毒キャラ扱いが沈静化して
本来のポジションに戻れるんじゃないか、よかったじゃん、と思いましたが…。
ヨゴレるには早い、真面目そうで可愛い子なんだから。)


最近、紳助や宮迫のいじり・毒舌にイヤな気分になることの多い
私ですが、有吉氏には全然いやな気持ちにならないなぁ。
なんでだろう。権力者のそれじゃないから?

うまくいえないけど、
「きちんと空気を読み、計算されている」かつ「ライブ」かつ「無私」な感じ。
有吉氏の毒舌コメントって、それが偏見であっても、「無私」な感じを受けます。
不思議なんだけど。



« 『悪人』、映画化するんですね | トップページ | 世間につながる話、なのかな。 »

05_ 映画・演劇・書評」カテゴリの記事

2010年の日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/47713022

この記事へのトラックバック一覧です: 有吉が最高だった件:

« 『悪人』、映画化するんですね | トップページ | 世間につながる話、なのかな。 »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ