« ホワイトデーイ♪ | トップページ | うめみ »

音楽

 
音楽をあまり聴かずに生きてきました。

好きな歌手やバンドはあるけれど、曲調や声を楽しむだけで、なんていうか、
「心臓で、音の粒のひとつひとつを噛みくだいて消化し、全身の栄養にする」
っていうような聴きかたはしてこなかった。


最近、生まれてはじめて、「音楽」ってモノに、はまってます。


影響のモトは、ちょっと前に紹介したショットバーのマスター。
ずっとジャズをかけてる店なんだけど、ぜんぶがマスターの大事な愛蔵品で、
「ここから始まるソプラノサックスすごく良いから、ちょっと黙ってて」とか
よく言うんですよ。黙ってろとまで言われたら、聴くじゃないですか。

最初はフーンと思う程度だったんだけど、耳を澄ますうちに、
少しずつ、演奏に鳥肌がぞわあって立つ感覚がわかるようになって。
「だれ、だれなのこれ」って興奮して尋ねるたびに、
「リー・モーガンも知らんのか?」だのと呆れられつつ、
音の粒が身体を揺さぶり、全身に浸透していく感覚を楽しんでいます。


私の体内にはこんな感覚が眠ってたんだなあって、とっても新鮮。
素晴らしい演奏の音がこんなに魂をふるわせるなんて、知らなかった。
(今の国内音楽の主流が「演奏の質」に重きをおいてないってのも
オクテだった一因にあるような気はするけども…)


AmazonでCDを買うことが多くなりました。
寝る前などにしみじみゆっくり聴く時間が、今のしあわせ。

バーで、質の良いスピーカーから聴く、レコードの音のやわらかさには
かなわないんですけどね。
「このミュージシャン、愛人にライフルで撃たれたんだよ」とか、
「この人、すごく痛そうな顔して弾くんだよね(顔マネつき)」とか、
マスターの教えてくれるちょっとしたトリビアも楽しいし。


「音楽がないと生きていけない」っていう人たちっているけど
(試しにググってみると、ようけヒットします)、
あれって別にフカシではなく、プロミュージシャンじゃなくても、
まあ、そういう人も普通にいるよなあ、と、思えるようになりました。
私はまだまだその域にはいませんけども、理解はできる。今は。


やっと「音楽を楽しむこと」に自分の身体のチャンネルが合ったというか。


名演奏の音に、夢中です。



« ホワイトデーイ♪ | トップページ | うめみ »

2010年の日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/47784535

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽:

« ホワイトデーイ♪ | トップページ | うめみ »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ