« 愛憎一如ってほんまかいな | トップページ | 帰京 -古賀春江のことなど »

ぱきっと

ぱきっと


紺碧の、九州の空。

東京に比べて、空の色が濃い。


阿蘇には、つまり「やまなみハイウェイ」には、初夏〜夏に来るべし。


光は強く、牧草はみどりになびく。 深緑の山は輝くばかりに美しい。


九州が「南国的」になり、本州とは違う独自の魅力を発揮するのは、
初夏から夏にかけての短い季節だけです。

紅葉はあまり美しいとはいえませんし、冬は雪もけっこう降ります。


藍色に近いほど濃い空の青、痛いほどの威力をもつ直射日光、
生命力にあふれた植物たちのむせかえる緑!


「やっぱり九州は『南』だな…」


東京の、すさまじく暑いくせに生命の波動が薄い夏になれた身に、
郷愁と旅情をともに運んでくる、正しい夏の旅。


太陽光エネルギーを全身にチャージしつつ、湯布院へ。



« 愛憎一如ってほんまかいな | トップページ | 帰京 -古賀春江のことなど »

08_ 旅行の日記」カテゴリの記事

2010年の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/49255339

この記事へのトラックバック一覧です: ぱきっと:

« 愛憎一如ってほんまかいな | トップページ | 帰京 -古賀春江のことなど »

プロフィール

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ