« 天狗の子、出たっ♪ | トップページ | 鍾乳洞が宿命的にキッチュである件について »

けっきょくバリへ。

 
来月の誕生日は、またバリ島に行くことになりました☆

去年は、ウブドとスミニャックでしたが、今年はサヌールとウブドです。


行ったことのない土地に行く魅力を打ち負かしたのは、
「もう1回、バリでアレやアレやアレが食べたい!」という抑えがたい欲求。

そう、バリ島は食べるものがうますぎるのです!!


ホテルのレストランはダメですよ。
「おいしいんだけど、つまんない味」のもんしか出てこない。万国共通で。

町に繰り出さないといけません。
ワルンと呼ばれる食堂のごはん、最高に美味しいんですよう。


バビグリンやナシアヤムなどの、ナシチャンプルたち。
あっさりした後引くミークア。 小腹がすいたときにすすりこむ優しいバッソ。

サテやアヤムゴレン、イカンゴレンをアテに呷る、真っ白く泡立つブルムの
かすかな酸味とさわやかな香りを思い出すだけで鳥肌が立つ。
(ブルムはブルムでも、持ち帰り不可の、レストランでしか飲めない生酒のほうね。
瓶で売ってるブルムは黒いし、甘すぎる紹興酒のような味で、まったく別モノ!)

おやつには、ヤシ砂糖をくるんだ餅菓子のクレポン。
ふっくらと甘じょっぱいコーヒーパン、ロティボーイも病みつきに。

夜食だったら、断然、 チョコとチーズ入りの焼きたてトゥランブラン!
辛党気分のときは、青唐辛子をかじりながら頬張るマルタバ!


(めんどうなんで、各食べ物の内容についてはグーグル先生まで質問を。)


去年、渡バリ前に、「バリのごはん、いまいちだよ」って友人に言われて、
心配しつつ行ったんだけど、もうもう、全然、すっごく美味しかった、なにもかも。

(その友人は、よくわからないものを口にしたくないからと、ナシゴレンばかり
食べていたそうで…保守的というか、もったいないようー。
だって、ナシゴレンは、バリ料理じゃなくて、たぶん「中華料理」です!
観光客向けのお店か、中華料理系ワルンにしか置いてないもん)


てことで、ただただ食、食、食のために! 今年もバリ。

あと1か月近くあるのに、今から胃袋グーグー、心ソワソワです♪



« 天狗の子、出たっ♪ | トップページ | 鍾乳洞が宿命的にキッチュである件について »

08_ 旅行の日記」カテゴリの記事

2010年の日記」カテゴリの記事

コメント

コメント連投してすみません。

えーえーえー。バリってそんなに美味しいのですか。
僕も他の経験者に聞いたときはイマイチっていう評判で、
ここに書いてあるような面白そうな料理の名も聞かなかったので、
この夏もタイに行ってしまったというのに。。

俄然、興味が湧いてきました!

>酒徒さん

バリってそんなに美味しいのですよー。
辛いものや、ちょっと癖のあるハーブが好きな人には、はまる味だと思います。おしょうゆベースも多いので、タイ料理よりも日本人になじみやすい感じですかね。
でも、中華の影響を強く受けてるものが多いので、中国在住の酒徒さんにはおもしろみに欠ける味つけも多いかも?

私は、バビグリンという、豚の丸焼きご飯が大好きです。
ぱりぱりの皮と、ほぐしたお肉、そして内臓や耳なんかが、ぜんぶ別々の味つけをされて、ごはんに載ってます。
豚一頭をちょっとずつ食べられる感じなんですよー。

来月のバリ旅行後は、めんどくさがらずにご飯日記をアップしてみますっ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/49779531

この記事へのトラックバック一覧です: けっきょくバリへ。:

« 天狗の子、出たっ♪ | トップページ | 鍾乳洞が宿命的にキッチュである件について »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ