« 昼から | トップページ | 雑記 »

『第七女子会彷徨』

 
最近も順調にマンガと酒にお金を放り込んでる若崎です。

もっと面白いもんいっぱい紹介したいんだけど、
ちょっと心のエネルギーが切れがちでのびのびになっております。


でも、これは今のうちに紹介しとかないと、ってことで。


『第七女子会彷徨』、おっもしろいですねー。



「不気味かわいい」という言葉はこのマンガのためにある。

学園もの、かつSF、かつ不気味、かつほのぼの、かつ脱力系。


タイトルの元ネタ『第七官界彷徨』も、ちょっと不気味でほわんとおもしろかった。
ああいう奇妙な味が好きな人は、気に入ると思う。


話が進むにつれてどんどん不気味さを増し、それにつれて味わいも増します。
1巻の序盤はパンチがないんですが、「なんじゃこりゃ、つまらん」と投げ出さず、
あたまを柔らかーくして最後まで読んでみてください。

じわじーわ来ますから。 おすすめ!


※その後、3巻が出て、ますます面白くなりました!!



« 昼から | トップページ | 雑記 »

06_ マンガ愛」カテゴリの記事

2010年の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/50162438

この記事へのトラックバック一覧です: 『第七女子会彷徨』:

« 昼から | トップページ | 雑記 »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ