« カクテルコンペティション | トップページ | 「行きすぎちゃった」人の味 »

『聖☆高校生』ついに完結!

 

『聖☆高校生』11巻が届く。



ついに完結。 貪るように読み込む。

ラスト数ページの切なさには身を切られる思いだった。 しかし、お見事!


本当に、最後まですげぇマンガだ・・・。


すべてのページに、強烈で根源的な人間賛歌が溢れている。


誰を喪失しても。
取り返しのつかないやり方で裏切られても。


人はどうしようもなく、人を求めてしまう。


その、どうしようもない真実を、

血を流しながら何度も確認しあうキャラクターたち。


魂をゴリゴリ削って描かれているマンガだったと思う。


ヘタレのいじめられっこだった聖。夜の街に逃げ込んだ聖。
何人もの女たちと関わって、
愛せなくて、愛されなくて、無力感にへこたれて、


だけどひとりの女を救いきった、ひとりの高校生。


12年間ずっとずっと、あなたに付きあってきてよかった。
このラストを読むことができてよかった、生きていてよかった。


「大人になる」ということがどういうことなのか、
人として人とともに生きる覚悟とは、いったいどういうことなのか、

10~11巻で書き尽くされていると思う。


もし、読んでみようと思う人がいたならば、
どうか1巻の軽いギャグテイストに流されず、2巻、3巻と読み進んでいってほしい。

なぜ、登場人物たちがそのような行為をするのか、
なぜそうあらねばならないのか、

少しずつ完璧に伏線は回収され、分厚い世界が立ち上がってくるから。


世界は、人間は、呪わしくも美しく、
思いもかけない広がりと厚みと幅を持っている。

知れば知るほど、世界は、人は、違う顔をもって立ち現れてくる。

関係性はいつまでも同じではない。

いま見えているものが、すべてではない。
いまわかっていることが、すべてではない。


だから、簡単に絶望なんかしないで。


読んでいる間じゅう、繰り返しそう言われているようだった。




ありがとう小池田先生。  至高のマンガ体験でした。



« カクテルコンペティション | トップページ | 「行きすぎちゃった」人の味 »

06_ マンガ愛」カテゴリの記事

2010年の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/50260380

この記事へのトラックバック一覧です: 『聖☆高校生』ついに完結!:

« カクテルコンペティション | トップページ | 「行きすぎちゃった」人の味 »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ