« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

ブログがおろそかに(・x・;

 
いま、人に頼まれて新しいことを始めようとしています。
どうしても最初で挫折したくないんだけど、
それには初チャレンジの作業がいっぱいあって、あっぷあっぷで、

家にいる時間のほとんどをそっちに取られてしまっている状態。


ブログ書かないときは、たいてい、プライベートでは
たいしたことがあっていません。
仕事一色なう (なうもダサくなってきたなう。嗚呼諸行無常)。


でも、ろくに自由時間もないのに、あんまり苦にならないのね。
「仕事してる」って感じがしないのね。
「頑張ってる」って感じがしないのね。
朝も爽やかに起きられるのね。


あ、ひょっとして、これが「好きなことを仕事にする」ってヤツか?

・・・と、ちょっと思った。


あらかじめ「好きなこと」があって、それを仕事にしていくという
プロセスの逆転バージョン。

取り組んでいくうちに、
「あれ? この作業、苦にならないな。なんでかな」と疑問に思って、
「ああ、そうか、私はこういう仕事が好きなのか!」って気づく、ような感じ。


好きなことを仕事にしていくのって、
すごく憧れていた人と実際にお付き合いしてみたら欠点の多さにウンザリ、
みたいなことになりがちじゃないのかな。

でも、何気なく取り組んだことが意外に面白くて夢中になっていくのって、
「不良少年が子犬を拾っててキュン」系のギャップというか、
お得感というか、好きが加速していく感じがするんですよね。


 新入社員 「そんなの、僕のやりたい仕事じゃないと思うんです」
 課長 「やってみないとわからんだろう!」


太古の昔から繰り返されてきた会話に思いを馳せ、
課長、正しい。正しいよ。 と、胸の内で課長に一票を投じたのでした。


もちろん、
「すごく憧れていた人と実際にお付き合いしてみたら欠点の多さにウンザリ、
でもその欠点を乗り越えて付き合っていったら、
魂のつながるような豊かな関係性を築きあげることができた」
っていうのもまた、夢をかなえたという意味で、理想的なお仕事だと
思っていますけれど。


あけましておめでとうございます!

 
新年快楽!
ものすごく出遅れましたが、本年もよろしくお願いいたします!


みなさまにとって甘酸っぱく胸ときめくステキな1年でありますように☆

というのもわたくし、自分の生活から恋愛成分が抽出できない昨今、
他人のトキメキを妖怪のように吸って生きております。
そろそろ書籍ではなくライブなネタがほしいです。
Kくん、Iちゃん、がんばっている婚活を実らせて、私に甘酸っぱい気持ちの
お裾分けをください!


と、のっけから図々しいお願いでしたが、
愛をこめて花束を、もとい、自己愛を込めて日記を、本年も書いてゆきます。

お付き合いくださる人は、よろしくお付き合いくださいませ。


<今年の抱負>
 いま準備している仕事を軌道に乗せる。

具体的に書けませんがビジネスです。
自分で「売る」ってことを積極的にやっていきたいと思います。
ライター業は1本を除いて休止。

あとはもちろん、王子と仲良く。
王子は年明けから元気です。
正月休みには「お休みっていいなあ!」とニコニコし、
仕事が始まったら始まったで「仕事って楽しいなあ!」とイキイキしてます。
いつもそんなテンション。地味にすごいと思う。


<去年の総括>
 考えてみたけど、総括できないので振り返ります。

●1月

地元にいる親友の結婚式。
彼女も旦那さんも学校の先生なので、披露宴では子どもの歌やモノマネの
かわいらしいパフォーマンスがありました。
先生っていい仕事だなーと思っちゃいましたよ。

あと、ブルドッキングヘッドロックのお芝居「黒いインクの輝き」が
おもしろかった。
これで梅舟惟永という女優さんを知り、ろりえのお芝居にもいくようになりました。


●2月

親友のいなこちゃんと1泊で稲取の伊豆の温泉に行った月!

10年以上の付き合いなのにはじめてふたりで旅行したんだった。
行きの電車でおいなりさん食べたのがおいしかったんだった。
いっしょに狭い貸し切り露天風呂に入って漁港を眺めたんだった。
絶妙にさびれた町をあてもなく散歩していろんな神社に入ってみたんだった。
稲取から熱川に移動するときに乗った電車が全面ガラスの超オーシャンビューで
シートも海のほうを向いてて、なにこれ、こんなのあるんだ、伊豆急行やるじゃん、
って感動したんだった。 あの電車また乗りたいねいなこちゃん。

カレンダーを見返してみると、週に4回くらい締め切りがあって、
仕事してたんだなーと思います。ぜんぶ単発だから忙しかったんだろうな。


●3月

ええと、「農業少女」っていう舞台がおもしろかったし、
柏木菜々子さんの個展に行ってとってもすてきな日本画を1枚買ったし、
西原理恵子さんの「人生画力対決」も相変わらず大爆笑だったし、
高校時代の部活の後輩の結婚式にもいったし、
その席で、別の後輩から「うちの夫が9階から飛び降りて一命は
取り留めたけどこれからどうしていいのか」と突然いわれて
ものすごくびっくりしたし、、、

と、いろいろ盛りだくさんな月なんだけど、一番印象に残っているのは、
話題の本を紹介するNHKの地方番組から取材されたことでしょうか。
(去年末に企画本を出版してもらってたんです)
テレビに映った私は自分で思っていたより7倍くらいブスで、
自己像の修正をいたしました。ひじょうに為になる機会だったことよ。
あと、森本毅郎さんのラジオでも紹介されました。こっちは純粋に嬉しかった。


●4月
ヒョウモントカゲモドキがうちにやってきた!
東京ではじめてのペット! 超かわいい! 食べたいほどかわいい!

……ってことにつきます、4月は。

カレンダーによると「ワインの会」にも行ったらしいんだけど、
いったいなんのことやら、さっぱり覚えがありません。


●5月

三浦大輔氏の「裏切りの街」っていうお芝居がめっさおもしろかったです。
2010年に見たお芝居のなかではNo1かもしれん。
5月はブルドッキングヘッドロックにも行ってるんですよね、
「Do!太宰」っていう。。。あんま記憶にないな内容。。。

名古屋出張で「名古屋の食べ物はなんでも甘くて口にあわない」ことを発見。
ついでに名古屋に転勤した友人に会って、「他人の子どもは想像の倍の
スピードででかくなる」ことを発見。
その前の週にはグラビアアイドルのKさんとふたりで六本木でランチを食べ、
美人と差し向かいってのは女にとっても嬉しいことだと発見。


●6月

小池栄子さんが主演する本谷有希子さんのお芝居が見応えありました。
トリアゾが拒食症からフッカツ。以後、2011年1月まで食欲もりもり元気です。

あとはとくになし。仕事してたみたい。


●7月

高校時代の部活友達、のみやま君ちの「のみやまファーム」に
ファームステイさせてもらった月。
オクラ摘んだりトマト採ったり、採った野菜を仕分けして袋につめたり、
メロンを重さごとに等級分けしてカゴに入れていったり、新鮮な経験だった。
忙しいなか連れて行ってくれた富良野のラベンダー畑、それはそれは
キレイだったなあ。

しばらくお世話になったあと、小樽、積丹半島、ススキノとひとりで回って
遊んだのでした。積丹のウニ、札幌のワインバー、ススキノの小汚い
ジンギスカン屋、美味しかった。。。 次は王子と行きたいなあ。


●8月

14日の「バカリズム案」、おもしろかった! バカリズム最高!

そして王子を連れて実家に帰省ついでに、大分の筋湯温泉、熊本の
はげの湯温泉を巡って2泊、王子の誕生日旅行。

私ってホントに旅行日記を書かないなあ。。。
いい宿に泊まったし、なに食べても美味しくて、すごく楽しい旅行だったのに。
なんか、書いちゃうことで、思い出が固定化しちゃうのが怖いんですよね。


●9月

飛騨高山から郡上八幡をめぐる旅。
10月になって、めずらしくちょっとだけ旅行日記を書きました。
鍾乳洞のインパクトがあまりにも強かったもんだから。。。

郡上八幡の「杉ヶ瀬ヤナ」で食べた天然の落ち鮎が、香りも脂ののりも極上で、
鮎を見る目が変わったことも特記事項。

あなどっててごめんよ、鮎。 きみは最高だ!


●10月

日本メンタルヘルス協会の講座を受講し、衛藤信之先生を知る。

吉本的心理学講座を自称する通り、笑いあり涙ありのエモーショナルな講演で、
「ひとの話をどうやって聞けばいいか?」「相手にどう伝えればいいか?」
などの内容をわかりやすく教えてくださいます。
カウンセラーを目指す人じゃなくても、日常に使える心理テクが学べるし、
おすすめです。受講料が安いところもポイント。

あとはグラビアアイドルのKさんから連絡をもらって、中野サンプラザでの
ライブに行ったこと。グループ7人で、大きなホールを沸かせてました。


●11月

誕生日! そして恒例のバリ島バースデーツアー!
旅行日記、書きます。。。

お芝居は、大人計画の「母を逃がす」と、長塚圭史の「タンゴ」。
「母を逃がす」はさすがにおもしろく、「タンゴ」は響かなかった。
翻訳劇って苦手なのかも。
コットンクラブにジャズライブにも行ったんだった。よく遊んだ月でした。
トップニュースは、佐野洋子さんの訃報でした。


●12月

長野まで「おしぼりうどん」を食べにいきました。
ねずみ大根の絞り汁につけて食べるの。ものっすごく辛かった!
世の中のうどんがみんなあれになったら
相当イヤだけど、3年に1回食べるぶんにはアリです。

ブルドッキングヘッドロックの「嫌な世界」、濃い内容で楽しめました。
ろりえの「女優」は、うーん、アタマでっかちな世界観。若い。

えー、あと、弟が婚約者を連れて、わざわざ東京まで挨拶にきました。
おめでとう、弟。君が30歳を超えていることに、ねーちゃんはびっくりしたよ。




すごい文字量になっちゃった。ここまで読む人もいないだろうな。まあいいか。


振り返って思ったけど、いい年でした、2010年は。
よく遊んだし。 トリアゾも来たし。


今年もどーか、よい年になりますように!



« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ